伝統・王族・皇室

承子殿下・長女(高円宮妃久子妃)のスキャンダルとは?彼氏と経歴

投稿日:

高円宮妃久子さまは王室の妃です

旧姓は「鳥取久子」さまとおっしゃいます

3人の子女に恵まれ嫁いでいないのは[

第一王女子・承子女王]になりました

いわゆる長女です

どこでも長女というのは母親の悩み相談室となり婚期が遅くなりがち、なんて思って調べたらスキャンダルがザックザク出ちゃいました

高円宮さま一家のような素敵な家族に憧れていたので残念でなりません

ここでは承子女王について調べたことを掲載します

第一王女子・承子女王(つぐこ)

どちらの女性も承子さまです。 参考:http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/wp-content/uploads/2018/07/tuguko.gif

全名:承子(つぐこ)

生年月日:1986年3月8日

年齢:32歳(2018年現在)

東京都港区の愛育病院にて誕生

父親:高円宮憲仁親王

(たかまどのみやのりひとしんのう)

母親:高円宮妃久子

(たかまどのみやひひさこ)

承子様のお印:萩

軽傷:殿下

身位:女王

承子女王の略歴

略歴

  • 1991年:松濤幼稚園・入園(現在は閉校)
  • 1993年:学習院初等科・入学
  • 1999年:学習院中等科・入学
  • 2002年:学習院女子高等科・入学
  • 2005年:学習院女子大学国相文化交流学部・入学

「この期間はスキャンダルが山盛り」

  • イギリス・エディンバラ大学へ留学(犯罪心理学を学ぶ)
  • 学習院女子大学退学
  • エディンバラ大学人文学科社会学部に本科生として入学
  • 2008年:エディンバラ大学を中退して帰国
  • 2008年:米誌「フォーブス」が特集した「20人の最もアツイ若い王族たち」の15番目に承子女王が選ばれました

(いろんな意味でアツイ王族」と皮肉が込められているといわれていました

  • 2008年9月:早稲田大学国際教養学部に1年生として入学
  • 2013年3月:早稲田大学国際教養学部を27歳で卒業

▼長い期間をかけて大学を卒業したことになります

  • 2013年4月:日本ユニセフ協会に常勤の嘱託職員としてご就職

承子女王の現在

2013年:日本ユニセフ協会にご就職

毎日、地下鉄で通勤されているそうです

(待遇は他の職員と同等で一般のOLと変わらないお給料を頂いているそうです)

初任給:約25万円

2014年:ベトナムへ海外出張

父親:高野宮殿下も「国際交流基金」に嘱託で勤務されていました

殿下は

特に女性皇族は一般人と結婚されると、

民間人としての生活がはじまるので

普通の生活を見せておきたい

そんな父親としてのお気持ちがあったとされています

その意思を継いだのが妻・久子妃殿下でした

皇室にはいわゆる「公務」と呼ばれる公的活動があります

生活費などは国費で賄えます

報酬を受け取る就職やアルバイトで所得を得ることには問題がありません

その理由には

宮家皇族に国から支給される「皇族費」は両陛下と皇太子ご一家に支給されている「内廷費」とは違い生活費の全てをカバーするものという考えではないからです

公務以外の仕事をされるのは、お金のためだけではなく「視野」を広げ「社会経験」を積むことも親心にはあるようです

皇族費の具体的な額を規定しているのは

「皇室経済法施行法」といいます

1947年(昭和22年)に制定された法律です

国会審議において政府は

皇族の方々に生活に必要な経費の75%を皇族費として国から支給するという考え方を示しています

つまり残りの25%は自身で何とかして経済を作らなければならないということです

病気になった時の通院費や治療費は自身で支払うそうです

ご公務歴(一部)

  • 2006年:天皇陛下から宝冠牡丹賞を賜りました

以降、成年皇族として宮中行事や祭祀に出席しています

宝冠章は女性に限定した唯一の勲章です

現在では女性皇族に対する叙勲と皇族が公式訪問の際に行われる外国人に対する儀礼叙勲に限定して運用されます

  • 2011年:母・久子妃殿下と東日本大震災へ慰問
  • 2013年4月:公益財団法人日本ユニセフ協会の常勤嘱託職員

承子女王のスキャンダルと彼氏

2007年2月:に承子さんはmixiで自らのことを告白したことを週刊文春が発見

皇族の振る舞いとして、信じがたいエピソードがザクザクお出ましに。

この時は、イギリスへ留学中で相当羽を伸ばされたご様子です

その①「ヤモリ」

  • 2006年8月1日

承子さまはmixiに「親さえ良いなら胸にヤモリのタトゥーを入れたいんだけとなあ」と記載

文春は承子さまご自身が作成されたことを確認したことを記しました

高円宮承子様

高円宮承子さまのお顔はありませんが疑われている画像です  https://mikumari39.net/wp-content/uploads/2018/06/1412771898055.jpg

▼この記事を読んだ時(2018年10月)

もしも承子女王の胸に「ヤモリ」が模様が入っていたら、民間人にお嫁に行く際にどんな男性に嫁ぐのかが気になります

筆者の憧れの高円宮ファミリーに産まれた幸運の持ち主・承子さまには、お幸せになって頂きたいと願います

その②「喫煙」

たばこが嫌いが彼氏ができた!

禁煙しているよ、マジで☆

(携帯版)

その③「彼氏」

あばずれ承子さま

https://i1.wp.com/umanosuke.net/wp-content/uploads/2017/02/38d03c8b383c8245a0e7f81074c5d265.jpg?resize=300%2C226&ssl=1

タイプのカッコ可愛い年下できた

(携帯版)

「ここだけの話」年下(男ね。)に飽きてきました

(PC版)

彼氏→三角関係(むしろ四角関係)のすえ泥沼化して終わった。

ビバ波乱万丈(嘘)

(携帯版)

その④「王様ゲーム」とパーティ

  • 2005年10月24日

昨日はねー、アジアン(ってか日本人と中国人)でめっちゃ騒いだ。

王様ゲームやったけど(カップルがいたため)色気は一切なしでつまんなかった

  • 2006年3月19日

やっちゃった、久々の成り行きってやつ(笑)

いいんだけどね、

めっちゃ楽しい夜だったけどね、

けど毛布が他人のにおいなのがやだなぁ

~自業自得ですが。。。

昨日のパーティーはマジでmaneater化してて男を片っ端から選ばず喰ってるとある友達に呆れたけど、基本は楽しかった♪

知らない人といっぱい知り合えてよかった×②

けど寝すぎなんだかなんだか

ハイパーです

▼これってイギリスで乱痴気パーティー?

その⑤「ファッション」

承子様

学習院女子高等科の高円宮承子さまは茶髪でしたhttps://mikumari39.net/wp-content/uploads/2018/06/424e0f49c8f4c21cc8f35fcb6f72f333.jpg

イギリスで

髪に赤メッシュいれたんだぁ。

さりげないからけっこうお気に入り。

だめだ、my life is so fucked up

その⑥「キス」

「最近ひそかに興味があること」

国籍によってキスやHの仕方が違うのかどうか…

検証中です((笑)っていや、マジで違いますから

その⑦「好きな男性のタイプ」

こっち来てから外国人の魅力にハマりました((笑)

だって超自然なんだもん

その⑧「病」

バカみたい。

ちょー後悔。

病気うつされてたらどぉしよう…

マジで神様に祈るしかないです。

日本が恋しい。

日本に帰りたい。

▼2008年:エディンバラ大学中退

イギリス留学中は羽を伸ばしていて楽しそうですね

日本に帰国すると黒髪の深層の令嬢に変身

承子女王の結婚

天皇家の分家

三笠宮

三笠宮の分家が高円宮です

高円宮は跡取りがいません

3人の子供達はすべて女性なんです

皇室の中で跡取りのいない末端宮家とされます

そこで母親・久子妃殿下は3人の子女たちに、少しでも良家に嫁がせたい、いつまでも皇室に残して置くことはないといわれています

高円宮家は久子妃殿下の代で終わりとなります

最後に

2007年に記事にする時にはためらうほど、驚いたそうです

きちんと裏付けを取ったと記載されていました

憧れの高円宮一家にも人知れずご苦労が絶えないようです

本当のセレブとはこうなのかも知れません

数メートル先からセレブオーラがあるし

怖くて近づけない

ましてや自分から話しかけるなんてとんでもないことと学習院大学へ進学した数名の友人が話していたことを思い出します

そう思うと紀子妃殿下の長女・眞子さまとご婚約会見をされた小室圭さんのメンタルって凄いと思いました

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-伝統・王族・皇室

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.