Woman

野田聖子さんの政策が子供や女性に人気がある理由とは?

投稿日:2018-08-06 更新日:

野田聖子さんが総裁選へ立候補すると意欲を示しました

その後、準備不足のために断念すると発表

女性の社会進出に野田聖子さんのような方が出るとキラキラして素敵です

野田聖子さんの政治や政策を調べると

子供や女性に優しいことがわかります

ここでは野田聖子さんについて掲載します

野田聖子さんの政策

女性や障碍者、地方のために必要なこと

  • 「未来への投資」
  • 「制度改革」

2年間の育児休業など子育て支援を拡充して創設

  • 「女性の活躍・子供・家庭庁」
  • 「配偶者の税や社会保障を制度改革」

経済は成長率よりも持続可能性を重視

地方自立のため相続税を地域貢献の観点で見直し

トップダウンでなく双方向の政治の実行

憲法改正は未来志向の観点から検討を深化

(具体項目には触れていない)

野田聖子さんは2018年9月の自民党総裁選への立候補に意欲を示しました

自身の政策をまとめた政策集を地元の岐阜県で(8月5日)発表

その後、準備不足のために出馬を断念

準備不足の理由とは?

野田聖子さんは立候補に必要な

国会議員20人の推薦人を

確保できていませんでした

(8月6日現在)

その後(8月末)

出馬を取り下げることを発表しました

野田聖子さんの政策とは?

子供や孫の世代が活躍する2040年を見据え

  • 女性
  • 高齢者
  • 障碍者
  • 地方

などが多様性を持てるよう

「未来への投資」と「制度改革」

の必要性を強調しています

野田聖子さんが総理になった時の政策とは?

(2018年8月末現在の総理大臣は安倍晋三さん)

  • 持続可能性を生む構造改革を重視すべきだとし、アベノミクスの転換もしたい
  • 両親合わせて2年間の育児休業
  • 2歳児からの幼稚園入園を提唱
  • 女性の活躍と幼児教育を一元所管する「女性の活躍と子供と家庭庁」を創設したい。
  • 選択的夫婦別姓の実現
  • 配偶者の税や社会保障の制度の改革
  • 地方の自立性を高めるために、相続性を地域貢献の観点で見直す
  • 高速道路料金の「定額制」導入
  • アベノミクスによる金融緩和の長期化が銀行の収益を圧迫していると懸念
  • 財政再建を重視する

憲法改正に関して

「未来志向の観点から検討が深められるべき」

などと具体的な改憲項目にはふれていません

野田聖子さんは総理の出馬を断念しましたが

もしも女性が総理になったら?

ワクワクしてします

古代は卑弥呼(女性)が国を統治した時代がありました

昔と今はぜんぜん環境が違うし

テレビや新聞やインターネットで

外交の難しさも感じます

野田聖子さんの政策は外交や経済にはソフトにしか触れていません

男性は頼りなく思う人もいるそうです

女性の社会進出はまだまだイバラの道のように感じました

野田聖子さんは政治だけでなく生き方も先がけですよね

女性の生き方の幅を広げてくれました

誰よりも傷ついたり折れそうになっても頑張っている野田聖子さんのことを素敵な人だと思います

野田聖子さんの生い立ち

お父さんの転勤先だった福岡県に生まれました。

野田聖子さんが地元・岐阜県にしているのは

祖父・野田卯一さんの出身地です。

野田聖子さんの名前の由来は

東京オリンピックの年に生まれたので「聖子」と名付けられました

2020年の東京オリンピックは特別な年になりますよね

家族で何かイベントをするのでしょうか?

その時には総務大臣ではないかもしれませんが

政治の中心で頑張って欲しいと期待します

高校時代

田園調布雙葉高等学校に進学

その後、中途退学して

ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールに進み卒業

大学時代

上智大学外国語学部比較文化学科卒業

就職

帝国ホテル入社

フロント業務や国際セールス部員

野田の姓へ

1984年:祖母・野田光さんの逝去

祖父・野田卯一さんの養子となり

野田の姓を継ぎました。

野田聖子さんの子供

野田聖子さんには1人息子さんがいらっしゃいます。

名前は野田真輝(のだ まさき)さんです

現在小学2年生です。

野田聖子さんの結婚歴は

事実婚なので入籍されていないそうです

(事実婚は入籍していない男女が夫婦(パートナー)として生活すること)

名前は鶴保庸介(つるほようすけ)さん

事実婚のお相手とは解消しています

野田聖子さんの子供さんは次の男性との間に生まれました

聖子さんはこの頃から夫婦別姓を望んでいます

夫婦別姓を望んでいる理由

聖子さんは跡取り娘なので

野田の血筋を絶やさないことや

野田の姓を残すことを考えて

不妊治療を始めたそうです。

前の夫の鶴保庸介(つるほようすけ)さんとは事実婚です

夫婦別姓反対という立場の議員だったので聖子さんは悩まれたそうです

事実婚の期間は2001年-2007年

聖子さんは現在の夫とも事実婚といわれています

出産は?

聖子さんは49歳の時に不妊治療を経て50歳で出産しました

聖子さんはアメリカで卵子提供による体外受精を選択しています

アメリカ人の女性の卵子と

夫・文信さんとの精子で体外受精

その受精卵を聖子さんの子宮に着床させて出産を成功させました

育児について

出産した後、赤ちゃんに

食道閉鎖症という病気がわかったので

生後1年間で9回もの手術を行っています

ほかにも病気を抱えているとか。

赤ちゃんは聖子さんのお腹の中にいる時から

心臓疾患とヘルニアを患っていたので

生まれてからすぐに集中治療室へ入りました。

赤ちゃんの心臓には

疾患があったので

本来2本あるべき血管が

1本しかなかったそうです。

その後、食道閉鎖症や脳梗塞になり

命が危なかったこともあるそうです。

赤ちゃんは自分で呼吸することが難しくて

気管を切開して

痰を吸引するなど

医療器具をつけているので

言葉を上手に話せないそうです

赤ちゃん(真輝くん)が退院したのは

2年3ヶ月後でした

長い入院生活を赤ちゃんの頃からしていたんですね

自宅での育児

自宅に連れて帰ってからも

真輝くんは退院後に心肺停止になったことがあるそうです

聖子さんと夫・文信さんは

育児に細心の注意を払っていました

元気な子供でも熱を出したり、風邪をひいたり

いろんなことがありますよね

真輝くんはもっと大変だったと思います

  • 生後1年間で9回の手術
  • 5歳までに11回の手術

小学校について

真輝さんが小学校進学を決めたのは

特別支援学校です

聖子さんのブログであきらかにされました。

学校は「東京都立青山特別支援学校」

夫が主夫?

野田聖子さんが政界でご活躍されているので

夫・文信さんが専業主夫となって

育児をされているようです

野田聖子さんの女性の生き方に賛否両論あるようですが、不妊治療を経験した女性は辛かったと声があがります。

野田聖子さんの選択は経済力がないとあきらめるしかないとされますが、野田聖子さんは女性や障害のある人にとって住みやすい国にしたいということがわかります。

野田聖子さんの活躍に期待したいと思います。

イメージ

野田聖子さんのプロフィール

名前:野田聖子(のだ せいこ)

旧姓:島(しま)

生年月日:1960年9月3日

年齢:59歳

出身地:福岡県北九州市

最終学歴:上智大学外国語学部

前職:帝国ホテル従業員

結婚歴:あり

①配偶者:鶴保庸介さん(つるほようすけ)

2001年~2007年(事実婚)

②配偶者:野田文信さん(一般人)

2011年~

子供:野田真輝(のだ まさき)

生年月日:2011年1月6日

現在小学2年生

祖父:野田卯一(のだういち)

出身地:岐阜県岐阜市

没年月日:1997年1月29日(93歳)

所属政党:自由民主党

趣味

  • 読書
  • 映画鑑賞
  • カラオケ
  • パソコン
  • 日本酒が好き

飼い犬:フレンチブルドッグ

飼い犬の名前:キャサリン

筆者も夫婦別姓は賛成なんです

周りの人は反対といいます

先祖のお墓参りに行くたびに夫婦は同じお墓に入る必要があるのかな?

そんなふうに思います

女性は結婚して嫁つぐと姓が変わります

家に跡取りがいなければ途絶えてしまいます

もしも夫婦別姓だったら?

子供が自由にお父さんとお母さんの姓を選べたら?

もっと選択の幅が広かったら?

残せる姓があるかもしれなません

生き方も多様化しているので

生きやすくなるかもしれまん

お墓参りに行くたびに…

無縁仏の前を通るときに手を合わせて思います

人生の選択の幅が広がらないかなあと…

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.