Woman

堀ちえみさんの3度の難病と現在の夫との幸せな生活のギャップ

投稿日:2018-05-04 更新日:

80年代アイドルで活躍した、堀ちえみさんは、

これまで3度の難病にかかっているそうです。

14歳から芸能界のトップアイドルとして走り続け、

3度の結婚と7人の子どもを授かった堀ちえみさんです。

2度目の離婚の時に、一生シングルマザーで頑張ることを決意しました。

何に対しても一生懸命に生きてきたことから、無理してきたのかも知れません。

3度の結婚をして、現在、幸せな家庭を築いているようですが、

今度は病気との闘いにあることがわかりました。

三度の難病と闘う日々

最初に患った病は?

30代の時で、突発性重症急性膵炎(すいえん)という病気です。

この時は、手術が遅れれば命が危なかったそうです。

二度目は

2014年頃に、突発性大腿骨頭壊死症(だいたいこつとうえししょう)という病気です。

この病は、足や腰に痛みがあり、ごまかしながら過ごすうちに、歩けなくなる病と言われています。

堀ちえみさんは、現在の夫に病院に行こうと言われても、我慢して行かなかったそうです。

しかし、仕事場で女優の秋野 暢子(あきの ようこ)さんから、

「足、どうしたのですか」と言われたことが、病院に行くきっかけになったと語っています。

「人にわかるほど変な歩き方だった」と気づいたそうです。

堀ちえみさんは、この病で股関節を人工股関節に置き換える手術する以外に治療方法がなかったとか。

手術後に痛みは消えたものの、今度は体のこわばりを感じるようになったと言います。

三度目の病気は?

リウマチです。

リウマチは、難病指定になっているそうです。

リウマチは、神経障害性疼痛(とうつう)という病気とも呼ばれています。

この病は、疲れたり体が冷えたりすると、痛みが出ます。

普段から、無理をしないように気をつけていると述べています。

テレビに出なくなったのは、この病気のためのようです。

現在の家庭生活

現在の(3度目の結婚)夫は、堀ちえみさんのファンです。

 

夫は、堀ちえみさんの祖父にソックリというほど、似ているそうです。

再再婚だったので、結婚に不安があったことを語っています。

子どもたちが先に懐いてしまったことが、結婚を決意する要因になったと述べています。

最初の結婚で生まれた子供たちは、大人になっていたこともあり、

現在の夫との関係は、話し相手にも相談相手にもなり、良い関係が築けているようです。

夫は子どもたちには平等に接し、躾には厳しいことをあきらかにしています。

堀ちえみさんは、現在の結婚で安らぎを得ることができたことが幸せと話しています。

子どもたちが大きくなって、寂しさを感じますが、孤独ではありません。

難病と闘いながら夫に支えらた家庭生活を送っているようです。

しかし、難病の痛みは激しくツライことをあきらかにしています。

堀ちえみさんの天真爛漫な笑顔が、テレビで見る機会が少なったことは寂しいような気もします。

堀ちえみさんは、14歳から親元を離れ、厳しい芸能界ではトップアイドルとして活躍していました。

若い時に睡眠時間を惜しんで働いたことが、30歳を過ぎたことから病になって出たようです。

独身時代から家庭的だったことが報道されていました。

心から安心できるパートナーに巡り合えて本当に良かったですね。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.