Woman

ホラン千秋の生い立ちと芸能界に憧れた子供時代は人見知りの性格

投稿日:2018-04-08 更新日:

ホラン千秋さんが日本テレビの波乱万笑の番組に出演しました。

そこで話した生い立ちから、芸能界に憧れて夢を叶えた、ホラン千秋さんのことがわかりました。

物怖じしないハキハキと話す姿からは、意外なほどに子供時代は人見知りな性格で周りの人を困らせたことがあると言います。

人を惹きつける魅力と人を引き離す強さを持つその二面性は、どこから来るのだろう?というところに焦点を当てて2回に分けて掲載しました。

ホラン千秋の関連記事はこちら

【芸能界デビューは5歳】

ホラン千秋さんは、父親がアイルランド人で母親が日本人の間に生まれた日本出身の女性です。

ホラン千秋さんの整った目鼻立ちは、父親の鼻が高く彫りが深い顔立ちを譲り受けたように思います。

母親の友人のコミュニティに、外国人と結婚して子供を持つママ友があるようです。

5歳の時にキッズモデルを「記念にやってみたら?」言われて始めたことがきっかけで、芸能界に興味を持ったと話しています。

ホラン千秋さんの子供の頃は、引っ込み思案な性格で、キッズモデルの仕事先では、お母さん役の女性と仲良くできなく周りの人を困らせてしまったことが分かりました。

小学生になっても引っ込み思案な性格は変わらなかったようです。

現在も普段の姿はインドアでしとやかな性格のようにも感じます。

子供の頃に、七夕の短冊に書いた願い事は、当時アイドル歌手だった沖縄県出身の4人グループ「SPEED」になりたいと話すことから、芸能界に進みたいという思いが強かったことがわかります。

中学生になると13歳の時に、母親から「記念に応募してみたら?」と提案されたことから、現在所属しているアミューズに応募したことがきっかけで芸能界の扉を自ら開きました。

しかし、思うように仕事が来なかったことをあかしています。

アミューズのような大手の芸能事務所では、将来有望なタレントは温めながら育てると聞いたことがあります。

そのために、学生時代を楽しむことができ、学業に励むことができたことが、現在のホラン千秋さんの魅力につながっているように思いました。

ちなみに中学時代の部活動は吹奏楽部で、クラリネットを担当していたそうです。

第一希望はフルートでしたが、人気がり先輩がやっていたので、クラリネットになったことをあかしています。

フルートの優雅な音色に憧れたようですが、ホラン千秋さんのクラリネットを聞いてみたいですよね。

【ホラン千秋さん男性のタイプは?】

家庭では亭主関白の父親の元で育ったホラン千秋さんは、父親のような頑固な人は苦手だと話します。

早口で自分の意見をはっきり話すところから、ホラン千秋さんの性格は父親譲りの頑固な一面が見られます。

女性は父親に似た人を好きになると言われることがありますが、ホラン千秋さんは父親のような頑固な人は苦手だと話しているところから、母親の性格のようなタイプの男性を選ぶと上手くいきそうだなあと思いました。

ホラン千秋さんの母親は働きながら家事もしっかりこなす理想的な女性のようです。

アイルランド人の父親の食事は、洋食が基本で時々ベジタリアンになるようです。

父親の食へのこだわりを見事に支えた母親の姿を、身近に感じて育ったホラン千秋さんは、日本人の女性が持つしとやかな一面があるように思いました。

家庭的な印象をあまり見せないようにしているのかな?と思います。

母親の家庭料理で育ったホラン千秋さんの本当の姿は、家のお手伝いをしっかりしてきた女性のように感じられました。

現在、情報番組やバラエティー番組などで、テキパキとハキハキと仕事をこなしていくホラン千秋さんに、甘い情緒を感じる季節が芽吹くことは、もう少し先の事になりそうな気配を感じてしまいます。

素顔のホラン千秋さんを愛してくれる男性が早く出会えることに期待しちゃいます。

【芸能界に憧れ続けた高校時代】

高校時代は都立の国際高校へ進学しました。

第二希望だったようですが、母親のすすめで決めたそうです。

ホラン千秋さんの学校を選ぶ基準は大人びているように感じます。

「みんなで何かを作り上げたいので、そういった活動が活発な学校」を選んだことを話していました。

制服がカワイイとかは気にしないようですが、当時の写真からはカワイイ印象です。

高校生活は楽しかったことを話し、現在の芸能活動に行かされているように思います。

芸能界に進みたかったことから、レッスンに通う中で同級生で現在女優の吉高由里子さんと出会い、天才と思ったことやオーラが圧倒的に違っていて衝撃を受けたと言います。

芸能事務所のアミューズに所属しているのに仕事が来なかったことから、オーディションを受けに行ったりして自ら芸能界の扉を叩いたが、上手くいかなかったことから自信を無くしていき、大学へ進学を決めたそうです。

【青山学院大学時代でも憧れた芸能界】

高校時代を活発に過ごし、芸能界に憧れながらも進学した大学では、英文科を勉強しながらその夢をあきらめなかったようです。

就職活動ではテレビ局を希望してキー局全部、応募したが受からなかったことをあきらかにしています。

アナウンサーや制作部で働きたかったことへの基準には、みんなで作り上げることが好きだと言うことがありそうですね。

その後、留学先にアメリカ合衆国のオレゴン州で芸能界を学びに行き、しかしそこでは畜産農業が盛んだったことから、やりたいことと芸能界の道を見失いながらも、語学の勉強がきちんとできたことが仕事で役に立っていることが良かったと話しています。

しかしアミューズに所属していたことから、芸能界で頑張れる場所をもう一度確認することができたようです。

アミューズの事務所と言えば、一流のアーティストが多数所属してる芸能事務所という印象があります。

芸能界を目指す人はアミューズに所属することに憧れます。

子供の頃からアミューズに所属していたホラン千秋さんは、実はとても恵まれた芸能生活を送っていると思いました。

学生時代を一般の学生として励んで、ボーイフレンドとも自由に行き来できる環境にあったようです。

与えられた環境を今一つ楽しめていないように感じてしまうことに、私はもったいないなあと感じます。

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

プロフィール

名前 ホラン千秋(ホラン ちあき)

ミドルネームがない理由は、生まれた時に日本人に近い顔立ちから、ミドルネームを付けない方が良いと父親が判断したそうです。

秋に生まれと、千という言葉の意味に巡り巡るという意味があることから、千秋と名付けられたと話しています。

生年月日 1988年9月28日

出身地 日本 東京都

身長 160㎝

職業 タレント

所属 アミューズ

(2001年から芸能活動を開始)

家族について

父 アイルランド人

母 日本人

兄弟は2歳年下の弟

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.