イベント(行事)・お役立ち情報・災害

夏の虫よけと虫刺されには出かける前の対策を心がけよう

投稿日:2018-06-06 更新日:

夏になると屋外に出かける機会が多くなります。

特に夏になると自然の多い場所に出かけたくなりますよね。

家族や友人との思い出に、キャンプやバーベキューを計画しているかも知れません。

持っていくものの必需品に虫よけ対策もしっかりすることをお勧めします。

虫刺されを防ぐ工夫をしよう

服装

  • 帽子
  • 長袖
  • 手袋
  • ズボン

日中は気温が上がりますが、避暑地では朝や夜の時間に

気温が下がることがあるので、肌寒く感じることがあります。

上着を一枚もってでかけるだけでも、

いざという時に、役に立ちます。

蚊が活発になる気温

25度から30度

蚊が好きなのは?

  • 汗のにおい(運動した時)
  • 二酸化炭素(お酒を飲んだ時)

蚊が好きな色

蚊は夜行性なので黒色が好きです。

黒い服に近寄っていきます。

上着に選ぶ色は白色が良いとされています。

自然が多い場所

  • 河原
  • キャンプ場

虫の多い場所へ行くときは肌の露出を減らしたり

虫よけスプレーなどを塗っていきましょう。

虫よけ

虫よけのスプレーや、塗り薬を塗ることを、おススメします。

塗りムラがあると効果が薄れてしまいます。

しっかりと塗りましょう。

塗り残しの多い場所は?

  • うなじ
  • デコルテ(首まわり)
  • 腕の外側
  • ひざの裏
  • くるぶし

肌が柔らかい部位を、念入りに塗りましょう。

虫よけの効果がある時間はどれくらい?

商品によりますが、

2時間から8時間程度持続します。

こまめに塗り直すことが効果が持続するコツです。

日焼け止めを塗るタイミングに合わせるのがおすすめ

 

日焼け止めを併用する場合

虫よけを最後に塗るとよいと言われています

蚊に刺されてしまった時の対策方法

虫に刺されてしまった時に最初にすることは?

  • 水道水で優しく洗う事。
  • 石鹸を使ってもよいです。

特に、蚊は人間の汗に誘われてくると言われています。

蚊を近くで見かけたら、手やうでを洗うだけでも効果が期待できます。

おススメは?

私は蚊に刺された時、虫刺され薬を使いません。

私は、蚊に刺された箇所を、熱めのおしぼりを患部にあてます。

刺された直後はぷくっと膨らんでかゆみがありますよね。

熱めのおしぼりを、かゆい部位に3分から5分程度あてます。

すると、肌が赤くなります。

熱いので、ちょっとチクッとしますが、二度とかゆくならないですよ。

爪でかくこともないので、蚊にさされた跡が残りません。

虫刺され薬を使用する際の注意点

外用薬を2~3日使用しても症状が回復しない場合は?

皮膚科を受診しましょう。

原因が虫刺されでないかもしれません。

屋外に出かけた時は、肌が野草などの植物にふれただけでも、かゆくなったりかぶれることがあります。

お子様の年齢によっても使用制限があります。

虫よけに用いられることの多い成分「ディート」に注意。

  • 生後6ヶ月未満の赤ちゃんには、使用できません。
  • 生後6ヶ月~1年未満の赤ちゃんは顔への使用を避けましょう。

子供の虫刺され薬、1日の使用限について

  • 6ヶ月以上~2歳未満の乳幼児は、1日1回まで
  • 2歳以上12歳未満は、1日1回蚊ら3回まで

虫刺され薬を選ぶ時は、お店の薬剤師さんに相談すると良いと思います。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-イベント(行事)・お役立ち情報・災害

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.