Men-Sports

アントニオ猪木の現在は?壮絶な生い立ちと力道山との出会いとは

投稿日:2018-07-17 更新日:

アントニオ猪木さんは元プロレスラーの議員です

若い人は政治家のイメージが強く

プロレズ時代の「元気ですか?」はものまねで知ったようです

一方で中高年世代のイメージはプロレスラーとして活躍していた頃と懐かしむ人も多いようです

アントニオ猪木さんの恩人・力道山(プロレスラー)との出会いが運命を変えました

このプロレスラーと政界と2つの経歴を持つアントニオ猪木さんは75歳

高齢者になった現在も議員として活動しているようです

ここではアントニオ猪木さんの壮絶すぎる生い立ちと

プロレスの道へ進んだきっかけとなった力道山との出会いを調べました。

アントニオ猪木さんの現在

アントニオ猪木さん https://media2.picsearch.com/is?zx4JyTRc3Z9b3tQEkN0yBo43OCHu4a8X_qLFly2hMCE&height=120

アントニオ猪木さんは「平和」を掲げて政治の世界へ進みました

日本人は「日本が平和憲法を持った国家」であると思っている

しかし実際は世界の人はそんなこと知らない

外国の人々憲法を日本人は誰も知らないし興味がない。

ほとんどの日本も他の国の憲法を知らない

大事なことは

誰かが「日本が平和な国家であり、友好関係を結ぼうと訴えなければならいこと」なんです

アントニオ猪木さんは車いすで「平和」の活動を現在もしていました

2018年9月6日

  • 元プロレスラーのアントニオ猪木議員は北朝鮮へ出国しました

経由地へ中国・北京を経て北朝鮮へ入国

2018年9月9日

  • 北朝鮮健康70年の記念式典に出席しました

公の場に登場したアントニオ猪木さんは?

「車いすでお痩せになっていました」

車いすの理由は?

「腰の治療のために入院」していたそうです

大事をとって車いすを利用したことを説明しました

アントニオ猪木さんの他の病気は?

以前から持病の糖尿病があるそうです

健康診断(身長)

以前は190㎝あった身長が現在は180㎝(多分185㎝位)に縮んだことを発表しています

プロレスの師匠・力道山が身長を4㎝多く公表していました

当時の弟子は習って4㎝多く公表していたようです

そのことから現在185㎝位と推定されます

北朝鮮に出国した真意とは?

「恒例だから」と答えました

アントニオ猪木さんと北朝鮮について

アントニオ猪木さんが北朝鮮を訪れたのはいつ?

1995年にプロレスのイベントで北朝鮮を訪れました

イベント「平和のための平壌国際体育・文化祝典」です

この時は国会議員の肩書よりも

力道山の弟子として入国したようです

アントニオ猪木さんは日本政府や国民の感情の意思を汲まない形で交流を続けてきたといわれています

訪問先では国賓待遇で迎えられるようになりました

これまでどれくらい北朝鮮に行っているの

27回(2018年現在)といわれています。

どうして交流があるの?

アントニオ猪木さんはあるスポーツ紙に先生の娘が北朝鮮にいることが書いてあったことで存在を知ったとか

アントニオ猪木さんの先生とはどんな先生なのかはわかっていません

しかしアントニオ猪木さんはこの時まで力道山の出身が北朝鮮だと知らなかったそうです

アントニオ猪木のブラジル時代(幼少期)

猪木さんの家族は12人

なんと10人兄弟で9番目の子供です。

  • お父さんは猪木佐次郎

アントニオ猪木さんが5歳の時に逝去されています。

お父さんの職業は政治家だったそうです。

実家は石炭問屋を経営していたそうですが、

昭和初期にエネルギー資源が石炭から石油に代わるときに倒産しました

お父さんを早くに亡くしたので記憶があまりないそうです

  • お母さんは猪木文子さんといいます。

アントニオ猪木さんは夫を亡くして母に女手一つで生きました

生まれた頃は戦時中だったので食べ物や物資がなかったそうです

子供の頃の生活は貧しかったと語っていました。

長男は戦死しています。

ブラジルへ開拓民

13歳になると貧しい生活から抜け出せるかもしれないと

希望を持って一家でブラジル・サンパウロに渡りました。

そこでは農場で過酷な労働を強いられたそうです。

朝早くから夕方までコーヒー豆の厳しい条件の労働で

逃げ出す人は連れ戻されてひどい目にあわされました。

人間としての尊厳を持っていることがやっとだったそうです

アントニオ猪木さんのスポーツ

ブラジルでは陸上競技の選手となって現地の大会に出場

砲丸投げで優勝したそうです。

アントニオ猪木と力道山との出会い

アントニオ猪木さんがプロレスラーになるきっかけは?

ブラジルの生活が1年半年ほど過ぎた頃です

1960年4月11日

プロレスラー・力道山(りきどうざん)が

ブラジルに遠征でサンパウロを訪れました

アントニオ猪木さんを一目見てスカウト!

力道山はアントニオ猪木さんに一言

「オイ、裸になれ」

上半身だけ脱がされ背中の筋肉を見て合格にしたそうです。

このスカウトで家族は日本に帰国することができました

アントニオ猪木さんが力道山を恩師とする理由

力道山にスカウトされなければ

家族を一緒に連れて帰ってもらえなければ

アントニオ猪木さんの家族はコーヒー豆の過酷な労働をいつまでも続けなければなりませんでした

貧しい生活から抜け出すためにブラジルに開拓民として行きましたが日本に帰るお金は持っていませんでした

アントニオ猪木さんが日本でプロレス

力道山のもとで日本プロレス界に入団します。

プロレスのデビュー年:1960年9月30日

この時は本名:猪木寛至(かんじ)でデビューしました。

ジャイアント馬場さんと同日デビューです

アントニオ猪木さんのデビュー後は?

アメリカのプロレスラー

「サニーマイヤース」からも

トレーニングをオファーされています。

アントニオ猪木の名前はいつから?

1962年11月9日

沖縄県那覇市で長沢秀幸との試合で

リングネーム

「アントニオ猪木」に改名

名付け親:先輩プロレスラー「豊登道春」(とよのぼり みちはる)

理由:ブラジル帰りの

日系ブラジル人であることを

強調したかったから

力道山の付き人時代とは

アントニオ猪木さんは力道山に見出されたことで

日本に帰国することができました。

本当に嬉しかったと語っていました。

日本の貧しい生活から抜け出すために

ブラジルに渡った日本の人々は

もっとひどい生活が待っていたからです。

力道山とは?

日本でプロレスラーの道に進んだアントニオ猪木さんですが

力道山も一筋縄ではいかない相手です。

付き人時代は力道山のやんちゃぶりに振り回されていました。

ここでは書けないような悪質な可愛がりがあったようです。

それでもアントニオ猪木さんは

ブラジルでの生活を考えると我慢できたと後に語っています。

朝、家を出る時、行きたくないと思ったこともあったそうです。

お母さんが背中を押して見送ってくれたとか

力道山と一緒に帰国できたことは

家族みんなの恩人とされていたようです。

力道山について

力道山は筆者が生まれる前に逝去されています。

でも力道山が凄いプロレスラーだったことは

両親や旅先で知ることになりました。

遠征先でアントニオ猪木さんを見出したように

日本の遠征先でも奇跡を起こしているからです。

東北地方に福島県会津若松市では馬刺しが特産品のひとつです。

力道山が遠征に来るまで馬刺しを食べるという文化がなかったそうです。

会津の土地で体力をつけるために

馬刺しの料理方法を教え

自ら食してプロレスで人々を楽しませたと語られています。

その後、会津では馬刺しが親しまれ

旅行で訪れる人々の楽しみの一つとなっています。

別名・さくら刺身と呼ぶようです。

熊本県の馬刺しとは少し風味が違うようです。

アントニオ猪木さんは力道山の付き人時代

やんちゃすぎる力道山ですが遠征先の土地の人に尽くしている姿も見ていたからかも知れません。

アントニオ猪木さんは後に、力道山にはいろんなことを教わったと言います

語り尽くせないそうです。

アントニオ猪木さんは力道山が逝去してから自身で横浜の出身ということをあかしました。

みんなブラジル人だと思っていたそうです。

1994年に引退

その後、アントニオ猪木さんはお父さんが生前、職業としていた政治家の道へ進みました。

5歳の頃に亡くなっているので記憶はほとんどないそうです。

社会貢献という道筋は力道山の背中を追っているのかもしれません。

アントニオ猪木さんが政界へ進出

プロレスで世界平和への貢献を目指して活動してきました

1989年

  • 「スポーツを通じて国際平和」を旗揚げ
  • 「スポーツ平和党」と結成
  • 第15回参議院議員通常選挙に比例区で当選
  • プロレスラーで初の国会議員に当選しました

アントニオ猪木さんが初めて国外の外交したのは?

キューバです

当時のカストロ議長と会談しました

当時に日本はアメリカとの外交が活発でしたがキューバを訪れた実績がありませんでした

アントニオ猪木さんは「平和」外交のために

キューバの「スポーツ大臣」に会い

その次に「産業大臣」に会い

最後に「カストロ議長」と会談することができました

アントニオ猪木さんはカストロ議長との親交を深める活動をしています

1990年

湾岸戦争時のイラクに在留している

日本人41人は国外移動禁止となっていました

この解決に重要な役割を持つことになりました

詳細

アントニオ猪木さんはイラクで

「平和の祭典を開催」することを発表しました

当時の日本政府は

日本人41人の解放に向けた話しが進んでいませんでした

アントニオ猪木さんがイラクへ入国することは

命の補償ができないと難色を示して反対されています

アントニオ猪木さんは自費でトルコ航空機をチャーターして入国

アントニオ猪木さんは一国会議員でしかないので

関係者や現地の人々から

「いつ撃たれるかわからないからと外出を制限されていました」

しかし街中をランニングしている姿をイラクの要人が注目して

サダム・フセイン大統領の長男・ウダイ・フセインと会うことができました

その後は国賓扱いで迎えられたそうです

そして現地でプロレスイベントの成功と

友好関係を築くことを熱心に語り伝え

イラクで「平和祭典」と開催

12月2日・3日の2日間

  • ロックコンサート
  • 日本の大太鼓などの伝統芸能
  • 空手トーナメント
  • 最後にプロレスの祭典を成功させました

イベントの開催中に家族の面談は許されましたが41日の解放までは至りませんでした

日本へ帰るフライト直前に

イラク政府から「大統領からお話しがあります」と告げられ

アントニオ猪木議員だけ飛行機を降りて

12月5日

イラクに留まっていた41人の解放がきまりました

12月7日

日本人41人全員を連れて帰国

1992年7月

  • 第16回参議院議員通常選挙に当選

なおアントニオ猪木さんの触発されてロックミュージシャンの内田裕也さんが出馬しています

内田裕也さんについての記事はこちらです

1995年4月28日・29日

  • 北朝鮮で「平和のための平壌国際体育・文化祝典」が開催されました
  • 参議院選挙で落選
  • 江本副代表から党の運営を巡って対立

  • その後、スポーツ平和党は主だった政治活動を行わなくなります
  • 2007年3月に公式サイトを閉鎖

2013年

  • 第23回参議院議員通常選挙で
  • 日本維新の会から比例代表で出馬・当選

2015年

  • 日本維新の会を離党
  • 日本を元気にする会を結党

2016年

  • 日本を元気にする会・無所属会を解散
  • その後、無所属クラブに異動しました

アントニオ猪木さんのプロフィール

名前:アントニオ猪木(いのき)

本名:猪木寛至(いのき かんじ)

生年月日:1943年2月20日

年齢:75歳

出身地:神奈川県横浜市鶴見区

出身校:横浜市立寺尾中学校

結婚歴:現在の妻は4度目

1度目:1964年・アメリカに修行中に

アメリカ人(リンダ)と結婚

その後、離婚

子供は不明

2人目:1971年・女優の倍賞美津子と結婚

1987年:アントニオ猪木の不倫騒動が原因で離婚

子供は授かりませんでした。

3人目:1989年・一般人(22歳年下の女性と)結婚

2012年:アントニオ猪木の浮気が原因で離婚

子供は1990年に第一子(男児)が誕生

4人目(現在の妻):2017年2月20日

元カメラマンで30年にわたりビジネスパートナーの女性(16歳年下)と結婚

身長:190㎝

職業:政治家

(元・プロレスラー)

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.