イベント(行事)・お役立ち情報・災害

地震や天災などイザという時に命が助かる知恵をまとめました

投稿日:2018-06-19 更新日:

東日本大震災や熊本地震、大阪の地震など、またいつ地震がくるのか?

そんな声がチラホラ気かれるこのごろ。

私たちの周囲には危険がいっぱい。

そうかといって何もしないのではいられません。

そこで、地震や天災など、イザという時の知恵を緊急レポートとしてお届けします。

地震が来た時に最初にすること

最初にこまかく揺れるのが縦波です。

つづいてグラグラとくる大揺れが横波。

まず最初にやること

1.火を消す

火災が起こったときの被害は、建物の倒壊による時の5倍以上の大惨事に!

2.机の下にもぐりこむ

重くて壊れやす家具や、本箱は比較的、重心が上にあるので危険です。

3.逃げ口を確保する

地震で家が傾くと、ドアが開かなくなったりすことも。

そのために、脱出口などの窓をあけておきましょう

家の中での地震いろいろ

地震の時に家の中で多い事故

  • 家の中でのけがは、階段をあわてて踏み外す
  • 棚の上に置いたものが落ちてきてぶつかる
  • 壊れたガラスの破片を踏んだりする事故が多いです。

木造家屋では

地震で家が傾いたりすると

障子やふすまや窓などが開かなくなることがあります。

そのため、逃げ口を閉ざされることも。

揺れが始まったら、まず脱出口の窓をあけておきましょう。

入浴中やトイレの中で

浴室やトイレは案外、地震に強いとか。

あわてて飛び出さず

揺れの具合で次の行動に移りましょう。

外へ避難する時

外に避難する時にも注意したいことがあります

底の厚い靴を履くこと

サンダルやゴムぞうりでは、ガラスの破片などを踏んだ時にケガするおそれがあります。

絶対に裸足では出かけないこと。

ソックスを着用しましょう

(厚手のソックスがおススメ)

周囲に高い建物がある場合

窓ガラスの破損や、さまざまな落下物を予想しましょう。

以前は、ブロック塀の側が安全と言われました

最近では、何が正しいのか、わかりませんよね。

頭に座布団や毛布をかぶって非難すると

避難場所で野宿する時に役に立ちます。

自動車での避難

運転中に地震が来た時はハンドルがとられます。

驚いて急ブレーキを踏むのは、追突のもと。

ゆっくり減速して、道の左側に停車することが理想。

エンジン・キーを抜いたら、すみやかに車を離れること。

道路が渋滞で、かえって足手まといで危険な時も。

それに渋滞中に出火するとガソリンに引火のおそれも。

歩いて逃げるのが原則と言われています。

それでも自動車は便利な乗り物。

いろいろなものを積むこともできます。

自宅や会社からできるだけ近く、駐車場も確保できる避難場所を知っておくとよいでしょう。

外出先で地震にあったときは?

私が東日本大震災の時には、会社で仕事をしていました。

止めてあった大型自動車のタイヤが大きく動いたことが忘れられません。

地震がきてすぐの時には、携帯電話が繋がっていたのが、間もなく途絶えました。

緊急事態のことだったので、その場で全員が退社することが決まりました。

上司の早い対応が幸いして帰りの渋滞を避けて帰ることができましたが、

会社を出るまでの自動車通勤の人々でごった返しました。

私が会社を出られた時は震災が起きて、退社時間から1時間も過ぎていました。

高層ビルでは

鉄筋コンクリートのビルが木造家屋より安全とは限りません。

あわてて外に飛び出すよりは、

なるべく上の階へにげること。

なぜなら、下がつぶれても、上は残ることが多いから。

買い物中の商店街

看板やショーウィンドウのガラスが降ってくることを想定しましょう。

頭の上に買い物袋などをかぶって、近くの公演や空き地に非難しましょう

道を歩いている時は、頭の上に用心しよう。

田舎の野道などでは、足元に注意。

木の根っこなどでつまずかないように!

火事の時は

風向きの変化に注意して、できるだけ風上に逃げましょう

子供の手を絶対に話さないこと。

逃げる際は狭い路地や、塀のわき、川べりをさけて通ること。

それから、ぬれたタオルなどで、鼻と口を煙から保護します。

持っていると便利なもの

緊急時の持ち出し品

一般的に言われているものだけど、必要最低限のもの。

  • 飲料水
  • 食料
  • ラジオ
  • 現金と貴重品
  • ウェットティッシュ

日頃から用意しておくと便利です。

私は東日本大震災の経験者です。

災害ボランティア活動にも参加しました。

ここでは物資の供給の活動から思ったことは?

実際に災害が起こった時に必要なものとは?

  • 貴重品
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 石鹸
  • シャンプーとリンス
  • 女性の生理用品
  • トイレットペーパー
  • ティッシュ
  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • 電池
  • マスク
  • タオル
  • ビニール
  • ホイッスル
  • ラップ
  • 方位磁石
  • エアクッション

タオルは、体を拭くだけでなく、

熱い時には背中に1枚差し込んでおいたり、

寒い時には首に巻いて喉を守ります。

東日本大震災の時は、家に帰れない人が困ったことは日用品でした。

お風呂に入ることが出来なくなったり、手を洗うことも困難になったりします。

替えの下着がなかったことも、不安のひとつになったようです。

最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-イベント(行事)・お役立ち情報・災害

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.