伝統・王族・皇室

ノーベル平和賞のデニ・ムクウェゲとナディア・ムラドの功績とは

投稿日:2018-10-05 更新日:

ノーベル平和賞受賞が発表されました

(2018年)2名が授与されました

授与された人物はデニ・ムクウェゲ氏とナディア・ムラド・バセ・タハ氏です

デニ・ムクウェゲ氏は

2016年10月に来日、東京大学で公演をしています

ノーベル平和賞とはどんな賞なのでしょう?

日本人のこれまでの受賞者は政治家の佐藤栄作さんが授与されています

どんな人物が受賞したのでしょう?

デニ・ムクウェゲの功績(平和賞)

Denis Mukwege par Claude Truong-Ngoc novembre 2014.jpg

デニス・ムクウェゲ氏https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e1/Denis_Mukwege_par_Claude_Truong-Ngoc_novembre_2014.jpg/800px-Denis_Mukwege_par_Claude_Truong-Ngoc_novembre_2014.jpg

ノーベル賞平和賞授与日時:2018年10月5日

出身:アフリカ中部のコンゴ

人物

医師で人権活動家「デニ・ムクウェゲ」氏(男性)が

ノーベル賞平和賞を授与されました

コンゴ(旧ザイール)について

今後は世界中で需要が多い「レアメタル」の奪い合いが起きています

「レアメタル」とは希少金属で世界で注目されている物質です

この「レアメタル」の奪い合いがコンゴ紛争で原因といわれています

いわゆる「経済の争い」となっていました

功績

デニ・ムクウェゲは医師の立場で

戦争で危険とみなされた人達に平和を訴えきた人物です

人間の尊厳を奪われた女性や弱者の

傷ついた人の心と体のケアをしてきました

世界中の人々や企業は「レアメタル」の利益の事ばかり考えています

利益を追求したことで弱い立場の人が被害者となっていることを世界の人に知って欲しいそうです

自身の目で診察して傷ついた人々に補償をして欲しいと公演を行っています

今も内戦が続いているので早く弱い人々を解放してほしいと活動してきました

背景

レアメタルの利益をめぐって

長く続く内戦が続いたことがこのような原因となりました

多くの人の命や人々の心を奪ってきました

治療に当たっているデニ・ムクウェゲと一緒に働いている医師達もトラウマになってしまうそうです

これらは欲求に基づくものではありません

レアメタルを欲しい人達が

支配するために選択された手段とされたことがわかりました

こうして支配された地域では

そのコミュニティ自体から逃げ出す人も多いそうです

残った人は悪い条件で

レアメタルを発掘する鉱山で労働させられることを

世界の各地で公演してきました

欧米を中心に平和運動が盛んに行われているそうです

デニ・ムクウェゲはノーベル平和賞を受賞した時に

解決に向けた取り組みを世界に向けて発信しました

デニ・ムクウェゲ氏は

デニ・ムクウェゲは医師として被害者が大人になってからも

長い間、傷つけられた人の心と体のケアを行ってきました

政府に訴えると命を奪われそうになったので一時は海外へ脱出したこともあります

コンゴに帰還した時は多くの女性患者に歓迎を受けました

デニ・ムクウェゲ氏は

被害にあった約5万人もの女性患者の治療を行ってきました

傷跡を診察すればどのグループの仕業かわかるようになったそうです

被害者が大人になってからも

長い間、傷つけられた人の心と体のケアを行いながら

世界中の多くの人々へ実情を知って欲しいし

今も傷けられている人々を救出してあげたい

さらに補償をして欲しいと活動しています

デニ・ムクウェゲのプロフィール

名前:デニ・ムクウェゲ

Denis Mukwege

性別:男性

生年月日:1955年3月1日

年齢:63歳(2018年現在)

出生:ベルギー領コンゴ ブカヴ

出身:コンゴ民主共和国

職業:産婦人科医師

社会活動家

コンゴ共和国の東部、南キヴ州のブカヴにパンジー病院を設立しました

2018年:ノーベル平和賞

父:宣教師

(ペンテコステ派)

主な受賞

  • 2008年:国連人権賞
  • 2009年:レジオン・ドヌール勲章
  • 2013年:ライト・ライブリッド賞
  • 2014年:ヒラリー・クリントン賞
  • 2015年:サハロフ賞
  • 2015年:ハーバード大学から医学名誉博士号授与
  • 2016年:ソウル平和賞
  • 2018年:ノーベル平和賞

デニス・ムクウェゲ氏の略歴

  • 最初は地域の病院で働きました
  • その後、フランスのアンジェ大学で産婦人科を学びました
  • コンゴに帰国後
  • 専門的な医療を受けられずにいた女性達の出産の合併症を診断しました

2012年9月

  • デニ・ムクウェゲ氏は、国際連合で演説を行いました

長い内戦のせいで被害者を報告して周辺諸国の各政府がその防止に対して十分な措置を行っていないと演説したようです

同年10月

  • デニ・ムクウェゲ氏が不在の時に自宅が襲われました
  • デニ・ムクウェゲ氏の命を奪うことに失敗

その時の実行犯は逮捕されていません

その後で一時

家族でスウェーデンやベルギー脱出しました

その間、パンジー病院は廃墟となってしまいました

2013年1月14日

  • デニス・ムクウェゲ氏はブカヴに帰還

その際、パイナップルや玉ねぎを売った代金を寄付して飛行機代金を集めた患者の女性達がデニス・ムクウェゲ氏を歓迎して迎えました

2013年以降

  • 国際賞を授与する候補者とみさなれるようになっています

2016年

  • 日本に訪れ、東京大学で講演

2018年現在

  • ノーベル平和賞受賞
  • 世界各国で講演とパンジー医院で診察を行っています

ナディア・ムラド氏について

名前:ナディア・ムラド・バセ・タハ

性別:女性

出身:イラク

人種:クルド人

宗派:少数派ヤジディ教徒

(世界で100人程度でイラクの約2%の人口)

イスラム国から異教徒として歴史的に追いつめられてきました

年齢:25歳(2018年現在)

受賞

国連親善大使に就任

2018年:ノーベル平和賞

ノーベル平和賞の功績

イラク北部でイスラム国に拘束されて

戦闘員から人間としての尊厳を奪われました

その後、奇蹟的に脱出することができ、

戦争での被害者や難民の支援する活動をおこなってきました

ナディア・ムラド・バセ・タハ

2014年:イラク北部で家族と兄弟6人を戦争で命を亡くしてしまいました

ナディア・ムラド・バセ・タハさんは(女性)は

イクラム国へ連れて行かれて過酷な労働を強いられていました

そこから逃げ出しドイツへ逃れました

その後、啓発・支援団体「ナディアのイニシアティブ」を設立

国連などを舞台に女性や少数はの人々に向けて

身を守る啓発活動を行ってきました

ノーベル賞平和賞について

2018年の授与者には900スウェーデン・クローナ

日本円で1億1300万円授与されます

これを2人で分けます

  • デニ・ムクウェゲ
  • ナディア・ムラド・バセ・タハ

授与日は2018年12月10日

会場:ノルウェー・(首都)オスロです

ノーベル平和賞について

ノーベル賞の一部門でアルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの1つです

どんな人が受賞するの?

ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルが

スウェーデンとノルウェーの両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにしました

平和賞と他の賞との違い

5つのノーベル賞のの授与はスウェーデンですが

平和賞はノルウェーの政府が授与します

会場

ノルウェー・オスロ

授与者

ノルウェー・ノーベル委員会

過去の平和賞授与した人物(1970年-2018年)
  • 2018年:今後民主共和国

人物:デニス・ムクウェゲ

2018年:イラク・クルド人・少数派

人物:ナディア・ムラド・バセ・タハ

  • 2017年:世界

団体:核兵器廃絶国際キャンペーン

  • 2016年:コロンビア

人物フアン・マヌエル・サントス

  • 2015年:チュニジア

団体:チュニジア国民対話カルテット

  • 2014年:パキスタン

人物:マララ・ユスフザイ

  • 2014年:インド

人物:カイラシュ・サティーアーティ

  • 2013年:世界

団体:化学兵器禁止機関

  • 2012年:欧州連合

団体:欧州連合

  • 2011年:リベリア

人物:レイマ・ボウィ

  • 2011年:リベリア

人物:エレン・ジョンソン・サーリーフ

  • 2010年:中国

人物:劉 暁波(りゅう ぎょうは)

  • 2009年:アメリカ

人物:バラク・オバマ

  • 2008年:フィンランド

人物:マルッティ・アハティサーリ

  • 2007年:アメリカ

人物:アル・ゴア

  • 2007年:世界

気候変動に関する政府間パネル

  • 2006年:バングラデシュ

団体:グラミン銀行

  • 2006年:バングラデシュ

人物:ムハマド・ユヌス

  • 2005年:エジプト

人物:モハメド・エルバラダイ

  • 2005年:世界

団体:国際原子力機関

  • 2004年:ケニア

人物:ワンガリ・マータイ

  • 2003年:イラン

人物:シーリーン・エバーディー

  • 2002年:アメリカ

ジミー・カーター

  • 2001年:ガーナ

人物:コフィー・アナン

  • 2001年:世界

団体:国際連合

  • 2000年:韓国

人物:金大中(キム・デジュン)

1999年:世界

団体:国境なき医師団

  • 1998年:イギリス

人物:デヴィッド・トリンブル

  • 1998年:イギリス

人物:ジョン・ヒューム

  • 1997年:アメリカ

人物:ジョディ・ウイリアムズ

  • 1997年:世界

団体:地雷禁止国際キャンペーン

  • 1996年:東ティモール

人物:ジョゼ・ラモス=ホルタ

  • 1996年:東ティモール

人物:カルロス・フィリペ・シメネス・ベロ

  • 1995年:世界

団体:パグウォッシュ

  • 1995年:イギリス

人物:ジョセフ・ロートブラッド

  • 1994年:イスラエル

人物:シモン・ペレス

  • 1994年:イスラエル

人物:イツハク・ラビン

  • 1994年:パレスチナ

人物:ヤーセル・アラファート

  • 1993年:南アフリカ

人物:フレデリック・ウィレム・デクラーク

  • 1992年:グアテマラ

人物:リゴベルタ・メンチュウ

  • 1991年:ビルマ

人物:アウンサンスーチー

アウンサンスーチー氏について書いた記事はこちら

1990年:ソビエト連邦(ロシア)

人物:ミハイル・ゴルバチョフ

  • 1989年:チベット

人物:ダライ・ラマ14世

  • 1988年:世界

団体:国際連合平和維持活動

  • 1987年:コスタリカ

人物:オスカル・アリアス・サンチェス

  • 1986年:アメリカ

人物:エリ・ヴィ―ゼル

  • 1985年:世界

団体:核戦争防止国際医師会議

  • 1984年:南アフリカ

団体:デズモンド・ムピロ・ツツ

  • 1983年:ポーランド

レフ・ヴァウェンサ

  • 1982年:メキシコ

アルフォンソ・ガルシア・ロブレス

  • 1981年:世界

団体:国際連合難民高等弁務官事務所

  • 1980年:アルゼンチン

人物:アドルフォ・ペレス・エスキベル

  • 1979年:インド

人物:マザーテレサ

  • 1978年:イスラエル

人物:メナヘム・ベギン

  • 1978年:エジプト

人物:アンワル・アッ=サーダート

  • 1977年:世界

団体:アムネスティ・インターナショナル

  • 1976年:イギリス

人物:マイレッド・コリガン・マグワイア

  • 1976年:イギリス

人物:ベティ・ウィリアムズ

  • 1975年:ソビエト連邦(ロシア)

人物:アンドレイ・サハロフ

  • 1974年:日本

人物:佐藤栄作

  • 1974年:アイルランド

人物:ショーン・マクブライド

  • 1973年:ベトナム

人物:レ・ドゥク・ド

  • 1973年:アメリカ

人物:ヘンリー・キャシンジャー

1972年:なし

1971年:西ドイツ

人物:ヴィリー:ブラント

1970年:アメリカ

人物:ノーマン・ボーローグ

▼2013年頃からデニス・ムクウェゲ医師がノーベル平和賞の候補に挙がっていたようです

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさより

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-伝統・王族・皇室

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.