Men

菅田将暉の生い立ちと面接で自己PRが得意そうな人2位の理由

投稿日:2018-04-29 更新日:

俳優・菅田将暉(すだ まさき)さんは、

ミステリアスな印象で女性の人気を集めています。

その魅力のひとつには

「面接で面白そうな自己PRが得意そうな人」2位に選ばれた

俳優・菅田将暉さんの素顔は明るいスポーツマンで

頭脳は理系ということから、男性からの人気が高い理由もわかってきました。

ちなみに1位は明石家さんまさんです。

幼少時代

父は菅生新(すごう あらた)さん一般人です。

職業はジャーナリストや経営コンサルタント

学生時代は俳優だったとか。

赤ちゃんの時は、目がくりっとしていて、女の子に間違われることが多かったようです。

幼少時代にはピアノと英会話と水泳とダンスを習い、子どもながらに忙しい毎日を過ごしています。

この時に習ったダンスがデビューするPRで役に立つことになります。

ピアノは先生が家に教えに来てくれて、水泳と英会話とダンスは習いに通いました。

3つ下の弟と7つ下の弟も、ピアノと英会話と水泳とダンスを習っていることから教育熱心な家庭のようです。

英会話は小学校から中学校まで習い、

水泳はバタフライに憧れたことから、バタフライを覚えるまで続けたそうです。

習い事が忙しくて、遊ぶ暇がなかったことがあきらかになりました。

菅田家は、イベント好きでピアノの発表会では、タキシードに蝶ネクタイの出で立ちと正装で決めるルールがあります。

菅田将暉さんはやんちゃな子どもで、よく母を困らせたそうです。

また、父の影響から野球を始めましたが、ボールが頭に当たってケガをしたら危ないと、サッカーに転向しました。

  • やんちゃなエピソード①

よく走り回る子どもで、おでこをよく擦りむいて傷を作ってしまう子どもだったと言います。

ちなみに子どもの頃から、おでこが広かったことがわかりました。

将来はおでこがピカッと光りそうな俳優さんになりそうです。

  • やんちゃなエピソード②

4歳の時、母と美容室に行くと、キッズルームで遊んでいたはずの将暉さんは、誰にも知られることなく抜け出して、交番でアイスをおごってもらい、ニコニコ笑って食べているところを、母が顔面蒼白で見つけたようです。

良く走り回る子どもで、男の子ならではのワンパクで母を困らせました。

  • やんちゃなエピソード③

虫同士を戦わせる遊びが好きで、虫を捕まえて遊ぶことも好きのようです。

昔の貴族には、こういう残酷な遊びがあったことが歴史にはあります。

このように男の子らしい遊びに、母親は気を揉んだようです。

男児3人を育てる母は本当に大変なんだなあと思いました。

中学校から高校の姿

わんぱくだった菅田将暉さんは、

中学校では真面目で明るい少年となり、

将来の夢に数学教師になることを目標にしたそうです。

数学の方程式などでノートを埋めていくことが好きで、

答えが明確なことも好きな理由と言います。

その反面、文系の科目は苦手のようです。

歴史は、過去の出来事には興味がないと話しています。

地理は好きということから、

理系男子の頭脳の持ち主ということがわかってきました。

デビューは高校時代ですが、

実は中学時代から芸能界からスカウトされるなど、

芸能界のチャンスが多かったようです

ゴールデンウイークに大阪府梅田のHEP前でスカウトされていました。

しかし、この時は芸能界に興味がなかったと述べています。

出身中学校は大阪府箕面市立第一中学校卒業

高校時代とデビューのきっかけ

高校受験が終わった時に見ていたドラマ「ごくせん」が、

芸能界に憧れたきっかけになったようです。

2008年の春に日本テレビの人気ドラマ「ごくせん」

ヒロインは仲間由紀恵さんが演じました。

男子生徒の半分はジャニーズ事務所のタレントで、

あと半分は、これから売り出されるイケメン俳優が揃っていました。

芸能界に興味がなかったと言いつつも、

ぼんやりと憧れたまま大阪府立池田高校に進学

部活動はアメフト

部活動をアメリカンフットボール(アメフト)に所属しています。

小学校から続けたサッカーは、

思っていたチームではなかったことと、

アメフトの部員勧誘が熱心だったことと

その頃、漫画の「アメフト21」に憧れたことから入部を決めました。

それまでの握力が20キログラムに対して、

アメフト入部後は激しいトレーニングで

握力40キログラムになったと言います。

アメフトの激しいスポーツのトレーニングから、

ある早朝、右の肩に力が入らなくなり病院に行ったところ、

神経が疲労していたことから、今でも右肩が疲れやすいそうです。

なんでも真面目にやる菅田将暉さんの性格が表れていますね。

芸能界入りが決まって東京に進出する時に、

東京の高校に編入しています。

今でも、大阪府立池田高校のアメフト部の交流があるそうです。

菅田正樹さんはシャイな性格で人付き合いが苦手を噂されることがありますが、

仲良くなると長い交際ができる一本気のある男性のようですね。

  • ジュノンボーイオーディション

芸能界に入る扉を開いたきっかけは

2008年、第21回ジュノンボーイ・コンテストに

自ら応募して出場したことです。

自ら応募というところが良いですよね

やる気十分!というのは魅力的です。

15338名の応募数からファイナリストに残るのは12名です。

自己PR

幼少時代から習っていたダンス(ストリートダンス)を披露

恒例の女性への告白する場面の審査は

バラエティータレントの木下優樹菜さん(通称、ユッキーナ)に告白

この時、ユッキーナから「合格」を受けました。

オーディションの後で、

芸能事務所5社からオファーがあったそうです。

面談の様子は

芸能事務所の社長と、母と菅田将暉さん本人の

三者面談で行われたと述べています。

現在の所属事務所であるトップコートに決めた理由とは

社長に怒られたことにあるそうです。

菅田将暉さんは、下を向いて話しを聞いていると

トップコートの社長が

「自分の事を他人事のように扱ってはいけない」

「自分の事を自分で話すように」

と言われたことが決め手となったと述べています。

今では「面接で面白そうな自己PRが得意そうな人」2位に成長した菅田将暉さんです。

デビュー後は

16歳の時に、芸能活動をするために上京しました。

その時の一人暮らしの部屋は、

父が選んでくれた黄色のカーテンとカーペットが

アクセントになったインテリア。

テレビ朝日の人気番組「仮面ライダーW」でデビューが決まると、

情報開示というルールがあるために、

弟たちには言えずに上京したことが、

心残りになったと長男らしい当時の思いを語っています。

それから、大阪弁がなかなか抜けず、

標準語が話せるようになるまでの苦労もあきらかにしました。

地方出身者の人にとっては、

避けられないことなのですね。

でも、やっぱり慣れ親しんだ言葉を変えることは、

寂しくもあり傷つくような、

何とも言えない気持ちになります。

菅田将暉さんは、乗り越えるために、

標準語を関西弁にノートに書いて、

その意味を租借して理解する方法をとったようです。

子どもの頃からの明るさと、真面目な性格から、

スタッフから仕事の依頼が来るようになってきました。

  • ラジオ番組について

ラジオ番組のオールナイトニッポンは深夜に放送されています。

俳優とは違う、素顔の明るい菅田将暉として

務めていることが語られています。

リスナーからの便りで、2017年日本アカデミー賞授賞式で、

「鼻に手を当てて、てやんでい」をするという約束を、

実際の場面で守ったことから、

菅田将暉という人間としての信頼を深めているようです。

こぼれ話①受賞賞

日本アカデミー賞 最優秀新人男優賞」受賞

作品は「あゝ、荒野 全編」です。

他にも2017年、話題賞を受賞

作品は「帝一の國」です。

ちなみに、2013年には作品「共喰い」で新人俳優賞を受賞

この時の映画作品「共喰い」の監督、青山真治さんとの出会いが、

それまでアイドル路線だったキャラクターを、

俳優・菅田将暉に押し上げたと評価されています。

オールナイトニッポンの収録が深夜に終わると、

家に帰ってからすぐには眠ることができずに、

洗濯するなど家事をして気持ちを切り替えていくようです。

現在は一人暮らしのようですが、

3つ年下で次男の弟が大学進学で上京すると2人暮らしとなって

しっかり者の弟が家の事をいろいろしてくれたおかげで

随分と助けられたと話しています。

兄弟が仲が良いことは微笑ましいですね。

  • 音楽について

最近は音楽の仕事をすることが増えたと語っています。

俳優業に対して

「誰かの人生のことを考えている感じ」と表現するところから

役に入り込むために、人の人生や一生を真剣に向き合い悩み、

演じることの難しさを乗り越えながら成長しているように感じます。

学生時代は

歴史が苦手と語ります。

その理由に過去の出来事には興味がないと述べていることから

時代劇は好きでないのかも知れません。

2017年NHK大河ドラマ「直虎」の二代目当主・井伊直政(いい なおまさ)役で

歴史を好きな人々の人気を集めました。

井伊直政の感情の起伏が激しく、自己主張する場面では

菅田将暉さんの演技から目が離せませんでした。

子供の頃の遊びは虫採集でした

完全なる理系男子と言えそうです。

ちなみに大阪府立池田高校は偏差値が高いことで有名です

音楽活動は、自分の言葉で自分を表現できることから楽しいようです。

しかし、歌唱力などの実力はまだまだのようなので、

今後の活躍に期待していきたいと思います。

菅田将暉の身長を作った食材
  • 肉食

孫たちにはとにかく大きくなって欲しいという願いから、

菅田将暉さんは祖父の口癖を家訓と表現しています。

「肉食うてるか?」

「肉さえ食っていればいい」

と言い、祖父の家に遊びに行くと、

身長を柱で測り孫が帰ってから、

柱を見ながら孫の成長を願ったようです。

  • 牛乳

父は、「牛乳飲んでるか?」なんだそうです。

菅田家の冷蔵庫には牛乳が必ずあり

ご飯の時に牛乳が出てくると言います。

菅田将暉さんが好きな食材は「まいたけ」のよう。

16歳から上京して、一人暮らしが長かったので

自炊をして体を作っているようです。

  • 好きなおかずは、「まいたけ」
  • チキンカレーが好き

具は「まいたけ」や「なす」が入ると言います。

「まいたけ」は一人分のパックで使い切ることができるし

食感がいいので「まいたけの天ぷら」が好きのようです。

まいたけは、肌をキレイにする栄養があると言われています。

菅田将暉さんの肌の潤いの秘密はまいたけにあるのかもしれません。

  • 苦手な食材

苦手なものは、野菜を甘く味をつけたもの。

その代表的な人参グラッセが苦手ということがわかりました。

近年では、子どもの好きな野菜に

人参が上位に入ってきました。

その理由には、品種改良を繰り返し

素材そのものが甘く感じられる人参は生でも食べやすくなりました。

昔の人参は苦みや癖のある味のために嫌いな野菜の上位でした。

なんとか、子ども達に人参が好きになってもらえるように、

甘く煮込んでハンバーグの添え物に、

人参グラッセが添えられるようになりました。

しかし、近年は生でもおいしく食べることができるので、

人参グラッセは人気が低くなってきたようです。

  • 好きなおにぎりの具は「こんぶ」

プロフィール

名前 菅田 将暉(すだ まさき)

本名 菅生 大将(すごう こうた)

芸名は社長が決めたと言われています。

芸名も本名もTHE・男子という印象ですよね。

名前の由来

大物や出世という意味が込められているそうです。

生年月日 1993年2月21日

未婚

出身地 大阪府

身長 176㎝

職業 俳優

所属 トップコート

こぼれ話②美容室

ヘアスタイルを決める時は、役が決まった時なので、普段は髪を切らないそうです。

そのために、美容室では何と髪型をオーダーしていいのかわからないそうです。

憧れの俳優③

  • 俳優の小栗旬さん
  • 俳優の吉田鋼太郎さん

最後まで読んで下さってありがとうございました。りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.