Woman

ミスユニバースの加藤遊海はマレーシアではみかんと呼ばれていた

投稿日:2018-04-12 更新日:

ミスユニバースジャパンの代表に選ばれた加藤遊海(ゆうみ)が凄すぎます。

別名を「みかん」と呼ばれて親しまれていたと言い、自分でも気に入っている様子です。

ミスユニバースジャパン代表に選ばれた加藤遊海さんと、日本テレビの天才!志村動物園で活躍する加藤遊海さんが、同一人物ということを知り、ビックリしました。

【2018年ミスユニバースジャパン日本代表の加藤遊海】

加藤遊海さんは日本人ですが、幼少時代は父親仕事の関係で、5歳からマレーシアに住んでいました。

母国語を含め、4か国語を使いこなす姿が凄すぎます。

  • 母国語は日本語
  • マレー語(マレーシア)
  • 英語
  • 中国語

これから世界のミスユニバース大会へ選出していきます。

活躍する姿を早くも期待しちゃいますよね。

15歳の時に帰国すると、茶道の家元に修行を積みました。

海外生活を過ごしたり、海外の友人を持つと、日本の文化に興味を持つ人が多く見られます。

茶道を嗜むことから、華道や香道、和歌や骨董品にも詳しいように感じられます。

着物も自分で着つけられるのではないでしょうか?

また、姿勢が良く自信のある屈託ない笑顔は、マレーシアで国際豊かに過ごした証のようですね。

身長173㎝というスタイルと、足が長く美しいことから、これからどんなファッションで表現してくるのか、注目していきたいところです。

【天才!志村動物園で見せるサバイバル生活】

日本テレビで放映されている、天才!志村動物園に出演を果たしている姿は、サバイバル女子のイメージで、注目を浴びるようになりました。

絶滅0(ゼロ)部と呼ばれる企画の、第一号に任命されたことから出演しています。

世界中にはたくさんの、絶滅にさらされている動物がいます。

いづれ絶滅してしまうかもしれない動物を守る活動をしている人々の現実を、お手伝いしながら伝えていく企画でした。

海外で珍獣に出会う旅の企画に、大活躍の加藤遊海さんですが、海に入る時にはモリを使って魚を捕り、森に入っると木の密を、そのままペロリと味わう姿を見せ、テレビから目が離せません。

子供の頃から海が大好きで、10歳の時にはスキューバダイビングのライセンスを取得しているようです。

また、海外ロケの暗闇では、口にペンライトをくわえて、両手を使う姿には無防備すぎて驚かされます。

そういう姿が下品に見えないのが、加藤遊海さんの素敵なところですよね。

目の前にある仕事を一生懸命にやる姿に感動するのだと思います。

獰猛な珍獣とキスをしていように見えるように、スタッフにカメラ撮影を真剣にお願いしている姿に、自由過ぎて可愛らしいなあと、微笑ましくなっちゃいます。

インスタ映えするからと必死でお願いしていましたが、そんなことする人いないですよねえ?

今後、どんなお仕事をされてゆくのか楽しみでもあり、期待しちゃいます。

【マレーシアで育った幼少時代】

幼少時代は、父親の仕事の関係で5歳からマレーシアに住んでいました。

現地では公立の学校に通い、ネイティブのマレーシア語を話しています。

マレーシアでは、テレビに出てタレント活動をしていたようです。

その時の名前が「中村みかん」と名乗り、周りの人からは「みかんちゃん」と呼ばれていたのだとか。

みかんちゃん、みかんちゃん。と呼ばれていたことを語る時に、とても楽しそうなところから、気に入っている様子ですね。

自由過ぎるが、一生懸命の姿に、ついなんでも許してあげたくなるキャラクターは、マレーシアの温暖な空の下で「みかんちゃん」と親しまれていたからのようです。

明るくて屈託なく笑うところは、裏表を感じさせない性格のように思います。

ミスユニバースジャパン代表に選ばれ、これから世界の大会へ出ていきますが、庶民的な姿のみかんちゃんに、私達は出会えるのでしょうか?

今後は、美しくカッコイイ女性としての加藤遊海さんとして活躍することが多くなりそうで、少し寂しくも感じてしまいます。

プロフィール

名前 加藤 遊海(かとう ゆうみ)

生年月日 1996年7月10日

出身地 愛知県名古屋市

身長 173㎝

職業 タレント

所属 セントラルジャパン

2018年ミスユニバースジャパンに三重県から出場して日本代表に選抜され、今後は世界へ出場します。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

りおさより

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-Woman

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.