Men

是枝裕和監督の万引き家族映画が世界のカンヌ国際映画祭最高賞受賞

投稿日:2018-06-01 更新日:

是枝裕和監督は、2018年カンヌ国際映画祭の最高賞であるパルムドールを受賞しました。

作品名は万引き家族という映画です。

日本人監督としては、21年ぶりに受賞した快挙です。

これまでも日本アカデミー賞、最優秀監督賞を受賞しています。

是枝監督のこだわる万引き家族映画とは?

是枝裕和監督は、ウケるものを分析して世の中に作品を出してきました。

ウケる=流行っている➡商業作品は売れる

売れた資金で自分が本当に撮りたいものを映画にするということをしているようです。

是枝監督がこだわった映画とは?

家族をテーマにした映画です。

2018年、カンヌ国際映画祭のパルムドール受賞に輝いた映画「万引き家族」の構想に10年の歳月をかけていたことがあきらかになりました。

なぜ、家族にこだわるのか?

是枝裕和さんの両親から受けた愛情にあるそうです。

父は是枝裕和監督が成功することを見ることなく亡くなってしまいました。

戦争で足を負傷した経験を持っていました。

息子・是枝裕和さんには好きな事をやって欲しいと願ったそうです。

自分の人生を思い切り生きる道を選ぶように言いました。

母は女性ならではの現実的な考えから、一般的な会社員として人生に進んで欲しかったとか。

息子・是枝裕和さんにも下積み時代がありました。

映画で芽が出るまで、ヤキモキしながら、支えてくれた母の愛情を感じていました。

是枝監督の作品が世の中に出ると、嬉しくて仕方なかったことが語られています。

しかし団地で一人暮らしをしていた母が、台所で倒れて入院した時には、すでに活躍して忙しくなっていたので、なかなか見舞いに行けなかったことを悩んで後悔したそうです。

子供の頃、両親と団地で過ごした日々は、大人になってからもかけがえのないものです。

家族をテーマにした映画にこだわる理由が、わかってきました。

北野武が是枝監督へアプローチ

ちなみに、2018年に北野武さんが持つ、個人事務所を任せていた森社長との金銭トラブルが発覚したことから、北野武さんが自ら社長を務めるという報道が注目されました。

北野武さんはもともと家族映画の監督をしたかったそうですが、社長になったことから映画監督をすることは難しくなったことを述べています。

そこで、是枝裕和さんに家族映画の監督をお願いしたいそうです。

北野武さんは、兄弟がたくさんいる大家族で育ちました。

大勢いる兄弟の中から、自分のことを見てもらえるように、いろいろ施策を考えたことを語っていました。

 

北野武さんが思い描く、家族映画を是枝裕和監督で見ることができたら面白いでしょうね。

楽しみですね。

受賞について

カンヌ国際映画祭

2013年 審査員賞受賞

作品名 そして父になる

1028年 パルム・ドール賞受賞

作品名 万引き家族

日本アカデミー賞

最優秀賞監督賞

2015年 作品名 海街dairy

2017年 作品名 三度目の殺人

最優秀脚本賞

2017年 作品名 三度目の殺人

最優秀編集賞

2017年 作品名 三度目の殺人

ブルーリボン賞

監督賞

2004年 作品名 誰も知らない

2008年 作品名 歩いても 歩いても

プロフィール

名前 是枝 裕和(これえだ ひろかず)

生年月日 1962年6月6日

出身地 東京都

既婚

職業 映画監督

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.