Men-Sports 相撲

伊勢ケ浜親方(旭富士)の一門と貴乃花親方の共通点と関係性とは

投稿日:

伊勢ケ浜親方と言えば

貴乃花親方の弟子(貴ノ岩へ)の暴行で引退した日馬富士関の師匠です

なんだか因縁を感じます

伊勢ケ浜の現役時代は

昭和の大横綱が「旭富士」と「千代の富士」

貴乃花親方の現役時代は

平成の大横綱は「若・貴兄弟」

などと言われた人気の力士です

伊勢ケ浜親方と貴乃花親方は似ているところもあるし違うところもあります

正義を貫くところや頑固なところは似ているように思います

相撲の指導スタイルは違っていました

貴乃花親方の弟子が伊勢ケ浜親方に移籍したら?

戸惑うでしょう

違っていても共通点や接点はあるようなので調べました

伊勢ケ浜親方と貴乃花親方

元横綱・日馬富士(左)伊勢ケ浜親方(右) https://pbs.twimg.com/card_img/1042957634134061057/RRwPHDCx?format=jpg&name=600x314

2018年9月26日、貴乃花親方が退職を発表しました

貴乃花部屋を廃業すると言うのです

その理由のひとつには新しい相撲協会のルールにあります

親方は5つある一門のどこかに所属することです

5つの一門とは

  • 伊勢ケ浜
  • 高砂
  • 時津風
  • 出羽海
  • 二所ノ関

貴乃花親方は無所属でした

どこかの一門と言っても正義を貫いてきた人物なので敵も多かったようです

伊勢ケ浜親方は自身の一門の受け入れを考えていたそうです

ちょっと驚きました

驚いた理由は

2017年伊勢ケ浜部屋の日馬富士が飲み会の席で

貴乃花部屋の貴ノ岩にビール瓶で頭を殴ったとしてケガを負わせたからです

貴乃花親方は謝罪にきた伊勢ケ浜親方を無視して車を発進させるなどしてきました

仲が悪そうと思っていましたが水面下では意外な動きがあったようです

無所属の貴乃花親方を受けれいてれもいいと交渉が水面下で進んでいたようです

伊勢ケ浜親方の胸の内とは?

気になります

弟子が不祥事を起こさなければ良い関係を築けたかもしれません

伊勢ケ浜親方も苦労人です

貴乃花親方とはやり方の違いはあるものの

理解し合える価値観があったのかもしれません

胸の内はわかりませんが…

伊勢ケ浜親方が貴乃花親方を一門に受け入れることを進めていた一方で水を差した親方がいたことがあきらかになりました

一部の年配の親方から反対が出たようなんです

貴乃花親方が入れる一門がなくなってしまいました

貴乃花親方の最終結論は

貴乃花部屋は廃業

貴乃花親方は引退

弟子・世話人・床山(合計10人)は

千賀ノ浦部屋に移籍することを希望しました

貴乃花親方 https://pbs.twimg.com/media/DQkqmjDUQAExLIl.jpg

伊勢ケ浜親方の生い立ち

小学生時代

小学生の時に手品に興味を持ち

現在ではプロ級の腕前

手品で十分食べていける自信があるそうです

相撲をはじめたのは?

小さい頃から相撲をしていたようです

高校時代

相撲部に所属

長野県で行われた

第33回国民体育大会では少年の部の団体優勝に貢献しました

いわゆる国民体育大会での団体戦で優勝!

大学時代

近畿大学に進学

近畿大学の相撲部に所属しました

合宿所での団体生活に馴染めなかったので2年生の時に退部

近畿大学も退学しました

近畿大学退学後

故郷の青森県に戻って相撲を続けながら漁業をしていたそうです

その様子を当時の大島親方の目に止まってスカウト

伊勢ケ浜さんは一度は断りましたが入門を決めてました

伊勢ケ浜親方(旭富士)について

略歴

  • 1981年に初土俵を踏みました
  • 翌年3月:十両に昇進
  • その後、幕内に昇進
  • さらに小結に昇進
  • 27歳で大関に昇進
  • 平成2年:横綱に昇進
  • 1992年(31歳):引退
  • 安治川部屋付き親方
  • 安治川部屋を継承
  • その後伊勢ケ浜部屋に変更

大島部屋に入った理由

1・伊勢ケ浜(当時は旭富士)が初土俵を踏んだ時、

部屋には関取が一人もいませんでした

2・漁業が休みの日に、おじの薦めで東京・大島部屋を見学したことがきっかけで入門を決意したそうです

3・大島親方から「ハンコ出せ」と言われて出すと勝手に使われて入門が決定したといわれています

4・おじは相撲部屋に入れておけばなんとかなると思ったとか

大島部屋の特訓

師匠の稽古は厳しく

朝稽古と夜稽古は同じ量の稽古を行ったそうです

当時は30人ほどいた弟子が厳しい稽古に耐えられずやめていきました

伊勢ケ浜親方はずっと稽古をしてきたので苦になりませんでした

伊勢ケ浜親方(旭富士)の性格

  • ユーモアのある性格
  • 頑固
  • 一本筋を通すタイプ

しこな名「旭富士」は若名乗りの名と大島親方は考えていたようです

幕内に昇進したら大島親方の現役時代のしこ名「旭國」を継がせる予定でいました

宴会の席で「早く旭富士を幕内に上げて

大島親方の名前を継がせなきゃ」と話した際、

旭富士は「自分の名前を大きくしたい」と断りました

大島親方はめちゃくちゃ怒った後で許したそうです

伊勢ケ浜親方(旭富士)は頑固な性格ということがわかりました

病気について

膵臓炎(すいぞうえん)の病気を持っています

力士・旭富士の時代に稽古嫌いとマスコミに報じられたようです

稽古ができなかったのは嫌いではなくて膵臓の影響からできませんでした

後に「わかってもらおうと思わなかった」とあかしています

好きな食べ物はスイカです

その理由は膵臓の機能回復に効果があるといわれているからです

さらに地元・青森県の木造町はスイカの産地という理由にあります

力士・引退の理由

膵炎が悪化したため

「気力の限界で、もう力がでない」

もう少しやれたのではないかという問いかけに対して

旭富士さんは

「2~3場所は休まないといけない状況」

「横綱が長く休んでいたら絵にならない」

現役力士引退後(親方)

青森出身で同じ一門の「安治川親方」が病気を理由に廃業するときに旭富士を若い頃から目をかけてくれていたので後継者として大島部屋から安治川部屋に移籍

1993年(平成5年)に安治川部屋を継承

2007年(平成19年)日本相撲協会は「安治川4代」の「伊勢ケ浜9代」への名跡変更を少年

暫く断絶していた「伊勢ケ浜部屋」を再興しました

親方の稽古スタイル

スパルタ指導で有名

「40代半ばに入ってもまわしを締めて稽古場に下りて稽古をつけていました」

実践して自ら教えるスタイルです

貴乃花はスーツで指導しています

貴乃花部屋の弟子が伊勢ケ浜部屋に入ったら戸惑いそうですよね

どちらの指導も良いと思います

朝稽古:全員8時~

他の部屋は早朝5時~6時頃~始めるようです

番付が下の位の力士から順番に稽古を始めます

貴乃花部屋の弟子が伊勢ケ浜部屋に入ったら戸惑いそうですよね

降格人事

2011年(平成23年)に大相撲八百長問題へ関わっていた責任として委員から主任へ降格

理事

  • 2013年(平成25年)に理事補欠選挙に立候補して無投票で当選
  • 同年2月:食部分掌でおお相撲の本場所の審判部長に就任
  • 2014年:理事選挙で当選
  • 2016年:理事選挙で当選
  • 審判部長から大阪場所担当部長に異動
  • 2017年:二所ノ関審判部長の休場により審判部長を務めました
  • 2017年:伊勢ケ浜部屋の日馬富士が貴ノ岩に暴行したことが発覚
  • 場所後に日馬富士が引責引退
  • 伊勢ケ浜親方も監督責任を取る為に理事を辞任しました

辞任後の人事

2階級降格で役員待遇委員となりました

職務は観察副委員長へ異動となっています

伊勢ケ浜親方の妻(女将さん)について

名前は淳子(じゅんこ)さんといいます

白百合女子大卒業の本物のお嬢様です

結婚当初は銀座の画廊に勤務していました

元・春日山親方の姪っ子です

なれそめ

伊勢ケ浜親方が出稽古に行った際に淳子さんに一目惚れしました

結婚後に横綱に昇進しました

子供

非公開

子供は授かっています

青山学院に通っていたそうです

貴乃花親方の子供と同じといわれています

女将さん通しママ友で親しい付き合いがあるともいわれています

すでに社会人になっているようです

貴乃花親方の長男・優一さんと同じ年の可能性がありそうです

子供の人数や年齢については追跡中です

伊勢ケ浜親方のプロフィール

しこな名:旭富士

しこな名の由来

大島親方が現役のしこな名「旭國」と

入門当時に強かった力士「千代の富士」から

「旭富士」を授かりました

第63代横綱力士

本名:杉野森 正也(すぎのもり まさや)

愛称:津軽まなこ

出身地:青森県西津軽郡木造町

生年月日:1960年7月6日(昭和35年)

年齢:58歳(2018年現在)

身長:189㎝

体重:143kg(現役時代)

血液型:B型

学歴

  • 木造町立木造中学校卒業
  • 私立五所川原商業高等学校卒業
  • 近畿大学中退
  • 入門後に同大学の通信教育課程に入学・卒業

得意技:右四つ・寄り・すくい投げ

職業:第九代伊勢ケ浜親方

(元横綱力士)

元日本相撲協会理事

職歴

  • 漁業
  • 力士(旭富士)
  • 伊勢ケ浜親方

趣味:映画鑑賞・音楽鑑賞

特技:手品

宗派:天理教

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさより

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, 相撲

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.