Woman

宝塚歌劇団出身の浜木綿子が息子の香川照之を女手一つで育てた人生

投稿日:2018-05-26 更新日:

俳優の香川照之さんの母は女優の浜木綿子さんです。

娘時代には、宝塚歌劇団の女形で活躍し、退団後は女優として存在感が増していきました。

梨園の世界へ嫁ぎ、息子の香川照之を出産して順風満帆な人生を歩むように見られていた矢先に、夫・市川猿之助さんと離婚へ踏み切ります。

女手一つで育てた人生にあった浜木綿子さんですが、息子やお孫さんの成長と共に、晩年は心穏やかに過ごしているのだと思います。

宝塚歌劇団に入団

東京生まれの大阪育ちのよう。

大阪府豊中梅花中学校・高等学校卒業

1953年に宝塚音楽学校で学び、宝塚歌劇団へ入団。

40期生

宝塚歌劇団の成績は64人中、3位というからかなり優秀。

娘役で活躍しました。

1961年に宝塚歌劇団を退団

女優の道へ

宝塚歌劇団を退団した後、東宝現代劇と契約。

舞台女優を中心とした活動でファンを沸かせました。

1962年、文化庁芸術祭奨励賞を受賞

1973年、ゴールデン・アロー賞 演劇部門賞を受賞。

当時、私はまだ生まれていませんが、幼少時代に家の近くに浜木綿子という名前の小さな居酒屋がありました。

木綿子(ゆうこ)と読めなかったので、文字の印象が強く、テレビドラマに出演するようになってから浜木綿子さんの存在を知ることになりました。

今も、小さな居酒屋の店・浜木綿子があります。

両親に、なぜ女優さんの名前が店の名前なのか聞くと、ファンすぎてつけたようだと話していました。

私達はテレビドラマに出演している女優・浜木綿子さんの印象が強いのですが、本来のファンは舞台女優・浜木綿子さんが好きで、舞台を観に行くことが楽しみだったそうです。

女優としての活躍は一流すぎます

2000年、紫綬褒章を受賞

2013年、芸能生活60周年を迎え、その功績に対して大38回「菊田一夫演劇賞 特別賞」を受賞。

2014年、旭日小綬章を受賞

同年、宝塚歌劇団の殿堂に最初の100人のひとりとして殿堂入りをしました。

 

三代目・市川猿之助さんと結婚

1965年、三代目・市川猿之助さんと結婚。

なれそめは?

東宝のミュージカルで共演したことがきっかけとなり交際が始まりました。

結婚する時の三代目・市川猿之助さんの希望とは?

妻・浜木綿子さんに女優を続けて欲しいと望んだそうです。

しかし引退してしまいました。

三代目・市川猿之助さんと浜木綿子さんは女優を続けることを考えていました。

そこには、こんな理由があったからです。

猿之助さんの母は女優さんでした。

結婚して引退した母は、どこか所在なくみえたのだそうです。

その頃の梨園の妻は、結婚したら引退するものという風潮がありました。

今は、主婦とタレントを兼業している梨園の妻が増えましたよね。

昔は、梨園の妻は忙しいし、しきたりなど覚えることもたくさんあるので、芸能活動と両立することは難しいと周囲からの反対もあり、引退を決意して家庭に入ったようです。

息子・香川照之さんが生まれたのは?

結婚した年に生まれちゃいました。

1965年12月に長男の照之を出産。

この時、夫・猿之助さんは妻の浜木綿子さんと、浜木綿子さんの両親と同居していたようです。

1968年、息子の照之がまだ1歳の時、夫の猿之助さんに本気浮気が発覚。

相手は16歳年上の藤間紫(ふじま むらさき)さんです。

夫・市川猿之助さんは、藤間紫さんの元へ移り住みました。

そのため、浜木綿子さんは息子の照之さんを連れて家を出て別居となりました。

息子の照之さんが3歳の時に正式に離婚が成立。

親権と養育を浜木綿子さんが引き取りました。

 

子供の養育と一家の生活を支えるために、必死で女優業に専念するかたわらで、子育ても大変だったことと思います。

祖母の協力のもと照之さんは育ちました。

離婚について

離婚を切り出したのはどちらから?

離婚を切り出したのは、夫・市川猿之助さんからです。

家を出てから一方的に離婚を切り出されました。

マスコミに知られるようになると注目されて大きく話題となったようです。

離婚の原因は?

三代目・市川猿之助さんは、独身時代に好きだった女性がいました。

そのお相手が、藤間流宗家・六代目勘十郎の妻で、藤間紫さんです。

理由その①

猿之助さんは藤間紫さんへの思いを精算できないまま、浜木綿子さんとの結婚に踏み切りました。

しかし、どうしても忘れることができなかったと伝わっています。

理由その②

浜木綿子さんと上手くいかなくなったから。

浜木綿子さんは、宝塚歌劇団を退団した後、東宝現代劇と契約して女優へ転向しました。

最初は大部屋女優として契約しましたが、そこから引き揚げてくれた東宝の大物プロデューサーと浜木綿子さんの関係を疑い、悩んでしまったことが、夫・猿之助さんが家を出た原因とも伝わっています。

夫・猿之助さんが語る、無実の不倫の意味は?

離婚の原因が、藤間紫さんとの不倫にあったことに注目されたことから、

三代目・市川猿之助さんは、「藤間紫さんとは関係ないのです。」

「いつか、そのことを話したい。」

「皆さん、驚かれます」と話していました。

しかし、話すことはありませんでした。

夫・猿之助さんは、何も語らず離婚を一方的に突き付けただけでした。

妻・浜木綿子さんは最初は抵抗したので、協議離婚となり正式に離婚が決定するまで時間を要しました。

大きな確執が残った離婚は、息子の絶縁となり、猿之助の息子を名乗ることも会うことも許されませんでした。

母としての浜木綿子

離婚した後は、舞台女優を中心に次々と役を演じていきます。

息子の親権と養育を引き取り、家計を支えるために、身を粉にして働きました。

そのため、家を空けることが多く、息子の香川照之さんは寂しい思いをしたようです。

息子・照之さんの養育を祖母が協力したそうです。

浜木綿子さんは、息子・照之さんを歌舞伎役者の子供たちが多く通っている暁星学園(ぎょうせいがくえん)初等部に入学させました。

息子・香川照之さんは高校卒業するまで芸能界へ興味がなく、ボクシングや読書などの趣味を満喫していたそうです。

しかし、同じくらいの年齢の歌舞伎役者の子供たちを学校で身近に感じ、父に直に歌舞伎を教えられて育つ姿を感じる機会もあったと思うと、香川照之さんが歌舞伎に憧れたりする気持ちを意識的に閉じ込めていたのかも知れません。

また、将来は家の家業を継ぐ子供たちと夢を語り合う機会もあったことでしょう。

血脈を意識する香川照之さんは、子供時代に何気ない雑談の中から意識するようになったようにも思いました。

母としての浜木綿子さんは、教育に熱心だったので、息子・照之さんは母の喜ぶ顔が見たくて勉強を頑張ったそうです。

暁星学園は、裕福な家庭の子供たちが通うことでも有名で、卒業生は家の家業を継いだり、大学へ進学すると専門的な分野で活躍している人物を多く輩出しています。

香川照之さんは、東京大学文学部に合格すると3年生までは、芸能界へ興味がなかったそうです。

突然、芸能界へ入る意思を母へ告白して困らせました。

大反対した浜木綿子さんですが、周囲からの支援を支えにして息子・香川照之さんの俳優業を支えていきます。

その後、息子・照之さんが一般女性と結婚すると、約10年後に初孫が生まれました。

初孫の出産を機に、藤間紫さんのはからいで、それまで疎遠になっていた三代目・市川猿之助と、息子・照之さんさんの親子対面が叶いました。

息子・香川照之さんは子供の頃から父に憧れ、歌舞伎に憧れていたので、これを機に歌舞伎界へ進出しています。

その後、藤間紫さんが亡くなると、父と子で一緒に暮らし始めますが、香川照之さんの結婚を機に解消しているようです。

浜木綿子さんと三代目・市川猿之助さんが、一緒に暮らすことがあったようですが、猿之助さんの女性問題から家を出ていると伝わっています。

今は、好きな女優業をやりたい時にやり、家の中でのんびり過ごしているそうです。

プロフィール

名前 浜木綿子(はま ゆうこ)

本名 香川 阿都子(かがわ あつこ)

生年月日 1935年10月31日(82歳)

出身地 東京都目黒区

身長 157㎝

職業 女優

元宝塚歌劇団の女形出身

子 香川照之(かがわ てるゆき)職業 俳優で歌舞伎役者

配偶者 三代目・市川猿之助(いちかわ えんのすけ)さんと離婚

結婚期間 1965年から1968年

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.