Men

三上博史の身長と経歴と実家は?結婚しない理由と彼女誰?

投稿日:

イケメン俳優でデビューした三上博史さん

今では本格派俳優としてご活躍されています

昨今ではモデル出身で長身の俳優さんが多いので

身長が低めなことが目立ってきました

でも眼力は誰にも負けていませんよね

そんな三上博史さんは

彼女の噂もほとんどなく

結婚は…あれ?いつしていたんだろう?

あらためて経歴を調べてみたいと思いました

https://media3.picsearch.com/is?XHFERqUcxQqx38kZNOpKVc8p3DGbc9mder5OMrtaB6k&height=323

三上博史さんの結婚

女性との浮いた話もなく

SNSも一切しないことから

ゲイではないかと噂にもなったようです

あくまでも噂です

  • ゲイの説とは

松嶋尚美さんがイタリア旅行の際に

三上博史さんを偶然見かけた時に

女装していたことを暴露され

ゲイと噂になりました

松嶋尚美(オセロ)について書いた記事はこちら?

  • ファンの間で噂の結婚しない理由とは

三上博史さんの日常はマイペース

ヒマな時は読書をする

映画を観る

知らないテリトリーの人とあう

そういうことができないなら僕は仕事はできないと思います

余白の時間はすべて演技のための時間で

デビュー前から

1人旅を楽しんでいました

行き先を決めず空港に行って

偶然に乗ることができる飛行機で

海外へ行きます

そこには女性の姿はありませんでした

  • 結婚願望はある?

2010年に放送された情報番組「スーパーモーニング」で

鳥越俊太郎さんと対談した際

「人並みに結婚願望がある」と告白

ファンの間では

そもそも結婚願望がないのではといわれています

独身を貫いているのは

ご両親の仲が非常に悪かったそうなので

トラウマになっているのかもしれません

三上博史さんの彼女

[1人目の彼女]

中学生の時に1人旅に出た際

夜行列車に乗った際

その列車で出会った女子大生と仲良くなり

一緒に温泉旅行に行ったそうです

中学生時代からアバンチュールの恋とは

なんともオマセですね

[2人目の彼女]

相良晴子さん

身長:160㎝

生年月日:1968年3月1日

出身地:福島県郡山市

出身校:世田谷区立深沢中学校卒業

デビュー年:1984年

https://www.instagram.com/p/Bu0ZIc3FIV4/media/?size=m

  • なれそめ

1992年のドラマ「あなただけ見えない」で共演

相良晴子さんの自宅で一緒に鍋料理を食べることが

たびたびあったそうです

交際していたかは噂止まりです

[3人目の彼女]

浅野温子さん

本名:魚住温子(うおずみ あつこ)

旧姓:浅野

身長:163㎝

生年月日1961年3月4日

出身地:東京都大田区蒲田

デビュー年:1976年

結婚:魚住勉(コピーライター)

子供:魚住優(NHKアナウンサー)

https://media5.picsearch.com/is?Xpwzzqzw5R-uTkK6M66MIgLdjgFSCduKs-tSS-M6gh0&height=318

  • なれそめ

1990年に放送されたドラマ「世界で一番君が好き!」で共演

三上博史さんが「好きな女優」と告白しています

ドラマはキスシーンが多かったので

ファンの間で交際が噂されましたが

三上博史さんは職場恋愛を楽しむタイプではなさそうです

さらに浅野温子さんは魚住勉さんと1883年にご結婚され

長男の勉くんが誕生しました

現在はNHKアナウンサーとして活動しています

三上博史さんの実家

[両親]

父親と母親は非常に仲が悪かったそうです

父親は自営業で

母親は新東宝の女優だったそうです

三上博史さんは母親の演技をイマイチと笑っていました

三上博史さんが20歳の時に逝去されています

[兄]

冷牟田 竜之 オフィシャルwebサイト

出典:冷牟田達之さんのオフィシャルサイト

2つ年上の兄がいます

冷牟田竜之(ひやむた たつゆき)さんの名義で

音楽活動をされています

東京スカパラダイスオーケストラで活躍されていました

その後脱退

現在のバンド名は「ブルートニック」のメンバーとして

音楽活動する傍ら

古着屋を経営しているようです

兄弟は仲が良いそうですが

子供の頃は三上博史さんが描いた絵を

「なんだよ、これ」とバカにされ

繊細な性格な三上博史さんは

「もう絵は描かない」と決めたとか

[親戚]

  • 叔母は大映の女優・折原啓子(本名は三上芳子)
  • 叔父は映画プロデューサー
  • いとこはプロ野球選手

三上博史さんの経歴

芸能一家に生まれ裕福な印象がありますが

実際は中学生の時から新聞配達をしたり

部活動で使うものは自分で購入していました

[デビュー]

高校在学中の15歳の時に

友人に誘われてついて行ったオーディションで

寺山修司さんに見出されてデビューしました

1979年から芸能活動をスタートさせました

デビュー作品はフランス映画「草迷宮」です

オムニバス映画としてフランスで最初に公開され

日本で公開されたのは1983年でした

原作:泉鏡花

監督・脚本:寺山修司

ピエール・ブロンベルジェ制作(1979年)の文学的な作品です

[寺山修司さんとは]

https://media2.picsearch.com/is?1RilDRP17WWeTOjmkAqoYR9CsclCYyhyknqS950MM0c&height=128

日本の歌人で劇作家として活動し

演劇実験室「天井桟橋」を主宰した人物です

青森県弘前市出身で才能を芸能で発揮しました

管理人(筆者)もあまり馴染みがない人物ですが

トレンディドラマのエースと呼ばれ

引っ張りだこになった際も

三上博史さんは本格派の俳優にこだわったのは

寺山修司さんに影響されたからだと思われます

寺山修司さんは残念ながら逝去しました

活動期間:1956年~1983年

生年月日:1935年12月10日

没年月日:1983年5月4日

享年47歳

東京都杉並区で永眠しました

[黒柳徹子の実家に居候]

徹子の部屋にゲスト出演した際

三上博史さんが20代後半に

黒柳徹子さんの実家に居候していたそうです

当時の徹子さんは

サンフランシスコと

ロサンゼルスの間を行き来していたそうです

国際電話で実家の母から徹子さんに

「うちにテレビに出てる博史って子がいるわよ」と話すと

徹子さんは

「何ヒロシっていうの?」

徹子さんの母

「三上博史」

徹子さん

「ママすごい有名よ」と驚いたそうです

徹子の部屋で

「あなたがうちの母の家にいたっていうのも

随分と不思議なことでしたよね」と語ると

三上博史さんは

「当時はむちゃくちゃ忙しくて逃げてました」

「よくしてもらいました」

「楽しかったです」

「夕方になると近所を2人で散歩した」などと

黒柳徹子さんのお母様との思い出を語りました

https://media2.picsearch.com/is?mxkeaESmiRKeSutz3QXdixnELSlprHOVrqumVA53Pu0&height=341

[トレンディドラマ]

1984年にTBS系ドラマ「無邪気な関係」に出演すると

売り出し中の女優さんの相手役として一躍人気を集め

トレンディドラマのエースと呼ばれ

引っ張りだこになりました

[カンヌ映画祭]

2001年の映画作品「月の砂漠」で主演を務め

カンヌ映画祭の招待作品となりました

[大河ドラマ]

2012年の大河ドラマ「平清盛」に

鳥羽上皇を演じました

[引退説]

2012年1月に放送されたNHKのトーク番組「スタジオパーク」に出演した際

30代後半で俳優の仕事をやめて

建築の道に進もうと考えたことを告白しました

「燃え尽きてしまったので芸能界を引退しようと思っていた」そうです

引退しようと最後に決めた作品は

「どうせ引退しようと思ったし、最後だからいいか」

そんな気持ちで挑んだ作品が

恩師の寺山修司さんの没後20周年舞台「青ひぎ公の城」でした

いざ演じてみると役者の楽しさを感じて引退をとどまったそうです

何かやらかして干されていたわけではありませんでした

三上博史さんのプロフィール

名前:三上博史(みかみ ひろし)

生年月日:1962年生まれ

(生年月日は非公開とされています)

出生地:東京都

出身地:神奈川県横浜市

身長:171㎝?

血液型:O型

出身校:神奈川県立多摩高等学校卒業

職業:俳優・歌手

デビュー年:1978年

所属事務所

DIGカンパニー

有限会社三上事務所

業務提携:株式会社モノポライズ

1989年:エランドール賞新人賞

2003年:第27回放送文化基金賞

男優演技賞受賞(ドラマ作品はストレートニュース)

2008年:国際ドラマフェスティバル㏌ Tokyoグランプリ

(ドラマ作品はパンドラ)

2016年:第5回コンディンスアワード・ドラマ賞主演男優賞

(ドラマ作品は遺産相続弁護士・柿崎真一)

最後まで読んでいただきましてありがとうございました

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Men

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.