将棋・オセロ・囲碁

羽生善治の子供時代は将棋が弱かった!中学生でプロ棋士になれた理由

投稿日:2018-04-03 更新日:

羽生善治さんが国民栄誉賞を受賞するなど

注目を浴びていますが

意外にも子供の頃は

下からのスタートが出発地点だったそうです

弱かった羽生善治さんが

中学生で天才プロ棋士になれた理由を追跡しました

私は将棋をさすときの勝負師の思考はどうなっているのだろう?ということに興味あります

意外なほどシンプルで美意識を持っていることに気づきました

羽生善治さんの将棋きっかけ

https://media1.picsearch.com/is?AFIurd6cdeJyVi2Ie_lznpZHLEodCm6gIaln3du8RAc&height=328

羽生善治さんの将棋のきっかけ

将棋との出合いは意外に遅かったそうです

将棋の存在を知ったのは

小学校1年生の時に友人の家で

将棋を教わったことがきっかけです

2年生の夏に八王子将棋クラブに入りました

弱すぎて本来なら7級からスタートするところを

下の階級である15級からスタートしたそうです

普通なら落ち込んだり、投げ出したくなりますよね

小学校6年生の時に

小学生名人戦に優勝して奨励会に入会しました

羽生善治さんはスタート位置をあえて低く設定したり

上達の度合いを数字や形になって

目にみえるように工夫したのかも知れません

そして気にせずに将棋を楽しみ

好奇心と探求心を持って

少しずつ強くなっていったそうです

子供の頃から継続したことを職業に持つことで

成功をおさめられる人は一握りかも知れません

人生は思うようにいかない時もあります

羽生善治が中学生でプロ棋士

中学3年生の時にプロ4段へ進みました

1989年

第二期竜王を獲得

史上初の10代タイトル保持者となりました

1993年:五冠を獲得しています

  1. 「棋聖」
  2. 「王位」
  3. 「竜王」
  4. 「王座」
  5. 「棋王」

1993年12月

竜王の王位を失います

一方で

将棋界では初めての一億円プレイヤーとなりました

羽生善治さんはは竜王位を失うと

次はそれ以上の成果を成し遂げています

ますます注目されるようになり

その将棋の勝負には勇気のある進みをみせました

独身時代に話題となったこと

ちょっぴり「寝癖」が

世の中の女性の母性をくすぐり人気を集めました

1996年

80年代アイドルの畠田理恵さんと結婚

寝癖」は落ち着きましたが

最近は「ちょっぴり寝癖」が見えてくるようになりましたね

羽生善治の嫁と子供の記事はこちら

中学生棋士・藤井聡太さんについて

2017年頃から

藤井聡太さん(ふじいそうた)が

中学生のプロ棋士となって注目されるようなり

羽生善治さんの学生棋士の頃と

重ねるように注目されるようになりました

藤井聡太さんについて書いた記事はこちら

藤井聡太の最年少7段について書いた記事はこちら

出典:Twitter(藤井聡太さん)

羽生善治さんの強さ

2018年にはAIと呼ばれる

AIと言うコンピューターの技術が発達することによって

人間とコンピューターの対決は

将棋やゲームでも遊びの中でも行われるようになりました

2001年から羽生善治さんは

コンピューター将棋を分析して

どのように勝つのかを考え続けているようです

その理由は

2001年に出版した「簡単に、単純に考える」という書籍の中で

金出武雄さん(かなで たけお)

当時カーネギー・メロン大学教授で

NASA先端技術委員やロボット工学の学者と

対談の時にも語っていました

2001年には

すでにタイトル戦を終えた後

将棋をコンピューターで調べることがありますと語りました

羽生善治さんの将棋に対する探究心は続きます

将棋の世界の先々を見通していて

2018年にはほぼ予想通りの展開となっているようでした

AIは勝つことだけを意識しているので

人間が本来持つ情緒というような

奇想天外な感覚ということに対し

まだまだ不完全ではないかと思います

羽生善治さんは

「いい将棋を残すことにこそ意義がある」と語りました

将棋の場合

強い形というのは美しい形なのだといい

美意識を感じ取ることのできる棋士が強いのだそうです

書籍を読み進めていくと

平尾誠二さん(ひらお せいじ)

ラグビー監督との対談しています

また、二宮清純さん(にのみや せいじゅん)

スポーツジャーナリストとの対談では

スポーツ界の一流選手のタイプや戦い方と

羽生善治さんの将棋の世界の勝負の仕方が語られて

これはスポーツを知らない人でも

面白く読み進められる内容でした

私は子供時代にこんな本が

夏休みの作文の宿題だったら良かったのにと思っちゃいました

最後に

羽生善治さんが将棋に向かう姿は

人を寄せ付けない凄みを感じます

一方で子供向けの将棋の本を出しています

他にも数冊の書籍を出していますが

将棋が分からない人が読んでも分かりやすいです

頭の中はいつもシンプルで

目の前にあることを着実に一歩

歩んできた道のりが丁寧です

2017年

将棋の世界では初めての

「永世七冠」(えいせいななかん)を達成しました

2018年2月:国民栄誉賞を授与

出典:(読売新聞写真部)(右・井山裕太・囲碁棋士)(左・羽生善治・将棋棋士)

2018年:紫綬褒章

出典:Twitter(毎日新聞写真部)

羽生善治さんを知れば知るほど

将棋の世界で勝負を続ける勇気とを感じさせます

羽生善治さんの嫁と子供の記事はこちら

プロフィール

名前:羽生善治(はぶ よしはる)

生年月日:1970年9月27日

出身地:埼玉県

職業:プロの将棋棋士

19歳で竜王を獲得

結婚歴:あり

嫁は80年代アイドル「畠田理恵」さん

子供:女児2人

最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-将棋・オセロ・囲碁

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.