Woman

永野芽郁が連続テレビ小説半分青いの撮影現場が毎日楽しいとあかす

投稿日:2018-04-01 更新日:

今年18歳になった永野芽郁(ながのめい)さんが、2018年のNHKから放映される朝の連続テレビ小説のヒロインに決まりました。

4月2日スタートする「半分、青い。」が半年間、私達に笑顔を見せて楽しませてくれます。

【永野芽郁のデビューは小学生がはじまり】

以前は、朝の連続テレビ小説のヒロインに抜擢させるのは、新人の女優や一般の人からオーディションなどで選抜されましたが、最近の傾向では芸歴が長いがあまり人の目にさられていない芸能人が多いように感じます。

永野芽郁さんは、小学校3年生に買い物中にスカウトされたことがきっかけで芸能界に入ったことから、芸歴は長くたくさんの作品に出演しています。

2009年に公開された映画「ハード・リベンジ・ミリーブラッディバトル」の子役としてデビューを果たしました。

その後は長身のスタイルの良さを活かして、ファッションモデルの方面で活躍しているようです。

2013年のNHK大河ドラマ八重の桜では、山川常盤(やまかわ ときわ)の少女期を演じています。小さくてもたくましく生きる会津の女性達が活躍する場面が多い物語です。

2016年のNHK大河ドラマ真田丸では「千姫」役を演じました。千姫は戦国時代から江戸時代の女性で、父は徳川秀忠と母は江との間に生まれた子が千姫です。

NHK関係の出演が多いところから連続テレビ小説「半分、青い。」での撮影現場が楽しいとあかし、すでに大物の風格があるのかも知れません。

【朝の連続テレビ小説、半分、青い。の撮影現場が楽しいと言う】

時代背景は昭和時代の1971年に生まれた女性の物語です。

この頃に生まれた女性の年齢は現在46歳を迎えているので、身近にいる女性と重ねて見ちゃいそうですね。

舞台は岐阜県と東京で、主人公の「楡野 鈴愛」(にれの すずめ)は失敗したり、転びながらも持ち前の明るさと行動力で、一大発明を達成するまでのサクセスストーリー(成功物語)のようです。

主人公の鈴愛(すずめ)は、幼い頃に、病気で左耳をの聴覚を失ってしまう役どころで、鈴愛の役を演じるようになってからは、普段の生活でも「右の耳を出すようになりました」と話しています。

幼なじみ役の萩尾律(はぎおりつ)を演じるのは、俳優の佐藤健(さとうけん)さんです。

佐藤健さんは、左耳の不自由な主人公の楡野鈴愛のリズムに合わせ、寄り添っていく役のようなので、いい意味で何も考えずに控室でも一緒にいるようにしていることは話し、目を見れば相手のことがわかるようになってきたことなどもドラマの中から読み取って欲しいと話しています。

普段の会話でも岐阜弁を使うようになったことから、友人からはどこの人?と言われることもあるようで、岐阜の土地にも馴染んでいることがわかります。

永野芽郁さんの写真や画像から、健康的で目力が強い印象を持ちます。

撮影現場でもほんわかとした雰囲気で場を朗らかにするが、大物の共演者達にも物おじしないというところから度胸がありそうですね。

【朝の連続テレビ小説への思い】

NHKの朝の連続テレビ小説の出演が決まった時の思いは格別のようですね。

脚本は北川悦吏子さんが手がけます。芽郁さんは「せりふが全てきれいに聞こえるのが本当にすごい」と話し、北川悦吏子氏の作品の世界観は独特で、演技で表現することへのチャレンジ精神もありそうです。

周囲から朝の連続テレビ小説は大変と聞かされているようですですが、芽郁さん自身は「思ったほどでもなかった」ようで、のんきに構えているようにも見えます。

ここでの出会いを大切にしてもっと仕事を頑張り、成長したいと話しているところから、撮影現場の雰囲気が良く毎日が楽しいことを明かす芽衣さんの今後の活躍に期待していきたいです。

主人公「楡野鈴愛」(にれのすずめ)を演じきった後にやりたいことは習い事がいろいろあるようです。

好奇心旺盛な永野芽郁さんという女性像からは今時の活発な印象があり、ドラマを見ている視聴者にどのように映るのか期待していきたいと思います。

主題歌は星野源(ほしのげん)さんの楽曲でアイデアと言います。こちらも楽しみですね。

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

プロフィール

名前 永野 芽郁(ながの めい)

生年月日 1999年9月24日

出身地 東京都

身長 163㎝

職業 女優 モデル

所属 スターダスト

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.