Woman

風吹ジュンの壮絶すぎる生い立ちと経歴!夫と子供との生活

投稿日:2018-11-13 更新日:

風吹ジュンさんは日本の女優です

お年を召しても可愛らしい女優さんとして人気があります

衝撃的な生い立ちから芸能界に進み、自身で舵をとって成功されました

風吹ジュンさんをご紹介します

風吹ジュンさんの生い立ち

https://media3.picsearch.com/is?fKdap6sAIf_VWQBpAN83C4XhlgaLk6muF5H05_TNmKI&height=341

家族は両親と兄と4人家族に生まれました

父親は高校教師

母親はどんな人物なのかわかりませんでした

風吹ジュンさんが小学5年生の時に両親が離婚

中学校2年生の時に母親が育児放棄

暮らしは貧しく、京都で住んでいた家は窓の裏が崖でした

風吹ジュンさんは内職やアルバイトをして生計を立てていたそうです

高校受験が近くなると担任の先生の家に仮住まいしていました

高校受験

風吹ジュンさんは京都市立日吉高等学校の美術家を受験して一次試験に合格しましたが、二次試験当日に母親の再婚を知らされ受験を放棄しています

貧困なのになぜかお金がかかる美術に進もうとするところが意外なのですが風吹ジュンさんの才能を感じてしまいます

母親に捨てられてほとんど一人で生きてきて、再婚したと聞かされたら「やってられない!」と思ったようです

高校受験をあきらめ、レストランなどで住み込みで働き始めてお金を貯めて18歳で上京しました

東京では銀座の高級クラブで働いてたようです

母親と再会したのはいつ?

60代になってから

還暦をきっかけに集まった同級生が力を貸してくれて両親と再会を果たしたそうです

父親は離婚後に子供たちがどのように生きてきたのかを知ったとか

何年も離れても親子が分かり合えるのだと語っています

風吹ジュンさんの芸能界での略歴

1971年に芸能界にスカウト

芸名の由来

京都から風に吹かれたようにふらっと銀座に現れたので「風吹」

語呂がいいから「ジュン」となりました

略歴

1973年:初代ユニチカマスコットガールを獲得

後にユニチカマスコットガールで芸能界に進んだ芸能人は

  • 紺野美沙子さん
  • 内田有紀さん
  • カイヤさん(川﨑麻世さんの妻)
  • 本上まなみさん
  • 米倉涼子さんなど

多くの女優さんが活躍されています

有名カメラマンのディヴット・ハミルトンが撮影した週刊プレイボーイ特別編集「SILK WIND」写真集は男性の人気を一気に集めました

集英社から出版されています

デビット・ハミルトンについて

1933年4月15日生まれ

イギリス出身の写真家です

映画監督もされています

ソフトフォーカスのヌード写真が特徴

1974年:歌手デビュー

楽曲「愛がはじまる時」

歌唱力は低いと言われています

風吹ジュンさんの事件

1974年9月12日

テレビ局の前で数名に車で連れ去られる事件が起きました

これには警察が出動するという大騒動でパトカー20台を出動させたそうです

連れ去られた先は高輪プリンスホテル

この背景には以前に所属していた事務所との移籍契約問題が原因で連れられた先に舞っていたのは暴〇団関係者だったそうです

そこで風吹ジュンさんは移籍を無効と告げられて承諾

深夜に解放されてホテルのロビーに来たところを警察が待機していました

警察は関係者を連行したものの、風吹ジュンさんは誘拐を否定したのですぐに釈放されたそうです

風吹ジュンさんは前の事務所の給料などに不満をもっていたので某作詞家の弟子を介して、もっと給料面で優遇されている事務所に移籍に関する委任状を交わしていました

しかし、給料面で優遇するとした事務所は暴〇団と関係があるとリークした別の事務所の話しを信じた風吹ジュンさんは委任状を交わしたまま、別の事務所を契約を結んでしまいました

契約解除を認めていない最初の事務所

風吹ジュンさんの委任状を手にした次の事務所

リークした第三の事務所と移籍契約を結んだ

風吹ジュンさんは三重の契約を結んでしまったことになったとか

当時の大きなスキャンダルとなったそうです

風吹ジュンさんの舌ったらずな歌声から女優の道へ進みました

1975年:女優デビュー

1976年2月:独立問題でバラエティー番組をすっぽかして失踪

風吹ジュンさんは記者会見を開いて「自分を偽るのはイヤです」

「これからはやりたい仕事だけをやっていきたい」

「タレント失格といわれていもかまわない」

そして仕事を去っていくと思いきや

1979年:ヌード写真集を出版

さらに大藪春彦さんの原作で主人公は松田優作(故)さんの映画「蘇る金狼」にヒロイン役で出演

大胆が濡れ場シーンが話題となりました

1981年:結婚

風吹ジュンさんの衝撃的な結婚

1981年:川添象郎さんと結婚

風吹ジュンさんが29歳の時で年の差は12歳年上の男性で川添象郎さん40歳でした

夫は3度目の結婚だったのです

最初の妻と2度目の妻との離婚は不明です

3度目の妻が風吹ジュンさんでした

子供は、長男と長女の2人を授かりました

1992年:離婚

風吹ジュンさんは40歳の時に離婚が成立

川添象郎さんとは?

1960年に東京都・麻布に開店した「キャンティ」というイタリアンレストランがあります

60年代~70年代にかけて文化人や芸能人など著名人が集った伝説の店です

キャンティのオーナーは明治の後藤象二郎伯爵を祖父にもつ、川添浩史さんの息子・川添象郎さんと結婚しました

川添象郎さんは芸能関係の仕事をする華やかな人物

アルファレコードを設立

超やり手な音楽プロデューサーとして有名人です

松任谷由実さんや青山テルマさん、尾崎豊さん、YMOやタモリさんなどをプロデュースしたとされています

離婚理由

女性問題や放蕩生活は風吹ジュンさんを苦しめました

夫は慶応義塾大学の女子大生を妊娠させてしまったのです

この女性、作家・林真理子さんの小説「アッコちゃんの時代」(新潮社)の主人公なんです

名前は「川添明子」さん(旧姓・小出明子)さんといいます

何度か女性誌にも特集で出演されていました

顔は女優の大島さと子さんによく似ています

大島さと子さんも川添明子さんもお互い、似ていることを認め合っていました

川添明子さんはバブル期に地上げの帝王と呼ばれた早坂太吉さんの愛人でしたが別れた後、川添象郎さんと交際して妊娠しました

妊娠中に他に愛人を作ってしまったとか

川添象郎さんから養育費を貰っているので贅沢な生活を送ることができるそうです

風吹ジュンさんはある程度の浮気には見て見ぬふりしていましたが離婚が成立しました

結婚生活は11年間の末に1992年に離婚

子供

2人の子供に恵まれましたが

子供の親権は風吹ジュンさんに渡りました

高額な養育費を貰っていたので働かなくても贅沢な生活を送ることができたといわれています

子供が幼稚園のお受験では川添象郎さんも一緒に面接に行くと、喋り過ぎてダメだったそうです

川添象郎さんの離婚後

夫・川添象郎さんは風吹ジュンさんとの莉言語、4度目の妻を迎えましたが離婚

5度目の結婚は2007年の時です

バブル崩壊とともにキャンティは次第に衰退が翳り出します

川添象郎さんの逮捕

  • 1997年:恐喝・暴行障害事件で全国手配されること1回

自分の会社の元社員を縄で縛って20時間も監禁してエアガンや木刀で暴行

全治2ヶ月の大けがさせたと報じられています

  • 2013年6月:港区のコンビニで万引きで窃盗容疑で逮捕・1回

言動に不信な点があったので尿検査を実施

覚〇剤の陽性反応が出ました

  • タイマを所持すること4回

最初は1970年にタイマ・パーティを開いて逮捕

執行猶予つきの有罪判決を受けています

執行猶予期間中に再び逮捕され前橋刑務所に服役

  • 覚〇剤を所持すること3回

1982年と1999年と2013年に逮捕

など報じられているだけでも9回も逮捕されています

2014年に懲役2年の実刑判決を受けました

風吹ジュンさんの子供

長男:日本で一般人として生活されています

結婚されて風吹ジュンさんにお孫さんを授かりました

娘:結婚してアメリカに住んでいるようです

ご結婚されて風吹ジュンさんにお孫さんを授かりました

風吹ジュンさんのプロフィール

名前:風吹ジュン

本名:川添麗子(かわぞえ れいこ)

旧姓:堀川

生年月日:1952年5月12日

年齢:66歳

出身地:富山県富山市八尾町

身長:157㎝

血液型:B型

出身校

  • 京都市立花山中学校卒業
  • 高校の進学は家庭の事情のためにできませんでした

結婚歴:1回

夫:川添象郎さん1981年-1992年

子供:2人

職業:女優

デビュー年:1973年

所属事務所:パパドゥ

受賞:1991年・作品「無能の人」

  • 日本アカデミー賞優秀助演女優賞
  • ブルーリボン賞助演女優賞
  • 毎日映画コンクール女優助演賞
  • 報知映画賞助演女優賞

風吹ジュンさんの彼氏

2011年から交際する男性がいるそうです

身長は175㎝くらいの年下の彼氏といわれています

職業は実業家

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.