Woman 女性音楽

シシドカフカの本名と身長は?結婚相手はどんな人?

投稿日:

シシドカフカさんは女性ドラマーです

身長175㎝でモデルとしても活動しています

ドラムを叩きながら歌うスタイルが

カッコよくて印象的です

さらに歌唱力もあります

どんな人物なのか調べました

シシドカフカさんのプロフィール

javascript: void(0)

本名:宍戸佑名(ししど ゆうな)

名前:シシド・カフカ

カフカの意味:チェコ語でカラス(コクマルガラス)のことです

名付け親:コピーライターの渡辺潤平さんが

シシドカフカがいつも黒い洋服を着ていたことからカラスをイメージして名付けられました

人種:日本人

両親は日本人です

生年月日:1985年6月23日

年齢:33歳(2019年3月現在)

出身地:メキシコ

身長:175㎝

出身校

玉川学園高等部・卒業

東京工芸大学芸術学部写真学科・卒業

結婚:未婚

子ども:なし

職業:ドラマー・女優

デビュー年:2004年

所属事務所:avex trax

好きな食べ物:酒と肉料理

特に梅酒が好きなんだそうです

休日は何もしないと決めた日は

なんと朝からビールを飲むとか

シシドカフカの生い立ち

メキシコで生まれ小学校時代まで東京で過ごしました

姉が1人いらっしゃいます

名前は「ちかげ」さんというそうです

習い事

5歳からピアノやバイオリンを習っていました

しかし続かなかったそうです

シシドカフカさんは裕福な家庭に育っています

中学時代

父の仕事で12歳の時にアルゼンチンに引越して中学時代を過ごします

アルゼンチンはスペイン語ですが

シシドカフカさんは言葉が理解できず

学校にもアルゼンチンにも馴染めませんでした

頑張ってスペイン語を覚えますが

帰国して使わなくなった今では

少しの単語しか覚えていないそうです

ドラムのきっかけ

14歳の時に両親から

なんとサイレントドラムをプレゼント

これがきっかけでドラムを始めました

両親がドラムのトレーナーとして呼んだのは

アストル・ピアソラの孫(ジャズのプロドラマー)です

ダニエル・ピピ・ピアソラでした

これだけでも凄いですよね

どんな人脈なんでしょう

さらに財力もありそう

週に1回ドラムを教えに

シシドカフカの自宅を訪れ

スティックの握り方など一から

ドラムを教えられました

ピアソラがドラムを教えたのは

アルゼンチン人らしくタンゴでした

ドラムを叩く際

常に裸足になっています

その理由は

「どんな靴を履いていても

靴の厚みと重みで自分の置きたいところで

キックを踏む計算ができなくなる」

いつも最高の演奏をするこだわりなんだそうです

高校時代

アルゼンチンは2年で帰国

高校時代から音楽バンドを始めます

東京都高円寺に住む庶民的な一面もありますが

家柄は裕福でセレブ家庭です

大学時代

19歳の時に「THE NEWS」の3代目のドラマーとして活動を開始

4年間をドラマーとして活動しています

身長175㎝をいかしてモデル活動も開始

20歳の時に音楽プロデューサーや

プロドラマーと出会い

一緒に音楽をしようと誘われました

2人のプロデューサーのもと

シシドカフカさんはヴォーカルを担当します

メジャーデビューを目指していました

しかしなかなかデビューが決まらず

飲食店で約5年間をアルバイトをして過ごしました

このころはハンドマイクで歌っています

2011年に2人から

「ドラムを叩きながら歌ってみれば」と提案され

やってみるとしっくりきたそうです

「いける」と実感したことから

現在のドラムを叩きながら歌うスタイルとなりました

これが評判となりデビューが決まりました

シシドカフカの結婚

彼氏の存在は出てきませんでした

シシドカフカさんは美人なのでモテないはずがないのです

恋愛は「優柔不断」

さらに「ベッタリ甘えたいタイプ」

頼りがいのある男性がタイプなんだそうです

Sキャラのシシドカフカさんですが

プライベートではカワイイ女性なんですね

結婚について

同業のミュージシャンは嫌なんだそうです

別の業界の男性がよいことを語っています

プライベートの時間に

ダメだしされることが嫌なんだとか

最後に

シシドカフカさんの実家を調べましたが出てきませんでした

新しい情報が入り次第、追記していきます

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman, 女性音楽

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.