Men 男性音楽

川口成彦のピアノが素敵すぎる!イケメンピアニストの経歴は?

投稿日:

こんにちは りおさです

ピアニストの川口成彦さんが素敵な賞を受賞されました

どんな賞を受賞したのかを紹介したいと思います

みなさんはピアノ鑑賞はしますか?

クラッシックはかしこまって好きではない?

でもお母さんのお腹の中でピアノを聴いていた人も多いようです

胎教でピアノに親しんだ赤ちゃんは成人してからクラッシックを聴くと落ち着く人も多いとか

それはさておき

川口成彦さんとはどんなピアニストなのかもプロフィールを調べてみました

川口成彦さんのプロフィール

川口成彦さんhttps://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=740x10000:format=png/path/sf17c871e821ce852/image/i09ea3f3deda6dc00/version/1531957973/image.png

プロフィール

名前:川口成彦(かわぐち なるひこ)

生まれ年:1989年

出身地:岩手県盛岡市生まれの神奈川県横浜市で育ちました

学歴

  • 聖光学院高等学校卒業(横浜市)
  • 東京藝術大学音楽学部学理科卒業
  • 東京藝術大学院修士課程を終了
  • 現在は同大学院修士過程古楽科に在籍中

住まい

アムステルダムを拠点にしています

経歴とコンクールの成績

ピアノを始めたのは6歳です

2009年

  • 第2回青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール

成績

  • 1位
  • 最優秀スペイン音楽グランプリ受賞

スペイン音楽について

川口成彦さんはスペイン音楽を好んでいます

近代の音楽と18世紀~19世紀初期にかけるスペインのピアノ音楽の研究に精通しています

2009年

  • オビエド国際音楽講習会で「G.エビャザローワ氏」に学びました

2012年

マドリッドで2人の師にスペイン音楽を学んでいます

  • J.Aムニョス氏
  • A.ベナビデス氏

2013年

  • ローマ・フェレンツェで演奏会を行いました

(フォルテピアノで演奏)

  • トリエステのベートーヴェンフェスティバルに出演

2013年

  • ローマ・フォルテピアノ国際コンクール

成績:M.クレメンティ賞に優勝

小林道夫氏と川口成彦さん

2009年より小林道夫氏とピアノ連弾で共演

小林道夫氏に大きな影響を受けてピアノの活動範囲を広めました

これまでは現代のピアノを独奏するスタイルでした

この頃から現代のピアノだけでなく

古い楽器の演奏を学び始めたようです

独奏だけでなく声楽伴奏をはじめとして

アンサンブルにも取り組んでいます

テレビ出演

BSテレビ(TBS系)番組「日本名曲アルバム」

  • Harmonia ensembleや
  • ポップスの歌手の伴奏をしています

川口成彦さんはクラッシック音楽に限らず

ピアノを弾くことを楽しんでいるピアニストです

川口成彦さんのショパン受賞について

川口成彦さんが出場したコンクール

ショパンが活躍した19世紀のピアノを使った

「第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール」に出場しました

コンクールの主催は?

世界三大コンクールのひとつとされる

ショパン国際ピアノコンクールを主宰する

国立ショパン研究所が主催しました

コンクールの企画について

国立ショパン研究所が

世界第1次大戦後に

ポーランド独立してから

今年で100年となるのを記念して

企画したコンクールです

コンクールの対象年齢

18歳~35歳

次の開催はいつ?

今後は5年に1度の開催を予定しています

コンクールの結果発表は?

2018年9月13日

コンクール開催地は?

ポーランドの首都ワルシャワで発表されました

川口成彦さんの結果

結果:2位

川口成彦さんのコメント

緊張しました

最後まで自分の演奏ができました

1位を受賞した人物は

名前:トマシュ・リッター(23歳)

出身地:ポーランド

川口成彦さんの楽曲「YOU Tube」

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men, 男性音楽

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.