Men-Sports 男子テニス

松岡修造の熱い男キャラに隠されたテニス道と華麗なるセレブ一族

投稿日:2018-05-31 更新日:

松岡修造さんは元テニスプレイヤーとして名を馳せました。

プロテニスを引退した後は、日本一熱い男のキャラクターを活かした芸能活動をして人気を集めています。

スポーツの実況解説では、選手の喜びや悲しみを感情を込めていますが、実は頭の中は意外にも冷静なんだとか。

プロテニス時代の数々の試合を思い返すと、気持ちは熱く頭の中は冷静でなければ、あれほどの功績と人気を呼ぶことはできなかったように感じます。

 

松岡修造さんの華麗なる家系はセレブと言える家柄です。

なぜ、自分の人生をテニスにかけることができたのかを掲載していきます。

松岡修造の華麗なる一族

父方の曾祖父は、阪急グループの創始者の小林一三さんです。

父は映画会社・東宝の第11代社長で松岡 功さん(まつおか いさお)

元テニスプレイヤーで、家業を継ぐために大学を卒業する時にやめたそうです。

父・功さんは甲南大学の在学中に全日本学生テニス選手権大会で単複優勝しました。

デビスカップ(日本テニス協会によって編成される日本の男子テニス国別対抗戦)に選出しています。

プロテニスを率いるほどの実力を持っていながら、実家の跡を継ぐためにテニスを諦めたそうです。

その時、身の回りのテニスに関係するものを遠ざけて家業に打ち込んだことから、子供達にも過去のテニスについてをあきらかにすることはなかったそうです。

しかし、子供達はテニスに親しみ、松岡修造さんが父が本当にやりたかったことを受け継いだように思います。

母は、元宝塚歌劇団の星組男役で千波 静(ちなみ しずか)

宝塚歌劇団44期生

本名 松岡 静子

姉・辻 敏子(としこ)(旧姓 松岡)

姉の夫・辻 芳樹(つじ よしき)

職業・辻調理師専門学校校長

兄・松岡 宏泰(ひろやす)

職業・東宝会長(実業家)

二男・松岡 修造(しゅうぞう)

妻・松岡 惠美子(えみこ)(旧姓 田口)

元アナウンサー

娘・恵

一人娘

宝塚歌劇団に入団105期生

現在男役を目指して勉強中

 

義伯父・三村 庸平(みむら ようへい)

職業・元三菱商事会長(実業家)

義伯父・三村 亮平(みむら りょうへい)

職業・阪急不動産会長(実業家)

義伯父・小林 公平(こばやし こうへい)

職業・元阪急電鉄会長

従叔父・鳥居 信一郎(とりい しんいちろう)

職業・元サントリー会長

従兄・小林 公一(こばやし こういち)

職業・阪急阪神ホールディングス取締役

宝塚歌劇団理事長

いとこ・田中 里衣(たなか りい)

職業・女優 宝塚歌劇団76期生

母の妹・千波 薫(ちなみ かおる)

職業・宝塚歌劇団48期生

松岡修造のやんちゃな子供時代

子供時代の松岡修造さんはやんちゃな男児だったとか。

体型はぽっちゃりしていました。

学校は慶応義塾幼稚舎からの進級組です。

授業中は先生の話しを聞く子供ではなかったので落第スレスレでした。

 

宿題をやらない子供だったので母は学校に呼び出されて注意をうけることもたびたびあったのだとか。

それに比べて兄は優秀で落ち着いた子供だったので、よく比べられたました。

兄弟はみんな仲良く、共通はテニスだったようです。

才能を自分で作った松岡修造

なぜ、松岡修造さんはテニスに対して感情的に熱くなれるのか不思議でした。

実は、テニスの才能は兄の方があったそうです。

松岡修造さんは自分でテニスの才能がないことを自覚しながらも、テニスが好きで諦めなかったことが、日本一熱い男というキャラクターとなっているようですね。

慶応義塾中等部の2年生の時に、全国中学生テニス選手権大会で優勝した頃から、テニスの腕前が上がっていきました。

3年生の頃には、テニスよりも麻雀に夢中になったと言います。

慶応義塾高等部へ進学してからしばらくの間は、麻雀に明け暮れていたそうです。

ある日、これではいけないと思い立って、テニスを再活動することを宣言するかのように、テニス界の名門校として知られている福岡県の柳川高等学校へ転向を決意しました。

この決断は両親や先生から反対されました。

もともと学業が好きではなかったので、成績が悪くて高等部へ進級できないから転校するのではないかと誤解されるほどだったそうです。

両親を説得した時の約束には、柳川高校に転校した後に、大学受験の推薦枠を獲得して進学することでした。

柳川高校で学んだコミュニケーション能力

松岡修造さんは柳川高校2年生へ転入すると、テニス部に入部して練習に励みました。

柳川高校のテニスの練習風景は、長時間のハードな練習で選手を鍛え抜くということで恐れられていました。

親元で生活していたころは自分の気持ちを優先された生活でしたが、見知らぬ土地で福岡弁がわからなかったりする中で行われる厳しい練習を共にする友人との交流からコミュニケーションをまなんでいったようです。

柳川高校に転校してから2か月後に、ウィンブルドンへの道という題名の国内ジュニア大会へ出場しました。

この大会の目的は、当時世界で活躍できる日本の若手選手を育てることが目的で開催されています。

ウィンブルドンへの道で活躍した内の4名が、ヨーロッパ遠征のメンバーに選ばれます。

ウィンブルドン選手権や全仏オープンのジュニア部門への出場できるチャンスを与えられるというもの。

松岡修造さんのこの大会での成績は、1位優勝と獲得。

ヨーロッパ遠征のチャンスを手にしました。

しかし、柳川高校のインターハイの予選期間が重なってしまいます。

柳川高校のチームで活動するか、ヨーロッパへ行くのか悩んで監督に相談して決めた答えは、自分の気持ちはヨーロッパにあったものの、柳川高校のチームとして活躍することでした。

それまでの松岡修造さんという人物は、個人としてテニスに勝つことをめざしています。

しかし柳川高校のチームとして、シングルやダブルス、団体戦などで優勝した経験がかけがえのないものになったようです。

仲間と本当の喜びを分かち合うことが、現在の松岡修造さんのコミュニケーション能力を引き出しているように思います。

この時の経験が現在の日本一熱い男というキャラクターを形成したのかも知れません。

夢を掴むために絶対的に必要なこと

翌年のウィンブルドンの道で優勝を獲得。

またもやインターハイと期間が重なってしまいます。

今度は絶対にヨーロッパに行きたい気持ちでいっぱいになりました。

悩んでも答えが見つからない中で、監督や両親に相談すると学校優先の答えがきます。

いつの時代も大人は子供の気持ちよりも自分の気持ちを押し付けてくるようです。

松岡修造さんは仲間との喜びも大切。

でも、今しかないチャンスを真っ先に取りに行くことの大切さも直感でわかっていました。

何としてもやりたいことをやる!熱い思いを自分の言葉と行動で示したことがわかります。

一年間、学校を休学して必ず一年後、戻ることを約束してヨーロッパ遠征に旅立ちました。

後に、結婚して子供・恵さんを授かると、この経験を子育てに組み込んでいきます。

宝塚歌劇団に一発で合格できた背景には家柄だけではない、松岡修造さんの人間的な情熱や豊かさの、教えがあったのだと思いました。

ヨーロッパ遠征から帰国すると、休学期間中を東京の実家で過ごし、テニスの桜田倶楽部に通って、馴染みの仲間と練習を続けました。

この頃の松岡修造さんはプロテニスに進むことを考えていなかったことをあかしています。

この理由には、日本には世界を相手に戦うテニスプレイヤーがいなかったのでイメージできなかったようです。

後に松岡修造さんが世界に通用するプロテニスプレイヤーの先がけとなり、現在のテニスを率いています。

ある日、世界的名コーチのボブ・ブレットが来日するので、練習を見てもらわないか?と声がかけられました。

松岡修造さんがヨーロッパ遠征中に、全仏オープンジュニアでプレーをしていた所を偶然通りかかったボブ・ブレットさんと日本のカメラマン・田沼武男さんが知人であったために、希望が叶いました。

この時のボブ・ブレットとの出会いが、プロテニスプレイヤーになることを意識したとあかしています。

ボブ・ブレットから日本にいたら強くなれないから、アメリカに来るように誘いがありました。

休学期間を終えると、柳川高校へ復学する約束になっていますが、父が快諾してくれました。

母はなかなか認めてくれなかったようです。

父はテニスを諦めて家業を受け継いだ経験から、息子がテニスの道をひたすら進む姿に自分の夢を託したのかもしれません。

そこで、松岡修造さんが打ち出したのは、渡米先の現地のハイスクールに通って卒業すること。

アメリカの大学に進学することを提示して母を納得させてアメリカへ旅立ちました。

アメリカでの生活はまた明日!

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, 男子テニス

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.