Woman-Sports

岩崎恭子(元競泳)が五輪の金はいらないと語る姉妹の苦悩と離婚とは

投稿日:2018-08-18 更新日:

岩崎恭子さんは14歳の時に競泳の種目で五輪に出場した金メダリストです

当時、まだ14歳(中学2年生)ながら喜びのコメントで

「今まで生きてきた中で一番幸せです」と発言したことが合わさって注目された選手です

その後、競泳での活躍がされなくなりました

岩崎恭子さんは40歳を迎えた現在、当時のことを語り始めました

ここでは姉妹で競泳を始めた頃の思い

五輪への出場と金メダルが導いた姉妹の苦悩

そして離婚を発表した現在の様子を掲載します

岩崎恭子さんの結婚~離婚まで

岩崎恭子さんの結婚

結婚歴:バツイチ

1回目の夫:斎藤佑也(さいとう ゆうや)

(元ラグビーの日本代表選手)

結婚:2009年2月

離婚:2018年11月3日

挙式:三島大社

2人が出会った時の年齢

  • 岩崎恭子さんが27歳
  • 斎藤裕也さんが28歳

交際期間

4年間

なれそめ

知人の紹介

離婚理由

岩崎恭子さんの不倫のため

不倫相手はどんな人?

50代男性(一般人)

有名企業のPR会社の役員を務めているそうです

現在は離婚しているそうですが

妻と2人の子どもがいました

岩崎恭子さんは公園で手つなぎデートと中華料理でランチ、さらにタクシーの後部座席でキスがFRASHに目撃♡

キスの時間は深夜0時過ぎにマンションに帰宅

その20分後にスーツに着替えて出ていったそうです

交際相手は報道が出た後で退職しました

https://pbs.twimg.com/media/DrNfVZlU0AABYzn.jpg

岩崎恭子さんのコメント

子どもがいるのに不謹慎な行動を取ってしまいました

夫と話し合いで離婚が成立したようです

子どもの親権はわかり次第掲載します

子供:1人(女児)

2011年3月28日女児が誕生しました

(夫のウィキには20011年2月に長女誕生と出ていますが、岩崎恭子さんのウィキとオフィシャルブログ「ことばのしずく」では3月28日に出産したことが掲載されていました)

フォト

斉藤祐也さん http://yuya0428.cocolog-nifty.com/dsc00553.jpg

岩崎恭子さんと姉妹で始めた競泳の夢

岩崎恭子さんが水泳を始めたのは?

3歳年上のお姉さんの敬子さんの影響です

姉が水泳を習っていたので自分も泳ぎたいと言って始めました

当時の恭子さんは姉がやっていることは何でもマネしたくてしかたなかったそうです

姉が目標で大好きで何でも一緒が良かったと語っています

記録:姉・敬子さん

  • 中学2年でジュニア五輪2冠を獲得
  • 高校1年のインターハイで2冠を獲得
  • 平泳ぎ:100m・200m

1992年のバルセロナ五輪に候補選手でした

敬子さんは普段は穏やかで優しい性格で

いつもプールサイドで読書したり

宿題をしながら水泳の練習をしている子供でした

水泳の練習になると速い結果を出せた選手なので

妹・恭子さんは憧れていました

姉・敬子さんがトップ選手になって

全国大会に行く姿をみて

「お姉ちゃんができるんだから、私にもできる」と

姉を目標して姉の記録を塗り替えていきました

そんな妹・恭子さんのことを

姉・敬子さんは「嬉しかった」と述べています

姉妹で「五輪に行けたらいいね」と話し合っていたそうです

両親について

両親は子供がやりたいことをやらせてくれたので水泳も口出しすることがありませんでした

そのかわり、水泳をやりたくない日にサボっても何も言わなかったそうです

恭子さんは嬉しかったけれど休むとソワソワして試合では結果がよくなかったり

そこで練習を頑張るようになると何も言わず応援してくれました

恭子さんが中学1年生の時に、バルセロナ五輪に行けるかもしれないと言われたそうです

恭子さんはそんなに簡単に五輪に行けると思っていなかったのでピンとこなかったとか

「行けたらラッキー」ぐらいにしか考えていませんでした

  • 岩崎恭子さんが史上最年少の14歳で五輪・金メダリストに

妹・恭子さんは中学1年の時

全国中学校選抜大会で好成績をあげました

岩崎恭子さんはノーマークな選手でした

1992年(中学2年・14歳)のバルセロナ五輪の競泳に出場が決定

恭子さんは「決勝に残れればいいと思っています」とコメント

女子200mの平泳ぎの五輪出場できるのは2人

バルセロナ五輪の代表選考会で

  • 1位:粕谷恭子さん
  • 2位:岩崎恭子さん
  • 4位:岩崎敬子さんで落選してしまいました

記録:バルセロナ五輪

1992年:女子200m平泳ぎ

結果:1位(金メダル)

記録:2分26秒65

競泳で史上最年少の金メダル獲得記録を出しました

岩崎恭子さん14歳 https://pbs.twimg.com/media/DjGkuOtUUAIKnGH.jpg

競泳女子200m平泳ぎで金を獲得したのは

日本人として56年ぶりのことで

岩崎恭子さんは2人目のことでした

レースの直後にインタビューで

「今まで生きてきた中で、一番幸せです」と語り注目されました

この時に発した言葉が後々、岩崎恭子さんの苦悩へ導いていきます

記録:姉・敬子さん

バルセロナ五輪の予選

結果:4位

五輪のチャンスを逃してしまった

この経験から水泳を去ってしまいました

姉妹の苦悩

岩崎恭子 岩崎敬子 2017 現在

(左)妹・恭子さん(右)姉・敬子さん

妹・恭子さんがバルセロナ五輪の出場が決まった時

姉は一足先に自宅に帰ってしまいました

その道中は悔しくてずっと泣いていたそうです

その姿を見たお母さんは打ちのめされたそうです

姉・敬子さんは「私、次頑張るから」の言葉に救われたとか

その姉に気を遣って家族は

水泳の話しを一切しなくなりました

妹・恭子さんは五輪の出場権を獲得しても家の中で

お疲れさまでした&おめでとうはなかったといいます

いつもと変わらない食事風景だったそうです

それからは姉・敬子さんとほとんど話さなくなったそうです

その1週間後、恭子さんが競泳の強化合宿に出かける時、

姉・敬子さんは「がんばって」と送り出してくれました

恭子さんは自分が姉だったら言えないかもしれないと思ったそうです

その時の「がんばって」に恭子さんと家族は救われたと語っています

その3か月後、バルセロナ五輪が開幕

妹・恭子さんは自己ベストを6秒も上回り金メダルを獲得しました

金メダルを獲得した時に発した

「今まで生きてきた中で一番幸せ」がマスコミに取り上げられるたび

「そんなつもりで言っていない」と苦悩が募ったそうです

家の中ではストレスとイライラから家族に八つ当たりすることもあったとか

人が家の前にいて帰れない時もあったし

いろんなことを言われることが苦しかったそうです

家族がギスギスする中で

お母さんは明るく振舞ってくれたことが

後になって救われていたとあかしています

姉・敬子さんの(競泳)引退について

全国から注目されたのは恭子さんだけでなく

姉・敬子さんにも向けられました

姉・敬子さんは17歳で引退を決意しました

引退の理由は

「妹が五輪で金を取ったということだけではなく

その後の周りの環境の変化がすごかった」とあかしています

五輪の代表には敗れてしまったけれど

妹・恭子さんに対して「がんばれ」と応援していたとあかしました

妹・恭子さんの金メダルに対して無表情だったのは

悔しかったからではなく

妹の成長に驚いて何も考えられなかったそうです

しかし金メダル選手の有名な妹の姉となったことで

「私にも名前があるのに」と

心がすり減ってしまったそうです

「引退を選んだのは自分の責任」

「妹・恭子さんの責任ではない」とあかしています

いつまでもかわいい妹と話すところには陰りはなく

子供の頃の穏やかな性格の敬子さんがありました

そんな姉・敬子さんに対して妹・恭子さんは

「私のおねえちゃんでよかった」

「感謝しかない」と述べています

妹・恭子さんがあかす苦悩

恭子さんもまた、ストーカーや嫌がらせの電話がたくさんきたことで家族にも迷惑をかけてしまったことを後悔して「金メダルなんか取らなければ良かった」と思ったことをあかしました

姉・敬子さんが水泳をやめてしまったので、姉の水泳の夢を壊してしまったと悩んだそうです

恭子さんは姉・敬子さんに(金メダルを獲得して)「ごめんね」というのも変だし、なんて声をかけていいのかわからなかったと苦悩をあかしました。

姉妹で話すこともほとんどなくなったので水泳の練習に身が入らなかったそうです

練習をサボればいい結果は出なくなるので注目されなくなると考えたとか

もともと姉妹の夢は「一緒に五輪に行ければいいね」ということだったそうです

でも恭子さんだけが金メダルを獲得してしまったことから家族の風景が変わってしまったと苦悩していました

そんな妹・恭子さんを姉・敬子さんは「恭子せいじゃないよ」とかばってくれたそうです

姉・敬子さんは一時期、水泳を辞めていましたがしばらくすると再開して恭子さんの練習に参加するようになりました

記録:1996年:アトランタ五輪に出場

種目:女子200m平泳ぎ

結果:10位

種目:女子100m平泳ぎ

結果:予選落ち

岩崎恭子さんの引退について

1998年:20歳の時に引退

引退の理由は伝染性膿痂疹を発症(飛び火)

(でんせんせいのうかしん)とは

子供にかかることが多い細菌感染症の一種です

湿疹などを掻いたときにできた傷に菌が観戦して

かさぶたができ、広がることがあります

人からの接触により火事の飛び火のように広がることから「飛び火」ともいわれます

姉妹の現在
  • 妹・恭子さんについて

恭子さんは2018年(40歳)になり7歳の女の子のお母さんになっていました

子供達に水泳を教えています

岩崎恭子さんのアメリカ留学

2002年:24歳の時にアメリカに1年間留学

その時に5歳から10歳までの子供達の水泳のコーチをしました

この時の経験は

「この子はここを直せばよくなるのに」と

悪いところを探していたそうです

アメリカでは

「この子のよいところを褒めて伸ばす」指導方法が一般的で

褒めるところと厳しくするところのメリハリがしっかりしていることに気づいて自身の教え方や価値観が変わっていきました

その後はテレビなどで競泳のコメンテーターとして活躍しています

姉・敬子さんとも親しい交際が続いていました

姉・敬子さんについて

高校を卒業されて

ご結婚されてました

現在は

静岡県水泳連盟の理事で指導員をしています

岩崎恭子さんのプロフィール

名前:岩崎恭子(いわさき きょうこ)

生年月日:1978年7月21日

年齢:40歳

出身地:静岡県沼津市

血液型:A型

出身校

  • 沼津市立第五中学校卒業
  • 日本大学三島高等学校卒業
  • 日本大学文理学部心理学科卒業

岩崎恭子さんの結婚

結婚歴:バツイチ

1回目の夫:斎藤佑也(さいとう ゆうや)

(元ラグビーの日本代表選手)

結婚:2009年2月

離婚:2018年11月3日

挙式:三島大社

2人が出会った時の年齢

岩崎恭子さんが27歳

さいとう裕也さんが28歳

交際期間:4年間

なれそめ:知人の紹介

離婚理由:岩崎恭子さんの不倫のため

「不倫相手はどんな人?」

50代男性(一般人)

有名企業のPR会社の役員を務めているそうです

現在は離婚しているそうですが

妻と2人の子どもがいました

岩崎恭子さんは公園で手つなぎデートと中華料理でランチ、さらにタクシーの後部座席でキスが目撃♡

キスの時間は深夜0時過ぎにマンションに帰宅

その20分後にスーツに着替えて出ていったそうです

「岩崎恭子さんのコメント」

子どもがいるのに不謹慎な行動を取ってしまいました

夫と話し合いで離婚が成立したようです

子どもの親権はわかり次第掲載します

子供:1人(女児)

2011年3月28日女児が誕生しました

(夫のウィキには20011年2月に長女誕生と出ていますが、岩崎恭子さんのウィキとオフィシャルブログ「ことばのしずく」では3月28日に出産したことが掲載されていました)

主な成績

バルセロナ五輪

1992年:女子200m平泳ぎ

結果:1位(金メダル)

記録:2分26秒65

競泳で史上最年少の金メダル獲得記録を出しました

ユニバ―シアード

1995年:女子200m平泳ぎ

結果:3位(銅メダル)

現在の仕事について

2010年:第1回ユースオリンピック競泳日本代表コーチ

2010年:日本マスターズ水泳協会理事

2018年:ふじのくに観光大使

2018年:世界大会のコメンテーター

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman-Sports

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.