Men-Sports 相撲

貴景勝の父親と貴乃花の出会いは?千賀ノ浦親方の心配とは

投稿日:2018-11-26 更新日:

小結・貴景勝が2018年九州場所で初優勝を飾りました

大相撲の救世主といわれる力士です

優勝しても感情を表に出さないのは、父親が泣いてはいけないと教えてきたからでした

泣くという行為は感情をコントロールできないから

試合に勝っても負けても冷静沈着でした

父親は目を赤くしていましたが自身は泣いていないと強がっていましたが誰よりも嬉しかったですよね

何よりの親孝行です

どんな大相撲力士なのかをご紹介します

貴景勝の大関昇進について

貴景勝の大関昇進とは

先場所(2018年)は9勝

今場所・九州場所は13勝

来場所・初場所は11勝以上で大関昇進の目安となります

技について

「突き・押し」

差し寄っていくっているのは大きい子には上手にやられてしまう

身体が小さいのでしつこく当たっていかなければならない

これまでの技は研究されてしまうので2019年の初場所(1月)は勝ち星を得ることが難しくなるといわれています

突き・押しで横綱に昇進した力士は少ないようです

得意技を磨きつつ、技を増やすことも重要となりそうです

貴景勝の彼女

いないようです

高校時代は寮生活でお小遣いをもらえませんでした

欲しいものはメモするように言われ、洋服は父親の趣味で購入されたそうです

貴景勝はテレビを見る習慣がないので好きなアイドルがどんな女性が活躍しているのかを知らないようでした

そして女性にプレゼントをしたこともないとあかしました

貴景勝の生い立ち

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-26_10_27_03

出展:大相撲・ファンのための応援ブログ

本名は佐藤貴信(さとう たかのぶ)です

名前の由来は

父親が貴乃花親方のファンだったので「貴」

それから織田信長の「信」

「貴信」と名付けられました

一人っ子です

実家

兵庫県芦屋市

高級住宅街に生まれ育ちました

貴景勝はお坊ちゃまですが本人は「芦屋と言っても色々です」と語りました

家族

父親の名前は佐藤一哉さん

母親の名前は佐藤純子さん

実家の家業は実業家です

仕事は保育園の経営者のようです

赤ちゃんの時

テレビ「子連れ狼」を観て日本刀とまりを預けたら「日本刀」を取ったので相撲でイケると思ったそうです

父親は空手に親しみましたが、空手はプロがいないので子供にはプロになれるスポーツをやらせたかったことをあかしました

「天下を取らせる」と願いが込めらています

空手

5歳から小学3年生まで極真空手を習っています

父親も空手を嗜んでいました

小学校

  • 相撲に転向(関西奄美相撲連盟)

全国大会で準優勝の実績を残しましたが、決勝で判定負けしたので納得できず「判定がある競技はやりたくない」と相撲に転向しました

小学3年生から地元の道場に通い始めます

  • 小学4年生-小学6年生(貴乃花部屋)

芦屋の実家から東京の貴ノ花部屋のキッズクラブまで稽古に通っています

小学4年生の時に夏休みを利用して参加しました

その際、貴乃花親方から「四股をふんでみろ!」と言われてやってみると親方は父親に「四股がすばらしい、気持ちも強いからこの子は絶対に強くなります」と言われて感激!

貴景勝は後に

「親方に褒められて嬉しかった」

「意識が変わった」

「家に帰ってからもっと稽古を頑張ろう」

原動力になったことをあかしました

  • 卒業文集

「お客様に喜ばれる力士になりたい」と書いていることが話題になりました

「国技館に来てくれるお客様が喜んでもらえないといけない」

プロはそういう考えだと教えられていました

「わんぱく相撲」全国大会の成績

  • 小学4年生・3位
  • 小学5年生・2位
  • 小学6年生・3位

父親の特訓

貴景勝は父親と2人3脚で大相撲(プロ)になると頑張ってきました

家の前で後ろ足ダッシュ

見ている人から変人扱いされることもあったそうです

そして貴景勝が「大相撲になる」と言うと、なれるわけないと失笑されたこともあるそうです

絶対プロになってみかえしてやると思ったとか

特訓メニュー

  • 父親は独学で四股の踏み方を勉強
  • 家の階段を4つんばい歩行で昇降

1日25回~80回を毎日欠かさず訓練

大変だとやらされるから楽しそうにやっていたそうです

お腹が痛いとか体調が悪い時こそ、訓練が厳しいけれど父親は相撲意外では優しかったようです

食生活

1ヶ月の食費は30万円

貴景勝は痩せていたので体重を増やすために、運動した後に肉料理をメインとした食事を課せられました

貴景勝は一番辛かったのは、父親の特訓メニューよりも食事のノルマだったことを告白しています

  • ハンバーク450gを3枚

この食事が原因でハンバークが苦手になったそうです

  • 1食4合
  • 牛丼特盛3杯

目標体重は毎年20kg体重増加

母親の肉料理は簡単なものと言いましたが大変だったようです

体重が増加した影響は

走ることが一番速かったのに一番遅くなってリレー選手に選ばれなくなってしまいました

中学時代

中学時代は反抗期があったそうです

父親に反抗したけど上手くいかなくてその日にやめたとか

  • 世界ジュニアの試合

エジプト人選手に危険な肘内を食らった際、夜の食事ののときにエジプトチームに押し掛けて日本語で「お前、いいかげんにしろ」と怒ったそうです

その後は、仲良く食事したことを語りました

  • 全国中学生相撲選手権大会

結果:優勝

高校時代

  • 埼玉栄高等学校に進学した理由

中学卒業は大相撲に入るか高校に進学するか悩んで、埼玉栄高校の山田道紀・監督から「プロで活躍したいなら栄高校に来なさい」とスカウト

寮生活を送りました

高校の山田監督

人一倍努力した

得意技「もろ差し」から「突き押し」に変更

高校生活

  • 3年生の時、台湾で行われた世界ジュニア相撲選手権大会に出場

結果:無差別級で優勝

  • 修学旅行

旅行で5日休んだら弱くなる

などと言われて稽古を選んだそうです

国体

2014年10月開催の終了後に貴乃花部屋に入門する予定でしたが、国体を待たずに9月に入門しました

貴乃花部屋に入門後

2014年9月:入門

しこ名:佐藤

高校卒業前に貴乃花部屋に入門しました

貴景勝は高校卒業しています

大学進学

日本大学か中央大学に進学しました

初場所まで時間があったら?(2018年)

2019年1月の正月に帰れるなら少し帰りたいけれど、時間があるかわからない

貴景勝の貴乃花部屋

貴乃花親方

テーピングをしない方針

テーピングを巻いて滑って負けたことがあるので、それからはしない

今は痛くても巻くと変な感じがするからテーピングしない

貴乃花親方には、言葉の使い方や生活の仕方を教えてもらいました

勝ち越しの時と、優勝した時に電話したそうです

何を言われたのかは言いたくないとしました

大事なことを言葉にしたくないようでした

男らしいですね

貴乃花親方の引退と弟子の行方について書いた記事はこちら

貴乃花親方の妻・花田景子さんについて書いた記事はこちら

貴景勝の千賀ノ浦部屋

千賀ノ浦部屋親方

稽古はよくすると評判の貴景勝です

「しこ」と「鉄砲」の基本稽古をやってから組稽古をする

何も言わなくてもやっている

怠けようと思わない

ルーティンになっている

ゲン担ぎはしないけれど、食事の内容は変えない

思ったよりしっかりしている

稽古については何も言うことはないそうです

私生活の面では真面目過ぎて心配なのかもしれません

貴景勝の生活

貴景勝の飲酒:酎ハイ2缶で眠くなってしまうのでほとんどお酒を飲まないそうです

夜の女性のお店に出かけることはほとんどありません

お祝いの席では千賀ノ浦部屋親方が代わりに飲んでくれるとか

貴乃花部屋の生活は夜9時に消灯

朝は5時前から稽古が行われました

千賀ノ浦部屋では朝がゆっくりなんです

生活のスタイルは少し変わったようですが場所の成績に影響はありませんでした

千賀ノ浦部屋について書いた記事はこちら

貴景勝のプロフィール

しこ名:貴景勝(たかけいしょう)

本名:佐藤貴信(さとう たかのぶ)

愛称:芦屋の暴れん坊

生年月日:1996年8月5日

年齢:22歳(2018年現在)

出身地:兵庫県芦屋市

芦屋なのでお坊ちゃまのイメージがありますが「芦屋でもいろいろ」と語りました

出身校

  • 報徳学園中学校卒業
  • 埼玉栄高校卒業
  • 大学に進学しているようです

身長:175㎝

体重:170kg

得意技:突き・押し

所属部屋:千賀ノ浦部屋(2018年-現在)

元・貴乃花部屋

初土俵:2014年9月場所

入幕:2017年1月

趣味:サッカー

(レアルマドリードが好き)

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men-Sports, 相撲

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.