イベント(行事)・お役立ち情報・災害

仁徳天皇陵が世界文化遺産の候補に!アクセスは?どんな墳墓なのか?

投稿日:

仁徳天皇陵の発掘はロマンを感じませんか?

私達の祖先がどのような生活をしていたのかがわかります

古代日本の文化や技術を示す希少な物証として

2017年7月「世界文化遺産」の推薦候補に選定されました

2019年に世界文化遺産登録を目指しして一部の発掘調査が行われました

仁徳天皇陵(大阪府堺市)には百舌鳥古墳群(23基)と

近隣地域の羽曳野市と藤井寺市の間に古市古墳群(26基)が現存

管理は宮内庁です

仁徳天皇陵(大仙陵古墳/大山古墳)

仁徳天皇陵はどこにあるの?

大阪府堺市堺区大仙町

交通アクセス

  • 最寄り駅:JR阪和線・百舌鳥駅

前方部拝所まで徒歩5分

  • 最寄り駅:JR阪和線・南海高野線・三国ヶ丘駅

後円部の淵まで徒歩3分

駐車場

大仙公園仁徳御陵駐車場

2時間まで200円(以降は1時間ごとに100円追加)

5時間以上600円

バスは18台(1台1回1000円)

その他

内部は非公開で全貌を肉眼で見るのは難しいです

良く見えるポイント

  • 永山古墳南側の陸橋の上
  • JR百舌鳥駅南側の陸橋の上
  • 堺市役所高層館21階展望ロビー

ちなみに筆者は堺市役所高層館21階展望ロビーが好きです

なぜなら気候に左右されないし、喫茶コーナーがあるから

アクセス(堺市市役所)

最寄り駅:南海高野線・堺東駅

徒歩5分くらい

仁徳天皇陵には本当に仁徳天皇が埋葬されているの?

実際のところ、明らかではないようです

宮内庁が管理している墳墓で

百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)として第16代仁徳天皇の陵とされています

いつ「仁徳天皇陵」と指定したの?

宮内庁によると

江戸時代の元禄年間(1688年-1704)に朝廷が「仁徳天皇陵」と指定したそうです。

本当に仁徳天皇の墳墓なのかは考古学者の間でも意見が分かれます

墳墓は発掘しないそうです

発掘した場合、歴史が変わる可能性が出てきそうですよね

どうして発掘が行われたの?

堺市が宮内庁と共同調査期間

2018年10月下旬~12月

2019年に世界文化遺産の登録を目指すための

現地調査が行われた時期:2018年9月11日~17日

ユネスコ(国際記念物移籍会議)に依頼しました

一部の発掘調査が行われただけで、墳丘部分の発掘は行われませんでした

発掘した場所は

前方部の拝殿部から近い、護岸部の3か所を発掘

資料収集が狙いです

ハニワなどの遺物や遺構の有無を調べました

仁徳天皇陵の古墳の形は?

古墳の形:前方後円墳

(ぜんぽうこうえんふん)

百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳の1つです

百舌鳥古墳群とは?

大阪府堺市にある古墳群です

半壊状態のものも含めて44基の古墳があり

このうちの18基は国の史跡に指定されています

これとは別に3基が宮内庁で管理しています

古墳が造られた時期は5世紀~6世紀です

仁徳天皇陵の大きさは?

現在の墳丘の大きさ486m(縦幅)

実際は525mの大きさだったことがわかっています

中国の秦皇帝凌やエジプトのクフ王のピラミッドの大きさにも匹敵するほどの大きとなります

仁徳天皇が生きた時代に外国から勅使がやってきた時に日本の威厳を見せるために作られたともいわれています

「世界三大墳墓」と称されています

世界三大墳墓とは?

公益社団法人堺観光コンベンション協会観光ガイドなどでは

  1. エジプトのクフ王ピラミッド
  2. 中国の秦の始皇帝墓陵
  3. 仁徳天皇陵

どうして前方後円墳になったのか?

歴史遺産の一ノ清和夫教授によると

それまでの形は四角だったのが古墳時代に突然「鍵穴の形」に変わったということはあきらかになったそうです

どうして変わったのかは、わかっていないそうです

古墳の役割は?

諸説ありますが

前方部は、祭式の場所

後円部は、埋葬の場所

仁徳天皇陵のロマンと矛盾とは?

日本書紀から推定すると任得点王が亡くなったのが西暦399年

仁徳天皇陵の構造は5世紀中ごろという説が有力なんです

50年以上のずれが生じてしまう

そこで本当に仁徳天皇陵なのか?と指摘されています

日本書紀によると

仁徳天皇は4世紀に在位

履中天皇と反正天皇の父親とされるのは代16代仁徳天皇とされています

  • 第16代仁徳天皇
  • 第17代履中天皇
  • 第18代反正天皇

亡くなった順番で古墳ができた時期を考えると

  • 仁徳天皇陵
  • 履中天皇陵
  • 反正天皇陵

などと古墳が作られたことになります

しかし考古学的に見ると

  • 履中天皇陵
  • 仁徳天皇陵
  • 反正天皇陵

この順番で古墳が作られたことになるというのです

矛盾が生じたのは

仁徳天皇陵と履中天皇陵の生きた時期と古墳が作られた時期が異なることにあります

▼日本史で好きな時代は人それぞれですよね

筆者の周囲は考古学と幕末の時代に人気があるようです

考古学の道に進もうか迷った時、両親から「考古学は面白いけれど過去に起きたことを永遠と調査するのよ」と言われて、服飾デザインへ進みました

人生に迷った時、立ち止まって振り返ることがあります

自身のルーツであったり、歴史の流れを俯瞰してみると、歴史は繰り返していることにも気づきます

時代は前に進んでいるので、退化ではありませんが繰り返していると感じることもあります

学校の教科書は日本から歴史を見ているからつまらなかったけれど、大人になって自分の住んでいる地域や友人の生まれ故郷の歴史から日本をみると、ちょっと違った日本の歴史がみえてきます

観光がもっと面白くなったり、伝統工芸品を大事に扱うようになったり、郷土料理もおいしさがアップしますよね

仁徳天皇陵はミステリアスで好きな人物のひとりです

世界遺産に登録されることに期待して

もう一度歴史を振り返ってみたいと思いました

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-イベント(行事)・お役立ち情報・災害

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.