Men

向井理が時代劇のそろばん侍の主演に!見どころは太刀の優雅な演技

投稿日:2018-05-26 更新日:

向井理さんは、2018年NHKドラマ「そろばん侍・風の市兵衛」の主役を演じています。

子供の頃はよく時代劇を見ていたことをあかしました。

いつか時代劇に挑戦してみたかったと話しています。

向井理さんの見どころは、

役作りために日舞を習いにいったり、体幹を鍛えたという

優雅な太刀裁きにあるそうです。

そろばん侍・風の市兵衛とは?

そろばん侍とは?

江戸時代の渡り用人で名前を

唐木市兵衛という役どころです。

今でいう、フリーランスや派遣社員のような勤務体系なんだそうです。

仕事の内容は武家や商家の家系を立て直すことです。

現代の経営コンサルタントのような職業とか。

江戸時代の侍とは?

江戸時代は徳川幕府が開きました

初代の徳川家康という武将は、

戦のない世の中を作る為に、

江戸時代の日本を安全な国にしようとしたことから、

政権が交代することがないまま約300年続きました。

戦がない江戸時代でも侍は刀を捨てませんでした。

剣の強い男子が侍としての誇りだったからです。

文武両道という言葉がありますが、

江戸時代は武芸の方を重んじる藩が多くありました。

向井理さんが演じるそろばん侍は?

文武で生計をたてる侍のようです。

江戸時代の侍はそろばんをはじくこと

(お金の計算をすること)を、

侍のすることではないと思う人も多かったそうです。

向井理さんの侍は、文武両道に優れている場面を見ることができます。

向井さんがはじくそろばんとは?

  • 「江戸時代のそろばん」

上の段の玉が2つ、

下の段の玉が5つで成り立っています。

  • 「明治時代のそろばん」

上の段の玉が1つ、

下の段の玉が5つのようです。

  • 「現代のそろばん」

上の段の玉が1つ、下の段の玉が4つです。

時代劇の見どころのひとつは?

太刀の演技が欠かせませんよね?

太刀まわりために、体幹を鍛えて下半身にしっかり重心をおいた訓練を積んだそうです。

風の市兵衛というネーミングから、台本には風のような演技を求められているそうです。

少し前から日本舞踊を習いに行き、風のように優雅に太刀をさばくことを意識していると語っています。

人の稽古も良く見るようにしているのだとか。

他の役者さんと、相乗効果を狙ってお互いが引き立つような工夫をスタッフと話し合うそうです。

太刀の動きには

押し入っているのか?

攻めているのかでも違いがあるよう

ピンチなのか?

チャンスなのか?

どこから情勢が変わったのかでも違うと語っています。

セリフがなくてもわかるような太刀が美しいそうです。

そのことを踏まえて、ドラマを見ていると、

向井理さんという役者の今後の活躍を期待するような

大きさを感じることができます。

プロフィール

名前 向井 理(むかい おさむ)

生年月日 1982年2月7日

出身地 神奈川県横浜市

身長 182㎝

配偶者は女優の国仲涼子さん

職業 俳優

所属 ホリエージェンシー

(ホリプロの関係プロダクションです)

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

りおさより

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.