Men-Sports サッカー

サッカー大迫勇也の半端ないっての名言秘話は戦友キャプテン中西隆裕

投稿日:2018-06-21 更新日:

FIFAワールドカップロシア大会のコロンビア戦に勝利した侍ジャパン!

おめでとうございます!

大迫勇也選手の活躍に贈られたエールには

「大迫、半端ないって!」

この名言を作った人物は、

高校時代の強豪チームのキャプテンを務めた

中西隆裕さんでした。

「大迫、半端ないって!」のエピソードや中西隆裕の現在について

それから大迫勇也さんとはどんな人物なのかを

掲載してみました。

大迫、半端ないってのルーツ

滝川第二高校出身の中西隆裕さんは

(当時高校3年生)

「大迫、半端ないって」の試合

2009年

第87回全国高等学校サッカー選手準々決勝で

大迫勇也さんのチーム・鹿児島城西に

中西隆裕さんのチームが完敗しました。

大迫勇也さんが、

10得点10アシストを決めて勝利。

中西隆裕さんは、

なかなかの負けず嫌い!悔しくて、

試合後のロッカールームで号泣しながら叫んだ動画が語り草になっています。

「大迫、半端ないって」

と叫ぶ姿が話題を呼びました。

動画の再生回数は450万回を超えたとか。

ロッカールームに戻ってから

「大迫 半端ないって」

「アイツ、半端ないって」

「後ろ向きのボール、

めっちゃトラップするもん」

「そんなのできひんやん 普通」

後に、中西隆裕さんは、

「大迫 半端ないって」と言った時の心境を

監督にあかしました。

中西さんは

「負けて、みんなを和ませたくてやった」

とあかしています。

この試合の後で、

滝川第二高校のサッカー監督は、

大迫勇也さんのもとへ行って

言葉を交わしました。

監督の言葉

「大迫君は大会で良いプレーをするけれど、

日本代表になっても良いプレーをすることを

応援しているよ」

大迫選手の言葉

「ありがとうございます。」

そんな言葉が交わされたそうです。

戦友の大迫勇也さんが

2018年FIFAワールドカップロシア大会の

メンバーに選抜されると、

中西隆裕さんはエールを贈りました

「日本代表でも、半端ないプレーを見せてほしい」

かつてのライバルは良き戦友ですね

男の友情っていいものです。

中西隆裕さんとは?

プロフィール

名前 中西 隆裕(なかにし たかひろ)

生年月日 1990年7月11日

身長 177㎝

ポジション DF(ディフェンダー)

元、滝川第二高校の主将

U-18JFA選抜

高校時代、

滝川第二高校のキャプテンを務めました。

大学は関西大学へ進学

大学卒業後

サッカーを引退してサラリーマンの道へ

どうして引退したのか?

中西隆裕さんは、

大学時代もサッカーをしていました

しかしプロの道には進みませんでした。

その強さは、

JFAU-18の選抜にもなった実力の持ち主。

子供の頃からサッカーを一筋に頑張ってきた中西隆裕さん、

大学時代はなかなか試合に出場出るチャンスが来ませんでした。

プロになるには実力がないと感じてしまったようです。

大学3年生の時に

卒業後の進路を決めることを、迫られました。

真剣に将来のことを考えて、

大好きだったサッカーをあきらめ、就職を希望

引退となりました。

中西隆裕さんは、

サッカーをやりきったと言い、

引退したことに悔いはないと

語っているそうです。

噂では三井住友銀行の

岡山支店で働いているとか。

大迫勇也がMFからFWへ転向した理由

サッカーを始めたのは3歳から

スポーツ少年団で始めました。

子供の頃から上手な選手の下で

プレーしていたようです。

小学生の時にはプロの選手になることを

目標にしていました。

子供の頃の性格は目立つことが嫌いな

シャイな少年とか。

人目を気にして

家の前で練習していたそうです。

小学5年生から、

健康のことを考えて、

炭酸飲料水を飲んでいないそうです。

中学時代は、鹿児島育英中学校へ進学

中学時代のポジションはFW(フォワード)

監督は

大迫勇也さんのプレーを見て

足が速いことに気づきました。

1人2人と、抜いていく姿が、

とにかく上手かったそうです。

ゴール近くでプレーさせたら

面白いんじゃないか?

そこでFW(フォワード)をやらせてみると・・・

キラキラ輝いたそうです。

そういったいきさつから

MFからFWへ転向しました

 

大迫勇也さんの高校時代

鹿児島城西高等学校に進学

サッカー部へ入部しました。

1年生からレギュラーとなった理由

今ではサッカー名門で知られるようになりましたが

大迫勇也さんが入学した時は、

サッカー部ができてから2年目でした。

先輩がいないので、

すぐにレギュラーになったそうです。

もともと強い選手なので

高校入学と同時にU-16日本代表に選出

U-17代表候補に選抜されましたが、

落選して出場を逃しました。

大迫勇也さんが、鹿児島城西高等学校を選んだ理由

先輩がいない!

気をつかわずに思い切りサッカーができる

と思ったと答えています。

さすがです!

目の付け所が違います。

現在の鹿児島城西高等学校は

鹿児島県は

日本全国の中でも

サッカー名門が多いことで

知られています。

大迫勇也さんが入学した頃は

できたばかりのチームでしたが、

卒業することには、

名門チームのひとつに加わりました。

高校時代のエピソード①

決勝戦:鹿児島城西 2ー3 広島皆実

この時の試合は負けてしまいました。

それなのに、

なぜ注目されるのかというと?

1大会での最多得点記録を更新しました。

9点を、

大迫勇也さんが獲得したことにあります。

この記録を、現在やぶられていないことが

すごいですよね。

表彰式では、一度はメダルを首に下げましたが、

すぐに外したようです。

他の選手はメダルをつけて

表彰式に臨みました。

大迫勇也さんは、

負けたことに不満をもっていました。

他の選手とは見ている世界が違うようです。

もっと、ずっと先のことが

見えていたのかも知れませんね。

高校時代のエピソード②

2009年5月31日の試合

(大迫勇也・当時18歳)

鹿児島城西 6-1 鹿児島実業

この時は、6点のうち、5点を

大迫勇也さんが入れました。

勝つことにこだわった大迫勇也さんは、

なかなかの負けず嫌いのようですね。

いつも今より先にある

サッカーを見つめてプレーしていました。

大迫選手さんの拠点と強み

現在、ドイツを拠点にサッカーをしています。

ドイツで磨いた技は、負けないサッカー

大迫勇也さんの身長は182㎝、

日本の選手の中では平均的ですが、

世界を相手にするときには、

小柄な方の選手となります。

ドイツで厳しい練習を積み、

学んできたことは、

相手を競り合いながら得点を押し込める激しいプレー

2018年のワールドカップ、コロンビア戦で披露しました。

サッカーは手は使っていけないというルールがあります。

使っていもいいのは「腕」です。

大迫勇也さんは、

体幹を鍛え自分の体をバランスよく

上手くつかいます

相手の体の動きを利用することも上手い選手です。

上手く腕を使い、相手を背負いながら、

チームに少しでも良いパスを出していきます。

2018年

FIFAワールドカップロシア大会の

コロンビア戦でも、

ベテランの本田圭佑選手との練習が

活かされた試合となったことに感謝しています。

今後の活躍にも期待しちゃいます。

 

2014年のFIFAワールドカップブラジル大会では

コロンビア 4-1 日本

コロンビアが勝利しました。

2018年のFIFAワールドカップロシア大会では

コロンビア 1-2 日本

日本が勝利しました。

試合前は・・・

前回の試合で

コロンビアチームがみせた圧倒的な強さや、

ロシア大会直前の監督交代などで

不安があった中での勝利に

日本中がサッカーの

注目度が一気に上昇しました。

西野ジャパン!

さすが持ってる侍ジャパンは

何かが違うようです。

西野監督・2018年ワールドカップ就任の記事はこちら

大迫勇也さんのプロフィール

名前 大迫 勇也(おおさこ ゆうや)

生年月日 1990年5月18日

出身地 鹿児島県

身長 182㎝

既婚者

妻:モデルの三輪 麻未(みわ あさみ)

(2014年、23歳)

大迫勇也さんさんより2つ年上

生年月日 1988年11月29日

(オスカープロモーションに所属)

出身地 東京

最終学歴 大妻大学卒業

2014年3月に結婚

(なれそめは知人の紹介で知り合いました)

2014年10月に第一子出産(女児)

2018年、3歳になりました。

大迫勇也のが学歴

  • 中学校 鹿児島育英中学校
  • 高校 鹿児島城西高等学校
  • 大学 中央大学

クラブ歴

  • 2009年ー2013年 鹿島アントラーズ
  • 2014年 TSV1860ミュンヘン(ドイツ)
  • 2014年ー2018年 FCケルン(ドイツ)
  • 2018年ー ブルーメン(ドイツ)

ポジション FW(フォワード)

利き足 右

所属 FCケルン(ドイツ)

ワールドカップ出場 2回目(2018年現在)

大迫勇也さんの2018年のワールドカップ後の活動

2018年ワールドカップロシア大会で活躍した大迫勇也さんは

今シーズンから加入したドイツ1部リーグのブレーメンでサッカーを開始しました。

背番号は「8番」です

大迫勇也さんは新天地で

「ワールドカップが終わって環境を変えられたのが良かった」とあかしています。

「気持ちをもう一度、奮い立たせられるモチベーションがある」そうです。

燃え尽き症候群ではないということがわかりました。

コロンビアとの対戦では2-1の勝利を点をあげて日本チームに勢いをつけました

大迫勇也さんは

「いい戦いができたけれど、もう終わったこと」などと次のサッカーを見据えています。

ドイツのブレーメンの監督・コーフェルト監督は

大迫勇也さんに視野の広さやパスのセンスを高く評価しています。

ドイツのブルーメンの攻撃陣の組み合わせを練習は

大迫勇也さんの長所でもあるリズムを作ることとFWの技術も磨いているそうです

2018年のワールドカップロシア大会の得点が自信と余裕につながったとあかしていました

最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, サッカー

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.