作家

町屋良平(芥川賞作家)の出身は埼玉県育ちの会社員!嫁はいる?

投稿日:

町屋良平さんは芥川賞受賞作家です

2019年1月16日

作品「1R1分34秒」が選ばれました

サラリーマンだったので帰宅後に執筆活動を

してきたそうです

住んでいる街はあきらかにしていませんが

埼玉県越谷市に感覚が似ていると

語っています

さりげない幸せがある日常に暮らしているようです

町屋良平さんを調査しました

町屋良平さんのプロフィール

名前:町屋良平(まちだ りょうへい)

生年月日:1983年

出身地:東京都台東区生まれの埼玉県越谷市育ち

出身校

  • 埼玉県立越ヶ谷高等学校卒業
  • 武蔵大学人文部卒業

職業:小説家

デビュー年:2016年

受賞

2016年:文藝賞受賞「青が敗れる」

2019年:芥川龍之介賞受賞「1R1分34秒」

結婚歴:調査中です

町屋良平さんの生い立ち

幼少時代

東京都のご出身ですが幼少時代から20代半ばまで

埼玉県の越ヶ谷に住んでいたそうです

作家になったきっかけ

小説家を目指したきっかけ

ちびまる子ちゃんの文章に影響されたそうです

家庭的な光や温かみを感じたそうです

高校時代

町屋良平さんの高校時代は地味な生活だったとか

小説にはあまり影響していないそうです

子供の頃に住んでいた越谷市の風景が

小説に影響しているそうです

高校卒業後

2年間はフリーター生活を送っていたそうです

Wikipediaでは大学卒業と経歴がありますが

フリーター生活を描いたライターさんも信頼できそうです

経歴は調査中です

現在は会社員生活をして

執筆は夜8時から11時半くらいまでを費やしているとか

嫁はいないことをにおわせていますが調査中です

執筆をするうえで大切にしてきたこと

体調を崩さないことが

最低限で最大の目標なんだそうです

芥川龍之介賞受賞した作品「1R1分34秒」と

小説家として

体と対話しながら生きていくことを考えているので

そうしたことを小説に込めた思いを

しっかり文章にのせることができたと語りました

芥川龍之介賞受賞したので会社員は退職していることを

におわせていました

プロの作家としてやっていくそうです

町屋良平さんの代表作品

  • 2016年:青が破れる(河出書房新社)

デビュー作品

第53回文藝賞入賞

出典:amazon

2018年:しき(河出書房新社)

  • 芥川龍之介賞の候補
  • 野間文芸新人賞候補

出典:amazon

芥川龍之介賞受賞作品とボクシング

2019年:「1R1分34秒」

芥川龍之介賞受賞しました

出典:amazon

「1R1分34秒」はプロボクサーが主人公です

町屋良平さんは自分もプロの作家になったので

プロとして書けることが

ボクシングの中に見つけられるのではないかと

動機があったことを語りました

町屋良平さんはサラリーマンになって

7年から8年間ボクシングジムに通っていました

ボクシングに限らず

体を動かす事と小説を書くことは

自分の中で親しい感覚があるそうです

町屋良平さんが現在住んでいるところは

あきらかにされていませんが

幼少時代に住んでいた埼玉県越谷市に

感覚が似ているそうです

筆者は越谷市に住む友人を思い出しました

とても住みやすくていいところなんだそうです

友人は週末にお菓子を買い込んで

家で家族とのんびり過ごすと語っていました

町屋良平さんにとっても住みやすい

下町の風景のある街に住んでいるようです

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-作家

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.