イベント(行事)・お役立ち情報・災害

ベビーカーを購入するときのポイントと乳母車との違いとは

投稿日:2018-06-20 更新日:

ベビーカーは本来、買い物や散歩に

赤ちゃんを連れていくための道具です。

最近では、キレイな空気や日光浴をさせるための

動く住居にもなっています。

忙しいママにかわって

ベビーカーのポイントと乳母車の違いを調べてみました。

0・はじめに!

1・スプリング

はじめに ベビーカーの選び方

ベビーカーを選ぶ時は

一つ一つ動かしてみましょう

無理を感じさせないベビーカーなら大丈夫

デザインやアクセサリーに目を奪われないこと。

自分にしっくりくるベビーカーでも、

乗るのはデリケートな大切な赤ちゃん

これだけは見落とさないで、という6つのポイントを調べました。

その1.スプリング

ママの疑問

「道路のガタゴト道、振動が赤ちゃんにどう響くか心配です」

答え

スプリングの多いものを選ぶこと

1つのバネより2つのバネのものを選びましょう。

また、前後の輪にスプリングが付いている方が、

より振動を和らげてくれます。

補足

もちろん、ひどい道を通る時は、その時だけだっこしてあげましょう

2・車輪

3・ストッパー

その2・車輪

ママの疑問

大きな車輪や小さな車輪。

くるくる方向転換するもの。

いろいろな車輪がありますが特徴は?

答え

キャスターを使った車輪は、方向転換が自在になります。

そのために、ママの運転はラク。

ところが、車輪は振動をまともに受けるので

小さなキャスターの車輪は

極端に振動に弱いそうです。

直径30㎝くらいは必要

なお、お店のスタッフさんと

相談しながら選ぶとよいと思います。

それから、もうひとつ

車輪でチェックしたいのは、車輪の重さです。

軽いものほど振動を和らげとか。

3・ストッパー

ママの疑問

ストッパーって本当に必要ですか?

面倒なのでかけたり、かけなかったり・・・

答え

ストッパーは絶対にひつようです。

面倒・・・なんて言ってはだめ。

ストッパーをかけ忘れて

強い風に飛ばされたという考えられないような

事故の防止対策にもなります。

赤ちゃんから離れるときは

坂道でのかけ忘れも禁物!

足で操作できて、両車輪にかかるものがおススメ

ストッパーには、手動式と足踏み式があります。

荷物で手が離せない時に、足踏み式が便利です。

ストッパーは、片車輪だけでなく、

両車輪にしっかりかかるものにしましょう。

4・リクライナー、フットレスト

5・ほろ

4・リクライナーについて

ママの疑問

背もたれの角度調節は必要ないという人もいますが・・・

答え

背もたれが倒せるものなら

ごく月齢の小さなうちからも使えます。

リクライナー(背もたれ)

フットレスト(踏み台)

選ぶポイント

  • 安全性
  • 振動の状態
  • 姿勢の切り替え装置など

細部まで調べて

赤ちゃんにとって

乗り心地の良いものを選んであげましょう。

赤ちゃんは

いつも起きているとは限りません。

リクライナーを倒してあげると

スヤスヤ眠っている赤ちゃんにムリがかかりません。

リクライナー

切り替えは3段階ほどが一般的のようです。

  • 90度
  • 120度
  • 150度

(フットレスも調節できるものがおススメ)

5.ほろ

ママの疑問

ほろは邪魔のように感じます。

あかちゃんがどうしていいかわからないし、

第一赤ちゃんも外がみえません。

答え

ほろは、アクセサリーではありません。

ほろの役割

飴や強い日差しから赤ちゃんを守ること

不意の雨にあたったときに、

ほろの役割がつくづくわかります。

機能

とりはずせて動くほろが選ぶポイント

あまりにも防備に過剰では、

かえって日光浴ができません

ママの目も届きにくいです。

場合によってとりはずしのできるものにしましょう。

汚れたら取りかえられるものが便利です。

弱いホック式のものは

強い強風や突風ではずれることもありそうです。

しっかりとしたものが良さそうです。

6・折りたたみ
7・乳母車とベビーカーの違い
8・使う時の注意点
9・お手入れ方法

6・折りたたみ

ママの疑問

便利です。収納場所に困ってしまいます。

折りたたみですが、そんなに小さくなりません。

答え

縦長に折りたためられて、立てかけられるものが良いです。

便利です。

折り畳みは2操作以内で

簡単に折りたためるものが便利です。

赤ちゃんのいす

最近の育児用のいすには、

ベビーカーの座席のように、

背もたれの角度が調節できるものがあります。

ゆりかごのように、

ロッキングが楽しめるものも出ています。

長時間、使用する時には

赤ちゃんの姿勢に気をつけてあげましょう。

乳母車とベビーカーの違いは?

乳母車

ゆりかごを車輪の上にのせた形で車体も丈夫です。

乳母車の中に赤ちゃんを寝かせたり、

おすわりさせたりできます。

赤ちゃんにとっては最適な環境ですが

ママはスペースをとるので置き場に困ります。

ベビーカー

いすが車輪にのった形です

普通はいすのスタイルで使います。

軽くて折りたためることが長所です。

アパートや電車の中でも扱いやすいことが人気です。

使う時の注意点

いつごろからのせて良い?

首がすわり、おすわりが安定する

生後7ヶ月過ぎからが適当のようです。

自分の体を支えると同時に、

ベビーカーの動きにも応じられる余裕が出てくるので安心して載せられます。

生後2ヶ月頃から

ねんねや背もたれの姿勢で

外気浴程度に使えます。

乗せる時間は?

長時間、同じ姿勢をつづけると疲れてしまいます。

振動でも神経が刺激されるので、睡眠にも影響します。

許容限度は

30分から1時間

遠出の場合

バスタオルを持参して、

クッション代わりに敷いたり、

眠った時の肌の覆いに使いましょう

絶対にそばを離れないこと

ママの立ち話や買い物のすきに、転落事故が起こりやすくなるそうです。

赤ちゃんのつかまり立ちが始まったら危険です。

おくるみや、クッションがわりの布団など、

厚みのあるものをベビーカーの中に入れないようにしましょう。

お手入れ方法

長持ちさせるためには

雨ざらしは禁物

よく、玄関先にベビーカーが放置されているのを見かけます。

スチール製は濡れると、さびの原因に。

ベビーカーがギシギシきしんで走行性も悪くなります。

やむを得ず、屋外に置く時は、カバーをかけておきましょう。

付属のカバーは、頭の方だけが隠れていてスッポリしていないものもあります。

隙間から、雨のはね返しをうけてしまうので注意が必要です。

お手入れ

車輪や、泥除けの部分のメッキは、見栄えのするハンドルなどに比べるとお粗末。

水たまりに入ったりすると、すぐにさびてしまいます。

泥がついたらすぐにふき取りましょう。

たまには、カーワックスなどを塗ると良いです。

さびてしまったら、200番程度の粗さのサンドペーパーで、さびを落とします。

さびを、はけで払ってから、ラッカーまたは、エナメルを塗ります。

スプレー式のものが便利です。

部品の交換

長くベビーカーを使っていると

ブレーキが利かなくなってきます。

車輪がはずれることも。

購入する時にお店に聞いておくとよいこと。

  1. あちこちに故障が目立ってきたら、どの程度のアフターサービスをしてくれるのか確認しておきましょう。
  2. 部品の交換ができるかどうかを確かめておきましょう

特に傷みやすい「ほろ」は、ときどきかえたいものです。

最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-イベント(行事)・お役立ち情報・災害

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.