80年代アイドル Woman 伝統・王族・皇室

柏原芳恵の学校と衝撃の芸能生活は?結婚と彼氏はどんな人?

投稿日:

柏原芳恵さんは80年代のトップアイドルです

当時23歳だった浩宮徳仁親王が憧れた

ロイヤルアイドルです

一方でファンタスティックなこけし事件と

浮世離れしたプライベートと

略奪愛を実らせた現在の様子から

柏原芳恵さんについてご紹介します

柏原芳恵さんの結婚と彼氏

https://media3.picsearch.com/is?B_LlrLDl4WW6DKUasucneagzeXTiznNIawFi7ct0So4&height=248

以前、テレビのワイドショーの中で

噂の男性がいないアイドルとして

男性のタイプを質問されると

「過去に好きな人がいたと告白」

「私は一途に一人の男性とやっていくタイプ」と

「他の男性は考えられない」

「結婚はしていない」などと

語っていました

[結婚]

結婚はしていません

子供もいません

25歳の時に出会った男性と

不倫の末に略奪婚として

事実婚を噂されました

お相手の名前は伏せられていましたが

日本と香港の合作映画「メイプル・オン・ファイヤー」で

柏原芳恵さんは主演を務め

この男性は監督を務めます

そこで名前は「鹿村康祥」さんと判明しました

[不倫報道]

2001年に報じられた略奪愛は

22歳年上の当時47歳の不倫相手が

妻子を捨てて同棲していたことが

報じられました

2016年9月に週刊文春が事実婚をスクープ

男性は離婚

しかし入籍はしていませんでした

[男性の肩書]

アジアで人気の武闘家として活動

しかし男性には嫁と

中学生と小学生の子供がいました

柏原芳恵さんが独立する際

「エグゼクティブプロデューサー」を名乗り

事務所の取締役に就任しました

[なれそめ]

1990年(25歳)の時

Vシネマ「女ギャンブラーリベンジ香港」に出演した際

ロケ先の香港でアクションを指導した男性です

翌年1991年(26歳)の時に

日本と香港の合作映画「メイプル・オン・ファイヤー」で

柏原芳恵さんは主演を務め

この男性は監督を務めます

[不倫疑惑]

お相手の男性は香港に家庭を持ち

香港や台湾を拠点にしていました

柏原芳恵さんとの出会いで

日本を拠点に事実婚の生活をしていたそうです

[現在の生活]

この男性は後に離婚し

現在は柏原芳恵さんが購入した

都内のマンションで生活しているそうです

しかし入籍はせず

事実婚とされています

2016年の時点で柏原芳恵さんは51歳

男性は73歳と高齢者の年齢に

体調を崩しているそうです

柏原芳恵さんは男性の看護を優先して

お仕事を制限されているそうです

柏原芳恵さんと皇太子

学校の同級生が好きなアイドルの写真を

下敷きに挟んでいる中

浩宮徳仁親王はお立場上

皇太子として贔屓する人物を表現することが

許されなかったそうです

ブランド物のバックを持つことも許されず

特注するほど厳重でした

そういう環境に置かれた中

留学先のイギリスの

オックスフォード大学留学直前の記者会見で

「好きな歌手は柏原よしえ」さんと語りました

留学期間は23歳~25歳の2年間です

[帰国後のご発言]

留学先で柏原芳恵さんの写真を

自室の洗面台に貼っていたそうです

当時の柏原芳恵さんは18歳でした

[ロイヤルアイドルと言われる理由]

浩宮徳仁親王(現在の天皇)は

イギリスから帰国した翌年

1986年10月19日に行われた

リサイタル「おんな飛翔」に出席

鑑賞されました

その際、東宮御所に咲いていたバラの花を直接

1輪贈呈しました

バラの花の銘柄は「プリンセスサヤコ」です

当時の新品種は日本に限られたバラの花だったのです

柏原芳恵さんは返礼として

サイン入りの写真集を贈りました

バラは後日、特殊な処理を施されて

真空状態のガラスケースに収められました

http://kimamana-topic.com/wp-content/uploads/kasiwabarayosie4-1-500x339.jpg

[浩宮徳仁親王のお言葉]

「とても楽しみにしていました」

「一番好きなのは(楽曲)春なのにです」

[当日の浩宮徳仁親王のスケジュール]

浩宮徳仁親王は多忙のスケジュールで

御所で開かれたスペイン王女の歓迎パーティでした

この前日には

浩宮徳仁親王殿下が後に妃殿下となる

小和田雅子さんと初めて会った翌日に

柏原芳恵さんのリサイタルに出席されていたのです

もしかすると皇太子妃になる可能性については

「ありません」

皇太子妃にエントリーされるには

数々の身辺調査が行われます

実は1983年に「こけし事件」が勃発

お妃候補に始めから入っていないとか

後に徳仁皇太子殿下は天皇になった際

あの頃が一番楽しかったと思い出を語られました

柏原芳恵さんの実家とこけし事件

[家族]

両親と兄が1人と4人家族です

幼少時代は

書道教室に通っていました

小学・中学の同級生に

ボクシングの亀田三兄弟の父親で

亀田史郎さんがいます

大阪市立今宮小学校・中学校に通っていました

[オーディション]

1979年(14歳)の時に

日本テレビ系のオーディション番組「スター誕生!」にて

グランドチャンピオンを獲得しました

所属事務所はバーニングプロダクション系列の

ゴールデンミュージックプロモーションに所属しています

当時の同期アイドルは18歳頃で

15歳の柏原芳恵さんは孤独だったそうです

しかし大阪出身の河合奈保子さんとは仲が良く

楽屋からトイレに手をつないで行くほど

仲が良かったそうです

岩崎良美さんは話しを聞いてくれた

仲の良い芸能人として紹介されていました

河合奈保子について書いた記事はこちら

[プレゼント]

16歳になった時、売れっ子の柏原芳恵さんに

事務所の社長から頑張っていると

青葉台に85坪の一軒家を

プレゼントされたそうです

[こけし事件の真相は]

1983年(18歳)の時に

全国に衝撃報道が飛び込みました

真相はガセという人もいる理由には

経緯が異なるからです

どれが真実なのかわからず

今となっては都市伝説になりました

ある情報では仙台空港でのこと

手荷物検査で荷物が金属探知機に引っかかり

何度トライしても引っかかるので

職員が中身を調べたところ

アダルトグッズの

電動バイブが出てきという事件でした

1本という人もいれば

2本という人もいて

ファンタスティックな事件でした

マネージャーに

「3日も我慢ができないのか」と呆れられ

柏原芳恵さんは

とっさに発した言葉は

「これは河合奈保子ちゃんのものです」

さらに

「松田聖子ちゃんだって持ってる」と発言

最後は

「これは肩こりのマッサージ機です」と否定

また別の情報では

女性スタッフがあわてて駆けつけて

「これは彼女のではなく私の物です」と弁解したとか

さらに仙台空港の職員が

口止め料金として1万円貰ったなど

いろいろな情報が飛び交います

こけしが2本出てきたというのは

1本は河合奈保子さんへ

海外のお土産だったそうです

仲が良かったアイドルを巻き込んだ結果

これ以降

河合奈保子さんと不仲になったとか

そして

その年のNHK紅白歌合戦の出場は取り消されたそうです

歌唱力に優れヒット曲が多く

レコード大賞の連続出場した割合に対して

NHK紅白歌合戦には2度出場と少なめです

今となっては都市伝説の

衝撃なアイドル事件でした

仙台空港の職員から漏れたと言われている

こけし事件ですが

名誉棄損で訴えられた人もなく

実はタレントのタモリさんが

ラジオで面白くした作り話で

真実のように話しが広まったというものです

昭和の時代はファンタスティックです

良き時代でした

[高校中退]

こけし事件(18歳)の後

堀越高校を中退しました

当時の堀越高校のアイドル生徒は

単位が取れなくても卒業できたそうです

柏原芳恵さんの中退後は

清純派アイドルから女優へ転身

セクシー系でありながら焦らし作戦で

大事な部位を見せることはありません

50代に差し掛かると地元大阪出身を売りに

親しみやすさと優れた歌唱力で

ファンを魅了しています

[家事]

以前、ワイドナショーの中で

プライベートをあかしました

中学生からアイドル生活を過ごしているので

何もできないとあかしています

健康を維持するために料理はできるとか

それ以外の家事は人に任せているようです

電車に乗ることがなく

移動は専用の車を利用するので

タクシーを手配することもなく

スタッフがいなければ

どこにも行けないとあかしていました

料理はするそうですが

食材の買い出しはスタッフに任せているとか

番組内で商店街を歩いていましたが

金銭感覚はないそうです

アイドルって凄いなあと思います

浮世離れした柏原芳恵さんの生活でした

柏原芳恵さんのアイドル時代

[デビュー]

1980年6月1日(15歳・中学3年生)でデビュー

「柏原よしえ」の名義で活動開始

シングル曲「No.1」を発売しました

当時のアイドルにはキャッチフレーズが付いていて

「ちょっと大物、夏ひとりじめ。よしえはNo.1」

[ヒット曲]

当時のアイドルは1年に3枚~4枚のシングルを発売していました

そして松任谷由実さんの楽曲と

中島みゆきさんの楽曲のどちらかを選ぶと

その後の楽曲の方向性が決定されます

柏原よしえさんは中島みゆき派として

楽曲「春なのに」でヒットすると

優れた歌唱力と大人びた表現力と

スレンダーな身体に大きなバストで

多くのファンの心を掴んで離しませんでした

デビューした翌年には

すでに7枚目のシングル曲を発売しています

7st「ハローグッバイ」(1981年・16歳)

約40万枚を売上ます

この曲はアグネス・チャンさんの楽曲です

当時はレコードのA面とB面がありました

A面は売上を左右するヒット曲ですが

B面は裏面と呼ばれコンサート曲でした

ハローグッバイはB面に収録されていたので

アグネス・チャンさんのカバー曲とは知らず

「カワイイ」とハローグッバイを聞いていたようです

第23回日本レコード大賞ゴールデンアイドル賞を受賞

12st「春なのに」(1983年)

皇太子殿下が「一番好きな歌」と語られた代表曲です

中島みゆきさんの楽曲を中心に

1981年~1986年の間に

ヒット曲(18曲)を発売

日本レコード大賞には1981年~1987年まで連続出演

1985年~1987年の3年連続で

最優秀歌唱賞部門にノミネートされた実力派です

その後は女優としての活動がおおくなります

 

春なのに

出典:amazon

13st「ちょっとなら媚薬」(1983年)

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

15st「タイニー・メモリー」(1983年)

作詞作曲:松山千春

23st「し・の・び・愛」(1985年)

作詞作曲:高見沢俊彦」

30st「黄昏のダイアリー」(1988年)

作詞:荒木とよひさ

作曲:堀内孝雄

[移籍]

1989年

デビュー当時に所属していた

バーニング系列の

ゴールデンミュージックプロモーションから

同列会社のT&Cミュージックから独立した

ソーマオフィスに移籍しました

[独立]

1992年に独立してoffice YOSHIEを立ち上げます

1986年から2006年まで新曲の発売がありませんでした

2016年にマツコ・デラックスさんの番組に出演

楽曲「春なのに」を熱唱して絶賛

50歳を過ぎてますます色香を増しています

体型を維持するために努力していることをあかしました

柏原芳恵さんのプロフィール

本名:柏原芳恵(かしわばら よしえ)

「名義」

  • 柏原よしえ(1980年~1982年)
  • 柏原芳恵(1982年10月~現在)

生年月日:1965年10月1日

年齢:53歳(2019年5月現在)

出身地:大阪府大阪市

身長:157㎝

血液型:A型

出身校

  • 大阪市今宮小学校卒業
  • 大宮市立今宮中学校卒業
  • 堀越高等学校中退

結婚:未婚

子ども:なし

趣味:料理・粘土細工・映画鑑賞・カメラ・スキューバダイビング

職業:歌手

デビュー年:1980年

所属事務所:office YOSHIE

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-80年代アイドル, Woman, 伝統・王族・皇室

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.