Woman

真鍋かおりが年齢にこだわる理由と横浜国立大学に進学した理由

投稿日:2018-05-13 更新日:

グラビアアイドルで活躍し、バラエティー番組ではハキハキと話す真鍋かおりさんですが、幼少時代は愛媛県ののどかな街でのびのびすくすく育ち、学業に励んだことから大学進学は自分の行きたい学校を自由に選び「横浜国立大学」にストレートで合格しました。

芸能界にスカウトされて活躍する姿は、両親のもとで素直に育ったことから、目の前にあることを努力することを努力と思わずにやってきたことが、実を結び成功したように思います。

自由奔放にハキハキ話す現代の女性という視点から「横浜国立大学卒業」と「眼鏡女子」などキャリアを感じる姿があります。

結婚と出産をして30代後半を迎え、これからどのような女性を目指すのか気になるところです。

生い立ち

町工場を経営する家に生まれました。

父は無口で優しいと言うことから、職人気質の昔ながらの男性の印象です。

母は激しい性格のようで、躾はスパルタで厳しかったと話しています。

愛媛県ののどかな街で、妹のさゆりさんとは仲が良く、すくすく育ったことがわかります。

真鍋かおりさんの幼少時代は自分のことを男児と思い込んでいたといいます。

男の子が好きなマンガ「セブンエイト」の好きな活発な女児だったそうです。

高校に進学すると周りが女性らしいことから、意識するようになったとあかしています。

オシャレに興味を持ち始めたり、彼氏は17歳の時に同じ西条高校でできたそうです。

初めてのデートは「レオマワールド」で、四国地方では有名で香川県丸亀市にあります。

学生生活とアルバイト先での人柄が違っていたと言い、アルバイト先でモテたと話しています。

アルバイトの経験はビアガーデンやウエイトレスの経験があると言います。

父が心配してメロンソーダを陰ながら売って、見守っていたそうです。

一般家庭の父親の愛情をたっぷり注がれ、上京してグラビアアイドルで水着姿で活躍する姿に何も言わずに見守ったということを知ると、真鍋かおりさんの父親の器の大きさを感じます。

横浜国立大学を選んだ理由

横浜国立大学にを選んだ理由は「横浜」という地名がオシャレだったから。

高校時代、学力が高かったことから、行きたい大学を自由に選択できたことがわかります。

入学式の思い出は、場所を間違えて母に叱られたそうです。

私も上京した時は、わからなかったけれど、慣れるまでは、地方出身の先輩たちが面倒を見てくれました。

当時はスマートフォンがなかった時代です。

地図を出すことが恥ずかしかったけれど、隣の駅の東京出身の友人も地図をいつも持ち歩いて調べながら目的地に行く姿を見て、私も小さな地図をいつもバックの中に入れていました。

真鍋かおりさんがスカウトされたのは、上京して14日目のことで、渋谷の吉野家で牛丼を食べて店を出たときに、ヘアカットモデルにスカウトされたことがきっかけだったそうです。

大学生のグラビアアイドルで活躍していましたが、生年月日を304日早めて、高校生デビューしたように細工したことを明かしています。

最初は大学4年間を芸能活動する両親との約束で、卒業後は一般企業に就職する計画でした。

しかし、芸能界に合っていたようですね。

グラビアで活躍する同僚との交流はなかったそうです。

みんながライバルで、上京したばかりの真鍋かおりさんは気が引けたことを述べています。

2004年に、タレントブログをはじめました。

ファンにインターネットの掲示板を使い、習って自らホームページを作成したことから、ブログの女王と呼ばれました。

独特な年齢の価値観

デビューの時に年齢を詐称したいきさつから年齢に対する考え方が独特のように感じます。

18歳の大学生で売り出したかったことから304日、生年月日を詐称していました。

卒業アルバムから周囲人々からは、暗黙の了解だったそうです。

37歳になって悩みは「ババアになった」という自虐キャラになりつつある真鍋さんですが、

お年を召していても若い人はたくさんいることから37歳よりも年上の女性に反感を買いそうな発言が気になりました。

プロフィール

名前 真鍋 かおり(まなべ かおり)

生年月日 1980年5月31日(37歳)(芸能界に告知している日)

生年月日 1979年3月18日(出生日)

出身地 愛媛県西条市

身長 165㎝

職業 タレント

既婚者

夫 吉井和哉(よしい かずや)、職業はミュージシャン

所属 ノースプロダクション

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.