Men-Sports サッカー

サッカー観戦でよく聞く言葉やルールをビギナー向けに簡単解説

投稿日:2018-06-24 更新日:

世界中で楽しまれているサッカー競技

その魅力のひとつには、ルールがわかりやすいことがあげられるようです。

サッカー観戦でよく聞く言葉やルール

知っているようでアレ?ということを

ビギナー向けの簡単に解説していきます。

言葉の通じない異なる人々が、同じ競技場(フィールド)で

楽しむことができるサッカーがもっと身近になりますように!

サッカー競技の中で禁じられている行為(ファアル)

サッカー観戦しているとファアルという言葉が出てきます。

どんなルールがあるのか大まかに解説します。

サッカーの競技の中で禁じられている行為とは

  • 他の選手をケガさせる可能性があるような危険な行為を行うこと
  • プレー中に意図的にボールを手で扱うこと

(自分のペナルティエリア内のゴールキーパー以外)

  • 相手の進路を妨害する
  • レフェリーの判定に従わない
  • 非紳士的行為

(スポーツマンとして恥じるべきこと)

(相手チームやレフェリーに暴言をはくこと)など

例外「オフサイド」

オフサイド

このルールは、

ゴール前でボールをもらうために

待ち伏せすることを

禁止するためにつくられました。

おおまかにいえば、

「ボールをもった選手が、

後方から2人目の相手チームより

相手ゴールラインに近い場所にいる選手に

パスをしてはいけない」というルールです。

ただし、次の場所にいるときは、あてはまりません。

1・フィールドの味方、半分以内にいる時

2・相手選手がゴールラインから自分と同じ距離で並んでいる時

ここで紹介したのはおおまかなルールです。

サッカー選手はルールにのっとって試合を進めなければなりません。

ルールが守られているかどうかは、

レフェリーがチェックをしています。

サッカーの戦術について

サッカーチームは11人で行われます。

それぞれの選手に活躍する場所

つまりポジションが与えられています。

サッカーのポジションは大きく4つに分けられています。

それぞれに役割が設けられています。

「FW」(フォワード)

活躍の場所

相手チームのゴール付近の場所

役割

シュートして点を取ること。

他の選手がシュートをうまく決められるようにサポートします。

「DF」(ディフェンダー)

活躍の場所

自分の陣地のゴール付近の場所

役割

相手の攻撃を妨げる

いわゆる守備

サイドバックと呼ばれる、左右を守るディフェンダーや

センターバックと呼ばれるゴールの真ん前を守るディフェンダーがいます。

「MF」(ミッドフィールダー)

活躍の場所

フォワードとディフェンダーの間

役割

この2つのポジションの間でパスやドリブルによってボールをつなぎます。

「ボランチ」

活躍の場所

ミッドフィールダーの仲間

役割

より自分の陣地に近い場所で

守備的なプレーを求められることが多い役目です。

「GK」(ゴールキーパー)

活躍の場所

自分の陣地のゴール

役割

自分のゴールに点が入らないように

相手チームのシュートを防ぐ役割をします。

特徴

サッカーの中で唯一ボールを手で扱えます。

人数は1人です。

チームのフォーメーション

サッカーはチームで行うスポーツです。

勝利に向かって全員がチームプレーできるように

選手同士のルールを設ける必要があります。

これが戦術と呼ばれるものです。

ゴールキーパーは1人ですが

他のポジションはチームの戦術によって人数が異なります。

こういった戦術で決まる人数構成をフォーメーションと呼びます。

「4-4-2」や「5-4-3」といった数字であらわします。

見方

上からディフィンダー

次が、ミッドフィールダー

最後に、フォワード

こういうふうに人数をあらわします。

例えば

「5-4-3」

ディフィンダーは5人配置します

ミッドフィールダーは4人

フォワードは3人

チームのフォーメーションを決める人は

監督の仕事です。

監督はチーム全体の動きを

細かい戦術を用いて決めていきます。

ディフィンダーの守り方や

フォワードの攻撃方法なども決めていきます。

たとえば

「ゾーンプレス」

守備に用いる戦術のひとつです。

ボールをもった相手選手を何人かの選手で囲い込み、

ボールを奪う戦術です。

「ポストプレー」

相手のゴールの前で、ひとりの選手が体を張ってボールをもち、

そこを起点に攻撃をします。

「オフサイドトラップ」

相手選手がオフサイドの反則を犯しやすいポジションをディフィンダーが意図的にとる戦術

最後に

選手として活躍するためには、

技術や体力が求められます。

それから、チームごとに監督が指示するチームの戦術を理解して、

身につける必要があります。

ここでは、サッカーをふんわり楽しみたい人(ビギナー向け)にしました。

その理由は、サッカーに興味がある人に、もっと好きになって欲しいからです。

今から30年前は、日本にはプロのサッカー選手はほとんどいませんでした。

みんながプロのサッカー選手を日本に作って欲しいを願ってできたJリーグです。

少しでも頑張っている選手を理解したいという想いから掲載しました。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, サッカー

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.