イベント(行事)・お役立ち情報・災害

大型台風に見舞われた時のピンチから脱出する知恵を緊急レポート

投稿日:2018-06-19 更新日:

日本では9月頃に大型台風に見舞われることもしばしば。

気候の変動から、いつ何が起きても想定外とは言っていられませんよね!

私たちの周囲ではさまざまなできごとが起こります。

良いことも、良くないことも。

そうかといって、てをこまぬいていたのでは、絶対絶命のピンチ!

そこで、不意の天災、人災から脱出する知恵を、緊急レポートしました。

大型台風の対策

台風は、一般に進行方向の美技半分は強風の害が強く

左半分が雨の害が強いと言われています。

日本列島の西側に上陸した場合は

特に強風対策を念入りにしておきたいところ。

強風対策

  • 塀や樹木には支柱で倒れないように補強しましょう。
  • 窓ガラスや戸のすきまには、ビニールテープで補強
  • 開きやすい窓には、釘で固定しましょう。

床上浸水

床上浸水になりそうな気配を感じた時は?

1・各部屋の畳を上げましょう。

いすや机で作った台の上に重ねるとよいです。

その上に、大切な家具や、衣類をのせれば、床上から約80㎝の浸水の被害防止に。

2・ブレーカー(安全器)

ブレーカーを操作して、電源を切っておく。

コンセントからショートして感電しないように対策しましょう。

貴重品や大切なものの管理方法

大きめのビニール袋を用意しておくとよいです。

身の回りのたくさんのものを入れておけば、浸水から守れます。

避難命令が出たら?

  1. 最小限必要な荷物を持ち
  2. 厳重に戸締りをして、指定の場所に避難しよう。

特に高齢者や病人、子供の体調を考えたいところ。

病人や、子供がいる場合

タオルや替えの下着を忘れないこと

濡れた身体のままだと

風邪をひいたり

肺炎を引き起こすことがあるので

あらかじめ対策しておきたい。

大型台風の際に備えたいもの

用意するもの

  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • ロウソクとマッチ
  • ヘルメット(落下物から頭を守るため)
  • 飲料水
  • ゴム長靴
  • ビニールのカッパ

(100円ショップにはビニールのズボンも!便利です)

  • 貴重品をまとめたもの。
  • 医薬品
  • 非常用食料

(缶詰やおにぎりなど)

  • 両手が使えるように、リュックサックに入れましょう。

地震の時と用意するものの違いは

台風の時は雨が多いので、体を濡らして冷やさないような対策を重視しています。

濁流の中に放り出された時

私にはこの経験がないのですが、

泳ぎに自信がある人でも、まず、流木などの浮遊物につかまること。

助ける方の人は、なるべく多人数で助けましょう。

ロープを投げたり、長い竹竿を差し伸べて助けるようにしましょう。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-イベント(行事)・お役立ち情報・災害

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.