Men

高田純次の嫁と子供は?3回の交通事故と運転スキルはテキトー!

投稿日:

高田純次さんは愛称「ミスター無責任」として

純ちゃんと親しまれています

テレビのバラエティー番組に引っ張りだこで

ドラマや司会などでマルチにご活躍しています

過去には指名手配されたことがあるなど

面白いけど笑えない仰天エピソードも!

高齢を迎え10年間で3度の

交通事故が多いことが気になります

運転スキルは本人が思っているより

かなり低いと認識した方が良さそうですよね

管理人は実際に会ったことがありますが

ハンサムで素敵なダンディでした

どんな人物なのでしょう

高田純次さんの結婚と嫁

https://media4.picsearch.com/is?PtSNfnYKaZrpxcG0Ks-igJFXD9lykSfNvjsPXreTNqI&height=227

大学卒業後に劇団に入所して俳優を志し

イッセー尾形さんとともに劇団「うでくらべ」を結成しました

しかし半年後に解散

26歳の時に結婚しました

劇団の収入では生活できなくて

26歳の時にサラリーマンへ転向

宝石販売の会社「トキモト」に入社しました

しかし俳優業を諦めきれず

1977年に劇団東京乾電池に入団すると

宝石販売「トキモト」を退職して

再び劇団の世界に入ります

しかし全く売れず

妻子を養うために

「警察に捕まるようなこと以外の職業は一通りやった」と

高田純次さんは語りました

帰りが深夜になった際

いろいろな言い訳を考えながら帰宅しても

嫁は何も聞いてこなかったそうです

高田純次さんは言葉が達者なので

嫁は全て見抜いて不意打ち作戦に出るようです

数日たって安心した頃

帰りが遅くなった理由を聞くとか

考え抜いた言い訳はすっかり頭から消えているので

言葉につまってしまうそうです

さすが高田純次さんの嫁です

[嫁]

勢子さんといいます

年齢は高田純次さんの1歳年下の女性です

1984年3月に放送された洗濯用洗剤のCM「花王ソフトワンダフル」に夫婦に出演していました

美人で爽やかな女性です

日本舞踊の師範免許を取得して先生をしているそうです

https://hzrd97.info/wp-content/uploads/2019/05/20181217_210013-300x197.jpg

[なれそめ]

よくわかっていませんが2人が同じ劇団員に入団していたことがきっかけだったようです

「自由劇団」の中で一緒に夢を追いかけていたのでしょう

高田純次さんが26歳の時に結婚しました

[嫁とのエピソード]

結婚当初はまだかけだしの俳優業では

家族を養うことができませんでした

アルバイト先のキャバレーのロッカーに置き忘れた

1万円が紛失しました

そこでスタッフに対して

「嫁にクリスマスプレゼントを買うための1万円なんです」

「誰がとったのか探さないので僕がしばらく出ている間にもどしてください」と涙で訴えました

すると帰ってくると1万円がロッカーに戻ってきたそうです

家族思いの素敵な夫ですよね

高田純次さんの子供

[長女]

高田裕子さんといいます

1976年生まれです

経歴は文化服飾学院を卒業後

イギリス国ロンドンに留学しました

https://hzrd97.info/wp-content/uploads/2019/05/quartier-la_140507_01-300x200.jpg

「Kei Kagami Ltd」にてデザイナーのアシスタントとして

ミラノコレクションなどに参加しました

帰国後は自身のファッションブランド「タージュ」(TAGE)を立ち上げデザイナーとして務めていました

長女は高田純次さんが父親であることを

隠して活動していました

なぜなら自分の能力で運営したいと思ったそうです

テレビで子供の話しをしてしまったので

有名になってしまいました

[共演作品]

1985年8月5日発売の「おふろのうた」をリリース

長女と一緒にレコードを発売していました

作詞は秋元康さん

作曲は市川都さん

歌を高田裕子さんが担当してます

そして「パパのうた」を高田純次さんが歌っています

おふろと同じメロディーで

「パパ」が「会社にいきたくない」というもの

200809051

http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/images/2008/09/09/200809051.jpg

ん?1986年のCM「グロンサン強力内服液」では

頑張るサラリーマンとして

世の中のパパから支持を集めていました

時代ですね~

[二女]

1980年生まれです

職業は銅版画作家として活動してます

ご結婚されて子供が誕生しました

1985年にCM「エバラ食品の黄金のタレ」に

親子4人で出演されています

姉妹で芸能界に入ると思われましたが

一般人なのでほとんど情報がありません

両親と長女のお顔立ちから美人姉妹と思われます

[高田純次さんの仰天エピソード]

過去に偶然ナンパした女性が

娘の同級生でした

高田純次さんの実家と学歴

[家族]

高田純次さんが4歳の時に

お母様が32歳で病死した後

お父様が再婚しました

義母とその連れ子(妹と弟)と5人家族で育ちます

お父様の職場は東京ガスに務めていました

高田純次さんが幼い頃に

兄を肺炎で亡くしていました

[幼少時代]

小学時代は成績優秀でした

[中学時代]

中学時代までは成績トップで

近所の人から神童と呼ばれていたそうです

[高校時代]

愛称は「国領のニワトリ」と呼ばれていました

なぜなら友人と朝まで麻雀で遊んだ際

みんなは疲れてグッタリしていても

高田純次さんは徹夜した朝もうるさかったからです

高校生の時に1968年に起きた三億円事件の容疑者として

名前があがったことがあるそうですが

事件とは無関係です

[大学受験]

高校卒業後に東京ガスや弁護士を志して

大学受験に挑みますが全て不合格となりました

高田純次さんのような楽しい人物が

東京ガスの営業マンだったら営業成績は常にNo.1になりそうですよね

もしも弁護士だったら…

こちらはちょっと想像ができませんでした

現役で受験した大学は

  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 法政大学
  • 中央大学

その後一浪して再び大学受験に挑みます

  • 東京藝術大学
  • 武蔵野美術大学
  • 多摩美術大学
  • 日本大学芸術学部
  • 成城大学

しかし全て不合格だったのです

そこで2浪を諦めて

東京デザイナー学院グラフィックデザイン科へ進学しました

専門学校時代は

ポスターや広告のデザイン・制作などのアルバイトに励んでいます

[劇団時代]

1971年に自由劇団の舞台を観て俳優を志願

同劇団の研究生となりましたが1年で対談

そしてイッセー尾形さんとともに「うでくらべ」を結成

半年ほどで解散

その後結婚してサラリーマン生活をしていましたが

1977年「劇団東京乾電池」に入団する際

会社を退職して再び俳優の道へ進みました

[デビュー]

32歳の時に長寿番組「笑点」に出演してデビューしました

その後、劇団を離れると

主にテレビでバラエティー番組を中心に活動の場を広げます

1986年に放送されたCM「グロンサン内服液」で

5時から男を称して宴会や接待に頑張る

サラリーマンのの人気を集めました

https://i.ytimg.com/vi/sBaybSfGZs8/mqdefault.jpg

[個人事務所を設立]

1989年に独立して

株式会社テイクワン・オフィスを設立

元所属タレントの麻木久仁子さんは

所属していた際

普段はテレビに出ている時と変わらないが

契約更新の時のギャラの話しの時だけは

一切冗談を言わず目も笑っていないと暴露しました

[指名手配①]

オーストラリアの番組の時の早朝に

バズーカを披露したら騒音被害で指名手配

高田純次さんは「かなりヤバイ人物」とされていました

[指名手配②]

2015年に韓国のソウルにて

女子大学生に男性経験を訪ねてまわっていたら

その中に韓国政府要人のお嬢様がいて台問題になり

ブラックリストに掲載されて

5年間の入国禁止令が出されました

お嬢様が通う名門梨花女子大学で

「あなたは処女ですか?」

高田純次さんのテキトーな質問は

笑えない事態になっていました

[テキトー男のエピソード]

企業の宴会に呼ばれた時

異常な盛り上がり方をしていた宴会を見て

「俺、やることないから後はテキトーに」と

宴会の幹事に告げて営業とテキトーに済ませたことがあります

[テキトーな口癖]

~ですよね

いや、意外と

あら、オシャレだねぇ

だって〇〇だから

すっとこどっこい

グフッ

とんちんかん

他にも多くの語録がありますが

ここでは割愛します

テキトーな口癖は相手に上手く合わせて

誰も敵を作らないとして

幅広い人々から好かれています

高田純次さんの車の事故

芸能界の中でも車が好きと有名な高田純次さんですが

10年で3回の交通(接触)事故を起こして

被害者とトラブルになっていました

マスコミの質問で自身の運転について危ないと感じることはないかと聞かれると

ん?20歳の時に自動2輪(バイク)の免許を取得していましたが

なんと!17回目で合格したそうです

劇団員の下積み時代は4トントラックが運転できるとして運送のアルバイトもしていたようです

高田純次さんは

「まあ、自分で運転が危ないと思うことはほとんどないです」

「高齢ですが運転が好きです」などと答えています

[1回目の事故]

2009年に高田純次さんは

前方不注意で

自宅付近の交差点でミニオートバイと接触事故を起こしました

この交差点は東京都目黒区中根にある交差点です

相手の男性は19歳でした

医師から全治2週間のケガと診断されています

オシャレな街「自由が丘」に住んでいます

自由が丘に住む住人はお金持ちが多く

高田純次さんの自宅兼事務所は豪邸です

ご近所さんも有名人が多く自宅を構えています

高田純次さんが運転していた愛車は「ポルシェ・カイエン」

[2回目の事故]

http://www.yasu.sportscarfan.com/astonmartin/db9/0510/pict2012.jpg

2018年3月20日の午前10時40分頃に

東京都世田谷区上野毛一丁目の交差点で

信号待ちをしていた20代の男性が運転する車に

追突事故を起こしていました

高田純次さんが運転していた愛車は

アストンマーチンの黒色

当時の高田純次さんは71歳の高齢ドライバーです

さいわい双方の車に同乗者はなく

けが人はいませんでした

事故を目撃した通行人が近くの警察署に届けたそうです

インターネットの掲示板では

けが人がいなかったことと

高田純次さんがきちんと謝罪していることから

2度目の交通事故でしたが好印象に捉えられていましたが

一方では

みんな優しすぎる

ムチウチはその時は平気でも後で症状がでることもある

免許証を返納した方がいい

二度と運転しないで欲しいなと

厳しい声も多くありました

[高速道路での事故]

2019年4月14日に東京都内の高速道路で

(浜崎橋ジャンクションの合流地点)

22歳のフリーター男性が本線を走行中

合流してきたポルシェと接触しました

ゴツンという衝撃が走ったのですが

ポルシェはそのまま車を追い抜き

前を走る車をぬうように追い越しながら逃げていたそうです

15分ほど運転を続けたそうです

相手の男性は高田純次さんの車を追跡しました

パッシングされたので

ハザードをつけて一

天現寺出口から一般道に出たところで

高田純次さんが降りました

そこで接触事故を起こしたことにきづいたそうです

相手の男性がケガを負っていました

高田純次さんは1年前にも交通事故を起こしていましたね

2019年5月現在で72歳を迎えました

【示談交渉】

高田純次さんが運転していた車種はポルシェ・カイエンです

高級車です

稼いでいることがわかります

高田純次さんは当初「当たっていません」と否定

しかし話している中で認めました

示談交渉をもちかけた高田純次さんは

ドライブレコーダーに撮られた声から

誠意がないといわれています

22歳の男性は警察を呼ばず父親に電話をかけ

示談交渉に応じませんでした

結果的に警察が来たそうです

【相手が当り屋と噂の理由】

  • すぐに警察を呼んでいない
  • 保険屋に連絡していない
  • 高田純次さんが示談交渉を持ちかけた際の金額は20万円

しかし5時間後に100万円に吊り上がっていること

  • ドライブレコーダーをマスコミにリーク
  • 高田純次さんの運転する車を追いかけた時間15分と

5時間の交渉をしたのに全治2週間の前身打撲の診断に違和感

  • 裁判へ告訴を考えているなど

【事故後の高田純次さん】

高田純次さんは弁護士を立て

22歳の男性と連絡が取れなくなったそうです

インターネットの掲示板では

事故の相手が当り屋だったなどと憶測もあります

そんなことってあるのかな?と思い

どんな事故だったのか気になります

さらに運転中の車が接触した際

気付かないなんてことは考えにくいことから

高田純次さんの「当て逃げ」の疑惑が持ち上がりました

インターネットでは

当たったことがわからないほどの事故だったとされています

しかし高速道路の合流地点ならば

かなりのスピードが出ているはずです

物理的にわからないことはないと考えます

これに対して高田純次さんは

「当たったことがわからない」

「決して当て逃げではない」と告白しています

【相手の後遺症】

事故後の男性は医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と

「全身打撲傷」で全治2週間と診断されました

高田純次さんの対応に誠意が感じられなかったのは

警察に言わない代わりにお金で解決しようとしからです

現在は告訴の準備も進めているそうです

どちらが無責任なのかわからなくなりました

高田純次さんのプロフィール

本名:高田純次(たかだ じゅんじ)

生年月日:1947年1月21日

年齢:72歳(2019年5月現在)

出身地:東京都調布市国領

身長:175㎝

血液型:O型

出身校

  • 調布市立第三中学校卒業
  • 東京都立府中高等学校卒業
  • 東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業

資格

  • ダイヤモンド鑑定士
  • 自動2輪免許を17回目で合格(20歳の時に取得)
  • 普通自動車免許取得

職歴

  • 26歳~30歳「トキモト」に入社(宝石販売店)
  • 1977年に退職して劇団に入所

職業:コメディアン

劇団

  • 自由劇団(1971年~1972年)
  • 劇団うでくらべ(1972年・半年で解散)
  • 劇団東京乾電池(1977年~1979年)

デビュー年:1977年

結婚歴:高田勢子さん(元モデル)

子供:2人の女児が誕生しました

所属事務所:テイクワン・オフィス

(1989年に自身の個人事務所を設立)

高田純次さんと実際に会ったことがある管理人(筆者)は

高田純次さんは家族思いの爽やかな人物だったので

私生活の場面で誠意のない人物とは思えず

経歴や家族について調べました

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.