Men-Sports 男子テニス

錦織圭がテニストップ10復帰が険しい・生い立ちは強いが女運は?

投稿日:

錦織圭さんはプロテニスプレイヤーです

2018年テニスのロジャーズカップに男子シングルスで出場しました

初戦で完敗したことでトップ10復帰が険しくなりました

錦織圭さんは観月あこさんと熱愛を目撃されてから

ケガに悩まされたり

試合の結果が振るわないなどから

観月あこさんとの相性がよくないのでは?

などと取りあげられてきました

2018年になり錦織圭さんのテニスプレイが良くなってきたので観月あこさんの印象もやや良くなっています

ここでは2018年8月7日現在の錦織圭さんのテニスとプロフィールを掲載します

錦織圭さんがトップ10険し!

テニスのロジャーズカップに錦織圭さんが出場しました

日時:2018年7日

開催地:カナダ国・トロント

種目:テニス男子シングルス

対戦相手:ロビン・ハーセ

(オランダの選手で世界ランキング39位)

結果:5-7、1-6

錦織圭さん(世界ランキング22位)が敗れました

この結果でトップ10に復帰することが難しくなっています

この大会は2年前に準優勝した得意の大会です

ツアーは格付けの高いマスターズの大事な大会でした。

錦織圭さんはこの大会の成績次第では

世界ランキングの上昇が見込めていました

2018年8月7日現在の世界ランキングは22位

錦織圭さんの試合は序盤は良かったのですが

次第にフォアミスが多くなり、格下のロビン・ハーセに攻められて

結果はストレート負けに!

コートは赤い土から芝に変わるなど環境の変化も選手との相性もあります

ロビン・ハーセにリズムを取られると流れを変えることができませんでした

錦織圭さんの最近のテニスプレイの傾向はショットのタイミングが掴めていないようです

フォアミスが多かったですが自身ではプレイは悪くないとされています

先週行われたシティ・オープンで8強に入りと

ウィンブルドンから錦織圭さんのテニスプレイは好調に向かっていました

この大会で完敗したことによって

マスターズではシードがつきません

次の試合も1回戦からの挑戦になります

コーチ・ボッティーニさんは

「ひどい試合」

「なぜ負けるのかわからない」

錦織圭さんが交際されていると報じられている観月あこさんとの関係は良好のようです

観月あこさんと熱愛交際が始まってから

錦織圭さんはケガに悩まされたり試合の結果が振るわないなどから観月あこさんとの相性がよくないのでは?ととりあげられてきました

2018年になってからは錦織圭さんのテニスプレイが良くなってきたので観月あこさんの印象もやや良くなってきていました

錦織圭さんは

「ミスが多かった、それが一番の原因」

「試合は回数をこなすことが一番の自信になる」

「自分のプレイも悪くないので気持ちを切り替えて次の大会に向かいたい」

などと自らの精神を奮い立たせているそうです

次回も1回戦からの挑戦とは錦織圭さんらしくないですね

目の前の1勝を積み重ねることしか上に行く道はありません

錦織圭さんのテニスは大きく飛躍する前は少し身を低くしてランクをあげてきました

敗退した後の伸びしろが計り知れない選手です

錦織圭さんの強さをいつまでも観戦したいものです

錦織圭さんの生い立ち

家族について

錦織圭さんの家族は4人家族です

両親とお姉さん(玲奈)がいます。

お父さんの名前は清志さん

職業は森林土木系の技術者です

お母さんの名前は恵理さんといいピアノの先生をしています

錦織圭さんがテニスを始めたのは?

5歳の時です

お父さんが会社の社員旅行で

ハワイに行ったお土産が

子供用のテニスラケットでした

このお土産きっかけで始めるとメキメキ才能を開花されていきます

両親は家族4人でテニスを始めようと思ったそうです

テニスの絆

錦織圭さんは自宅前の壁打ちを始め、姉・玲奈さんと公園や広場を見つけるとテニスをしました。

お姉さんには負けてばかりいて初めて飼ったのは小学6年生の時のようです

錦織圭さんの両親は子供に「やりたいことをやらせる」方針でした。

子供がやりたいことは徹底的にサポートするそうです

お父さんも次第にテニスに参加するようになり

お母さんは点数を付ける係となってテニスを頼んでいたそうです

週末になると家族でテニスを楽しんだ後は

祖父母の家に遊びに行くことが定番の過ごし方でした

錦織圭さんがやってきた習い事とは

  • サッカー
  • 水泳
  • 野球
  • ピアノ
  • 英会話

などいろいろやらせてみて子供が好きな事や持って生まれた才能を見ていました

その中でもサッカーとテニスが好きで

サッカーは小学校の高学年まで続けました

ポジションはMF(ミッドフィールダー)

錦織圭さんがテニスよりも早くサッカーに目覚めていたらサッカーになっていたかもしれないと思ってしまいます。

ピアノと英会話は1年も続かなかったそうです

後にアメリカに留学したのですぐに上達しています

錦織圭さんが本格的にテニスを始めたのは?

6歳の時です

本格的に松江市の「グリーンテニススクール」に通い始めました

コーチは柏井正樹さん

中学1年生の夏まで(約8年間)指導されました。

錦織圭さんはテニスのセンスが良くコーチの指示を理解することが早かったそうです。

特にボールのコントロールが上手かったとか

他の選手とは確実に違っていたので通常の練習のほかに

個別に無料で指導していました。

2001年(小学6年生):全国選抜ジュニア選手権

結果:優勝

同年:全国小学生選手権

結果:優勝

同年:全日本ジュニア12歳以下

結果:優勝

この時の両親は「今、世界で何位なのか?」

いつも考えていたそうです

名前に「圭」と名付けた時

「世界に羽ばたくようにと願いを込めた」だけでなく

しっかりサポートされていました

錦織圭さんのアマチュア時代

錦織圭さんと松岡修造さんとの出会いについて

2人の出会いは松岡修造さんが主催の合宿「修造チャレンジ」です

錦織圭さんが小学5年生の時に参加しました。

その頃の錦織圭さんの愛読書は「テニスの王子様」で主人公を真似て技を磨いたといわれています

この合宿で松岡修造は錦織圭さんの才能を見抜いたそうです。

松岡修造さんは「圭にテニスを教えることができない」

「圭のテニスは、僕ではわからない次元」

などといわせるほど才能を秘めた選手だったようです

プロテニスに転向してからも交流が続いています

松岡修造さんは錦織圭さんに対して「負けず嫌い」とあかしました

「なんとしてもたすけてやりたい」と思ったそうです

修造さんも相当、負けず嫌いですよね

錦織圭さんがアメリカ留学へ

2003年:中学2年生(13歳)の時、アメリカに留学しました

支援したのは盛田正明テニス基金でした

この基金は若い日本人選手の育成を目的とした私設・盛田正明テニスファンドの審査を受けて合格

(私財を投じて設立した盛田正明ファンド)

盛田正明さんはテニス協会の名誉会長でソニー創業者の森田昭夫さんの実の弟です。

当時は設立4年目で実績もそれほどありませんでした

盛田正明さんはまだ13歳が親元から離れて異国の地に行く錦織親子を気遣っています

両親は教育に熱心だったので義務教育の途中ということも悩んだことのひとつになっていたようです

錦織圭さんの才能が一流のプロテニスに匹敵すると確信した周囲に押されて強化選手に選抜されました。

アメリカ合衆国のフロリダを拠点に

テニスの名門「IMGテニスアカデミー」に参加すると

アメリカの生活が合っていて

シャイだった性格が明るくてオープンに変わったそうです。

他にも日本人選手が参加していたといわれています

錦織圭さんは礼儀が正しくてシャイな笑顔は変わりませんでした

後に、アメリカに来た時の心境を

「テニスに打ち込める環境を楽しく思うと同時に強くなるために来たので義務や責任感も感じていた」とあかしています

両親からみた息子・圭さんは?

錦織圭さんは日本の両親のもとに一時帰国して

アメリカに戻る時に見送りの両親や友人の愛情を感じていながらも

絶対に後ろを振り向かず空港のゲートを進んだそうです

錦織圭さんのプロテニスと恋愛相手
  • 2006年(16歳):全仏オープンジュニア

結果:ダブルス優勝

  • 2007年(17歳):プロに転向

錦織圭さんは

「一番は親の温かい励ましでここまでこられた」と語りました

ジャパン・オープンに出場

結果:初戦で敗退

対戦相手:ダビド・フェレール

このこの時の錦織圭さんは世界ランキングは200台で無名の選手でした

翌年、予選から駆け上がりダビド・フェレールに勝利しています

  • 2008年(18歳):デルレイビーチ国のテニス選手権で予選から進み

結果:ATPツアーで初優勝

決勝の対戦相手:ジェームズ・ブレーク

この試合の後、祖父は

「圭はもう家を継いではくれんのだな」と一言

遠くに行ったような気がして寂しかったんですね

祖父母の家の表札には祖父母と息子夫婦と孫2人の名前が刻んであるそうです

  • 2009年:右ひじの疲労骨折

このケガでランキングが無くなり

ゼロからのスタートに!

錦織圭さんは「次も勝たなくては」というプレッシャーと向き合っていました

その重圧からミスを繰り返しまったといわれています

アメリカ留学と高校時代はテニスに明け暮れた生活で

肉体的にも限界だったようです

錦織圭さんは両親に

「テニスをするのが辛い」と初めてメールであかしました

  • 2010年:復活

  • 2011年:腎臓結石が見つかる

  • 2011年:上海マスターズ

結果:ベスト4進出

松岡修造さんの世界ランキング46位の記録を更新して30位を出しました

  • 2011年:スイス室内

準決勝の対戦相手:ノバク・ジョコビッチ(世界ランク1位)

結果:勝利

2010年頃から交際していたと噂の女性は2人います

1人目:坪井保奈美さん(元・新体操選手)

2人目:福原愛さん(元・卓球選手)

福原愛さんの現在の記事を掲載しました

ここでは坪井保菜美さんとの恋の噂を掲載します

なれそめ

2008年:北京五輪で知り合いました

団体戦で10位

(錦織さんは福原愛さんの他の方とも出会っていたんですね)

錦織圭さんは坪井さんではなく別の選手と知り合った新体操の人と親しくなりその方の紹介で坪井保菜美さんと食事をして意気投合して交際に発展したようです

2010年:坪井保菜美さんは新体操を引退

(世界選手権では4位を獲得)

早稲田大学スポーツ科学部に進学して栄養学や運動生物学を学びました。

坪井さんは「チーム圭」に加入しました

健康管理をサポートする仕事をされてます

両家は交際に好印象だったそうです

交際がスタートしてすぐに錦織圭さんは坪井さんを両親に紹介したそうです

圭さんのお母さんに「錦織家の味」を伝授してもらったそうです

このことから真剣交際が噂されました

健康をサポートする仕事に役立てたのか?

錦織圭さんの交際相手としてなのかはグレーです

なぜなら坪井保菜美さんから交際しているとあかされていないからです

その後、2人の交際に熱愛報道と注目が集まると

坪井さんは錦織圭さんがテニスに集中できるようにと

身を引いて「チーム圭を離脱」しました

錦織圭さんは一目を気にするタイプではないのですが

坪井さんとは価値観が違ったようです

2013年:坪井さんを実家に連れていき

親族との食事会の席で

「世界10位に入ったら結婚します」と宣言

錦織圭さんは4位に入った時

新しい目標ができていました

「グランスドスラムで優勝する」

その後、坪井さんとの関係はすれ違いから消滅

現在の坪井さんは新体操やヨガの先生をされています

2人の交際はあったという方もいますし

デマという情報もあります

家族ぐるみの交際だけなのかもしれません

筆者にはお似合いの素敵なカップルに見えますが…

  • 2012年:全豪オープン

結果:ベスト8進出

世界ランキング20位

  • 2012年:ロンドンオリンピック出場

結果:5位入賞

  • 2012年:楽天ジャパンオープン

結果:優勝

  • 2013年:メンフィス大会

結果:優勝

  • 2014年:全米オープン

結果:準優勝

  • 2014年:マイアミのマスターズ

結果:ベスト4

  • 2014年:バルセロナATP500

結果:優勝

  • 2014年:マドリッドのマスターズ

結果:準優勝

  • 2014年5月12日:世界ランキング9位
  • 2014年12月:世界ランキング5位

  • 2015年:メンフィス大会

結果:優勝(3連覇達成)

  • 2015年:メキシコオープン

結果:準優勝

ATPランキング:4位(自己最高)

  • 2015年:ウィンブルドンに出場

同年7月1日:2回戦で左足ふくらはぎの故障で棄権

同年7月6日:御殿場のアウトレットで観月あこさんとデート

その他にも六本木デートも目撃されています

この報道で「坪井保菜美さんとは破局?」と報じられました

観月あこさんのプロフィールはこちら

2016年:メンフィス大会

結果:優勝(4連覇)

2016年:リオオリンピック出場

結果:銅メダル獲得(3位)

2017年:不調が続き手首のケガに悩まれています

2017年:ゲリー・ウェバー・オープン出場

2回戦で腰に違和感を感じて途中棄権

2017年:ウィンブルドンに出場

結果:3回戦で敗退

対戦相手:ロベルト・バウティスタ・アグー

2017年:ウエスタン・アンド・サザン・オープン

結果:手首の痛みを訴え欠場

医師から尺側手根伸筋腱の部分断裂と診断

2017年:全米オープン休場

その他の試合すべて休場しました

2018年:ツアー復帰

少しずつ成績があがってきました

2018年:ロジャーズカップに出場

開催地:カナダ国・トロント

1回戦で敗退

錦織圭さんのプロフィール

名前:錦織圭(にしこり けい)

名前の由来「世界に羽ばたいて欲しいと願いを込めて両親が名付けました」

外国でも発音しやすいように呼び名は「ケイ」です

両親の先見の明に凄さを感じます

生年月日:1989年12月29日

年齢:28歳

出身地:島根県松江市

身長:178㎝

学歴

  • 松江市立乃木小学校卒業
  • 開星中学校卒業

最終学歴:青森山だ中学高等学校卒業

利き手:右

バックハンド:両手打ち

現在(2018年)拠点:アメリカ・フロリダ

練習拠点:IMGアカデミー

コーチ(2018年)

ダンテ・ボッティーニさん

マイケル・チャン

トレーナー(2018年)

中尾公一さん

マネジャー(2018年)

オリバー・ヴァン・リンドンク

デビュー年:2007年

所属:日清食品

2018年7月30日:世界ランク20位

2018年8月7日:世界ランク22位

成績

2016年:リオデジャネイロ五輪出場

男子シングルスの銀メダリスト(2位)

錦織圭選手の使用ギア

10歳の頃からウィルソンのラケットを使用

11歳の時にこの年齢では異例の用具提供契約をウィルソンと交わしました

プロ転向後

  • n TIURⅡ
  • 「K」TOUR
  • TOUR BLX ORANGE × BLUE
  • TOUR BLX ORANGE × WHITE
  • STeam PRO
  • STeam 95
  • BURN 95
  • BURN 95 COUNTERVAIL

錦織圭さんの使用ギア

ラケット:WILSON STEAM 9.5

シューズ:Nike Zoom Vapor 9.5

テニスウエア:UNIQLO

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, 男子テニス

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.