芸人・コメディアン

ジミー大西の嫁と子供は?経歴と絵画は時給にするといくら?

投稿日:

ジミー大西さんはお笑い芸人を経て画家になりました

現在、画家を休止しているようです

その理由も気になります

少し変わった個性なので経歴と嫁を調べました

ジミー大西さんのプロフィール

https://media4.picsearch.com/is?gdWgcaEmLk0HPqYco42QTaaHSTFQ2nllzhSsqqPxQ0A&height=255

本名:大西秀明(おおにし ひであき)

名前の由来:豊臣秀吉の「秀」と元日に生まれたので「明けましておめでとう」の「明」を組み合わせて秀明と名付けられました

愛称:ジミーちゃん

由来:明石家さんまさんがテレビで観た野生のゴリラの名前にちなんで名付けました

生年月日:1964年1月1日

年齢:55歳

出身地:大阪府八尾市

身長:160㎝

血液型:A型

最終学歴

  • 八尾市立安中小学校卒業
  • 八尾市立成法中学校卒業
  • 大阪商業大学高等学校

結婚:既婚者

嫁:元マネージャー

職業:お笑い芸人・画家

師匠

  • ぼんちおさむ
  • 明石家さんま

芸風:漫談

デビュー年:1982年

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ジミー大西さんの生い立ち

家族

父親はトラックドライバーです

ジミー大西さんは母親に似ているそうです

幼少時代

音に執着する子供だったそうです

ポン菓子の音やバキュームカーの音が好きな変わった子供でした

学校でも家でもほとんど話さなかったそうです

学校で話さないので、先生は指さなかったとか

友達もいなく、仲間外れにされることが多く寂しい思いをしていました

ある日、遊びで「はないちもんめ」をした時に同級生のマキさんがジミー大西さんの手を握って遊びに参加させてくれたそうです

ジミー大西さんは嬉しくてマキさんを好きになってしまったのです

いつもマキさんの隣でお昼ごはんを食べるようになります

そして好きすぎてクラスメイトの前で「好きです」と言葉を発してしまいました

するとクラスメイトは「喋った」と拍手して喜んでくれたそうです

その後、地元の八尾フレンド(野球)に所属しました

中学時代

部活動は野球部に所属しました

中学校に進学した頃から顔が変わり始めます

小学時代の子供らしいかわいい顔から、オジサン顔に!

現在のジミーちゃんの顔に変わりました

学校の勉強は5教科(国語・数学・理科・社会・英語)を合わせて5点~10点なので勉強は苦手です

運動神経の通信簿は10の内3程度だったそうです

運動神経は良かったといわれていますが、通信簿の成績はほどほどでした

高校時代

進学の際に将来は「船乗り」になりたかったそうです

しかし学力がなくて「商船高校」の進学を断念しています

スポーツ推薦枠で大阪商業大学高等学校に進学しました

ジミー大西さんはベンチが出す数式を用いたサインが覚えられません

試合中に監督が出すサインを頭の中で計算できず、地面に書いて計算して監督に「タイム!」の声が出ると怒られました

それは怒られますよね

ジミー大西さんは1年生の夏から引退するまでマネージャーを務めました

この頃のジミー大西さんはよくイジメに遭っていたそうです

ある日、国鉄阪和線の津久野駅でいじめっ子に「次の駅で乗りたいから何とかして停めろ」と脅かされ、裸で線路に突き落とされたそうです

そして身を挺して電車を緊急停車させたことが学校に通報され停学処分を受けました

さらに国鉄から数百万円の賠償請求を受けて両親は借金をして支払ったそうです

いじめっ子には何の処分も下されませんでした

よしもとに就職

高校卒業は就職を希望しましたが成績が振るわず担任の先生がよしもとに雇ってくれるように頼み込んでもらいます

高校に在学中からアルバイトとしてよしもとに入社すると、放課後や休日になんば花月の裏方を務めました

芸人のきっかけ

よしもとに入社した後、お笑い芸人の「ぼんちおさむ」さんに弟子入りします

ジミー大西さんはコンビ「おにしこにし」を結成しますが、ジミー大西さんだけが目立ってしまい解散となりました

ある日、失敗して師匠「ぼんちおさむ」さんに怒られると謝る練習をしていた時に、明石家さんまさんに「何をしているのか?」と声をかけられました

これがきっかけで食事に誘ってもらうようになります

その後、明石家さんまさんの付き人に転向

東京進出する際「運転手にならないか」と声をかけられますがジミー大西さんは運転免許をもっていませんでした

「2週間で免許が所得できる合宿制のある教習所」に通いました

実地試験はスムーズに合格するものの、学科試験が通らず半年後にやっとのことで合格!

試験に落第するたび、明石家さんまさんに資金を送金してもらったそうです

その後、明石家さんまさんに才能を見出され裏方から表舞台に出て行きます

よしもとからジミー大西さんは「売れるはずがない」と言われたそうです

この言葉に明石家さんまさんはジミーを人気者にすると、やる気が出たそうです

借金

東京進出した時の給料は30万円だったそうです

寝泊まりは、明石家さんまさんの事務所を借りていたのでタダでした

食事は明石家さんまさんが奢ってくれるので食費はかかりません

給料は全て夜のキレイなお姉さんの店に通って使い果たしました

気付けば借金は数千万円です

よしもとに相談すると、明石家さんまさんが保証人になってくれるなら肩代わりすると判断しました

そして明石家さんまさんに肩代わりしてもらったそうです

これ以降、借金はしないと決めたと宣言しました

嗅覚

小学時代のジミー大西さんは聴覚にこだわりがありました

お笑い芸人になってから匂いに敏感になったそうです

テレビ番組の企画で警察犬と「たくさん並べられたスリッパの中から女子アナウンサーが履いたスリッパを当てる」対決をしてジミー大西さんが勝利しました

この時、警察から「警察の信用に傷がつくので放送しないでほしい」といわれたようです

ジミー大西さんの結婚

1997年10月に結婚しています

結婚のお相手の女性は学生時代の野球部のマネージャーを務める一般人です

名前は椎本真由美さんといいます

なれそめ

ジミー大西さんはピカソに憧れて、絵画の修業にスペインに移住しました

その際、スペインで個展の話しをもちかけられます

英語や語学が苦手だったので、当時マネージャーだった夫人を現地に呼びます

しかしなかなか交渉がすすまず、自分の空き室に夫人を寝泊まりさせたことがなれそめといわれています

プロポーズ

僕を一生食べさせてください

こだわり

潔癖症なジミー大西さんは毎日、歯磨きを5回します

洗面台に飛び散った水ハネが嫌で掃除も欠かせないそうです

他にも、こだわりが多く嫁は大変ですよね

離婚説も囁かれましたが、離婚はしていません

子供

子供が1人誕生しているようです

2015年にニューヨークで目撃したとインターネットの知恵袋で書き込みがありました

ジミー大西さんは結婚した際、一般人として生きていきたいとプライベートをほとんど明かしませんでした

ジミー大西さんの絵画

https://media5.picsearch.com/is?ssB1kYu8ddgViBueXo-Op4GNTHvJzxvD-0GdJZw01IA&height=159

1996年頃にテレビ番組の企画によって絵画の才能を見出されて画家に転向しました

お笑い芸人の「松本人志」さんに惜しまれながらジミー大西さんはお笑い芸人を引退します

上岡龍太郎さんに絵画を褒められたことが画家に転向するきっかけになります

そして人気画家として活躍しました

画風は水性の絵の具を使います

その理由は油性の絵の具は匂いが合わないので頭痛や吐き気を引き起こすので、絵を描くことに集中できないからと告白しました

しかし、後に油性の絵の具を克服しています

絵画に転向してからは嫁と共同作業で作品のタイトルは、ほんとど嫁が考えてきたそうです

お客様から絵画のタイトルについて質問されると、ジミー大西さんは答えづらいと明かしました

2008年頃にイケメンになるために顎を削る整形手術を施しますが、明石家さんまさんに「何にもかわっていない」といわれます

2011年頃からバラエティー番組に復帰

この頃、絵を描くことに飽きてきたと告白しています

2019年に画家を休止しました

休止の理由は、焼きそば屋で時給が1000円と書かれた貼り紙を見て、自分の時給を計算すると380円でした

1枚の絵画は高い値段が付きますが、こだわりの絵画なので1年に3枚~4枚ほどが作品になります

時給にすると「焼きそば屋」の店員の方が高いことに気付いて、やる気を失ってしまいました

ジミー大西さんの現在

母親と同居を機に大阪府を拠点にしています

画家を休止して、マラソンに励み数々の大会に出場

最近はボクシングジムに通っているようです

絵画は筆を折ってしまったと告白しました

最後までお読みいただきましてありがとうございました

りおさ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-芸人・コメディアン

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.