Men

志村けんの両親とドリフターズの下積みとは?彼女と病気と現在

投稿日:2018-05-29 更新日:

ドリフターズがお笑い番組「8時だよ全員集合」を知っている人は40代より若い年齢の人は見ていないだろう。

最高視聴率50.5パーセントを越えた人気番組でした。

土曜日の夜の8時になると家族で楽しめたのは、当時のアイドル歌手がドリフターズと共演することも人気を集めたようです。

ドリフターズが笑いを取る中に、トップアイドルの少しドジをしてちょっと赤くなった顔が可愛くて、ドリフターズの際どいギャグに目を覆いながらも、大人たちは子供と一緒に見たと言います。

志村けんが売れなかった時代

https://media2.picsearch.com/is?5VivqQbv6CgqItzqmGpFz6AY_MVEIpI-_4ybHgQHYvk&height=136

ドリフターズの正式メンバーになる前は?

いかりや長介(故)さんの付き人をしていました

下積み時代の仕事

地方へツアーに出る時は列車で移動していたので、夜行列車では寝ないで楽器の見張り役を務めています

食べ物を大切にする理由

食べるものは、メンバーが残したラーメンの汁などを集めてごはんにかけるなど、今では考えられないような苦労をしてきたようです。

志村けんさんの芸が際どいエッチなギャグに、目を覆う場面があったとしても、何故か許せてしまうのは、普段から食べ物を大事にしていることにあるのかも知れません。

ドリフターズの正式メンバーになったのは?

メンバーだった荒井注さんが体調がすぐれないことを理由に辞めたので、

後に入った人物が志村けんさんと母に教えてもらいました。

荒井注さんの後にメンバーになった時、志村けんが舞台で何か話すと笑いが途切れてしまったのだとか。

志村けんさんがドリフターズの正式メンバーになった時、荒井注さんのファンになかなか受け入れて貰えなくて、悩んだ時期があったそうです。

ある時スタッフは悩んでいる志村けんさんを美味しいものでもごちそうして励まそうと思って、高級料理店に連れて行くと、庶民的な店で人間観察をしていることを語ったと伝わっています。

志村けんさんの人柄

一般の人がどんな話しをしながら食事をしたり、笑ったりするのかが知りたいと、そういうことを芸にすることを考えることを聞いて、その真面目さに驚いたそうです。

自分らしい笑いを追求したと語っています。

ドリフターズのリーダー・いかりや長介さんは、志村けんさんを気にかけていました。

志村けんさんの「東村山音頭」を打ち出すと、子供達の人気を集めました。

その後は、「アイーンおじさん」や「バカ殿」など個性の強いギャグが後年まで続いています。

今では売れなかった頃の志村けんさんを知る人は少なくなりました。

ドリフターズが解散した後は、それぞれ別々の道に進んでいきましたが、いかりや長介さんはメンバーひとりひとりを気にかけていたと言います。

いかりや長介さんが亡くなる4ヶ月前に、志村けんさんのチケットを自分で購入して観に行ったのだとか。

そんな志村けんさんの魅力にも迫っていきたいとおもいます。

ちなみに自分らしい笑いを追求した、志村けんさんは芸歴50年になります。

https://pbs.twimg.com/media/CnJmwTKVYAAdVZL.jpg

志村けんさんのルーツ(両親)

志村家の父方のルーツは?

もともとは山梨県の出身なんだとか。

書物がないので言い伝えになっているが、武田信玄とのつながりがあるという。

江戸時代になると徳川幕府に代わり、志村家は徳川に仕えて東京都東村山市に住み着いたようです

300年近く、先祖の土地を守り、田畑を耕して自然と共に生きてきた家系。

志村けんさんのルーツには戦国時代、武士が活躍した時代には武士を。

江戸時代の安全な治安が保たれた時代には農業を。

明治時代に西洋の文化が日本に入ってくると鉄職人に。

昭和初期、戦争で食べ物が少ない時代には農業を。

戦後の昭和時代が来ると、それぞれの土地で適材適所の仕事へ。

志村けんさんのルーツをたどると、時代に合わせた生き方を模索していることがわかります。

人間は変わることが苦手な生き物と言われますが、志村けんさんの家系は厳しい時代を生き抜くために、しなやかに生きてきた人々のようです。

そんな中でも武士の魂と、農業を生業にしたことから、生きとし生けるものの大切さや、一期一会を楽しむ姿が志村けんに感じられました。

最近ではバラエティー番組「志村どうぶつ園」で、動物や町の人とふれあう姿が人気があります。

志村けんさんの持つ魅力を私達にも分けて欲しいと思っちゃいます。

  • 笑いの元は両親にあった

父のルーツ

父の家系は固くて融通がきかない印象だったそうです

父の名前は

志村 憲司(けんじ)志村家17代当主(分家)

父の職業は

教師

(ちなみに、芸名・志村けんの名前の由来は、父・憲司から付けました)

東京都東村山市で約300年続いた江戸時代に農業を営み、どういう経緯で教師になったのかというと、

兄弟が多かったので長男の健司さんはなんとか弟や妹を一人前にさせたかったから。

家の家業の農業を手伝いながら、学問で身を立てようと思ったそうです。

生徒には「一番を目指してあきらめるな」と言い、柔道4段の腕前でした。

座右の銘は「転んでも起き」てという言葉を卒業生に送ったという。

戦争によって学問のありかたが変わり、時代と共に変化する教育に対して、自分も変わっていくことは難しかったと思います。

厳しい時代を生き抜くために、教師のキャリアアップを目指して、時代に添った学問を追求したといいます。

家族を支えるために始めた学問は、いつしか生徒のために進んだ学問だったようです。

しかし家では難しい顔をした父の顔しかなかったと言います。

志村けんさんの笑いには父がふと笑った時の姿を追いかけているのだとか

父親の後遺症

ある日、父がオートバイで通勤していた時、後ろから来たバイクに接触したのだとか。

その時は何でもなかったようですが、3年後に自己の後遺症が発症して記憶障害にかかってしまったそうです。

入退院を繰り返していて、家族が暗くなりがちな家庭を、母は明るく家庭を支えたそうです。

ぜんぜん笑わない父でしたが、ある日のこと漫談のテレビ番組で、父が笑わったことが忘れられないそうです。

笑せている人がすごいなと思ったことから、自分も人を笑わせることが好きになったそうです。

志村けんさんの父は自己の後遺症で、記憶障害を患っていたので、志村けんがドリフターズに入ったことを理解できぬまま亡くなってしまいました

母のルーツ

母の実家は、東京都東村山市の名主 小山 太右エ門(こやま たうえもん)

母の名前は

志村 和子(しむら かずこ)旧姓・小山

8人兄弟4女として生まれました

母の人柄

小山家は、明るく社交的な家風のようです。

母の和子さんは、浦安の舞の初代の女性に選ばれた女性です。

性格は、おちゃめな可愛くて明るいことから志村けんさんは母親譲りとか。

笑わない父と社交的な母親に生まれ、笑わない父の面影を追い続けたのが志村けんさんの笑いのようです。

志村けんさんの成功を一番喜んだのが母だったそうです。

母の話しになると皆が楽しそうになることは、誰からも好かれる人柄だったことがわかります。

実家には志村けんさんのグッズがたくさん飾ってあります。

母は、志村けんさんの記事をスクラップにして残していたそうです。

母・和子さんは、平成27年(享年95歳)没

兄弟から志村けんとは?

兄弟からみた志村けんとは?

兄弟で遊んでいても、ラジオ番組が始まると、時計がなくてもラジオの前に座っていたそうです。

落語や漫談が好きだったそうです。

兄達は弟の志村けんさんのことを話す時、とても優しい表情になります

芸能界に入ったきっかけとは?

自分の力で人を笑わせたい。

父が笑った時のことが忘れられなかったそうです。

昭和43年の夏、いかりや長介さんの家の前にアポなしで待っていました。

ドリフターズに入れてもらえるようにお願いに行ったそうです。

一緒に東北ツアーに行くことになったことがドリフターズのきっかけでした。

しかし、ツアーに行くことを悩んだそうです。

父の介護を母や兄たちに押し付けていいのか迷ったから。

家族は気持ちよく弟の志村けんさんをドリフターズに送り出したそうです。

志村けんさんの病気

志村けんさんは寂しがりやと言われています

よくいろんな人を集めて夜の街にでかけるそうです

お酒が好きで宴は朝まで続くこともあるとか

女性を連れている様子を目撃されていました

病院で検査を受けると「肝硬変」と診断

このままだとがんになるかもしれないと医師からいわれたようです

お酒は3杯までと注意されたとか

2013年にも病院で肝臓を休ませる日を作るようにといわれていることをブログに書いています

  • 2016年8月:肺炎のため緊急入院

その後、体調を崩しても仕事を休むことはなく

お酒もやめることをしなかったそうです

  • 2018年はノンアルコールにかえているとか

定期的に検査を受けて

ウォーキングを再開して体調管理しているそうです

志村けんさんの噂になった彼女とは?

志村けんさんの恋愛サイクルは4年といわれています

交際して4年たつと自然に愛情がなくなるそうです

独身を貫く志村けんさんはモテ男として注目されました

  • いしのようこさん

1980年から1990年にかけて同棲していたようです

何度も結婚を囁かれました

デートも目撃されていますが

見られなくなりました

  • 優香さん

初対面から優香さんはお気に入りといわれました

現在の優香さんはご結婚されました

  • 大場久美子さん

以前、愛人関係が噂にとなっています

現在の大場久美子さんはご結婚されています

  • 磯山さやかさん

志村けんさんのお気に入りといわれていました

  • 尾崎ナナさん

胸の大きい女優さんとして志村けんさんのお気に入りといわれています

歴代の噂になった芸能人は胸が大きいグラビアタレントさんが多いようです

  • みひろさん

2010年頃に交際が報じられました

共演は

「志村けんのだいじょうぶだぁ」

「志村けんのバカ殿様」

デートを目撃されています

  • 小倉ななさん
  • 及川奈央さん
  • 小林恵美さん

志村けんさんのプロフィール

名前:志村 けん

本名:志村 康徳(しむら やすのり)

愛称:ケンちゃん

生年月日:1950年2月20日

年齢:68歳

出身地:東京東村山市

身長:166.7㎝

職業:コメディアン

師匠:いかりや長介さん

二度目の付き人時代は加藤茶さん

グループ名:ドリフターズ

所属:イザワオフィス

略歴

  • 1968年:卒業間際にザ・ドリフターズの付き人
  • 1968年2月:いかりや長介さんの家に直接押しかけて雪の中12時間も待ち続けました
  • その1週間後:いかりや長介さんの弟子入り
  • その後、加藤茶さんの付き人
  • 1年後に脱走して戻る
  • 1972年(22歳):井山淳とお笑いコンビ・マックボンボンを結成
  • 芸能界デビュー
  • 1974年3月31日:荒井注が脱退
  • 1974年4月:ザ・ドリフターズに正式メンバー

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.