芸人・コメディアン

コロッケの苦労人生がちょっといい話!ものまね四天王の経歴は

投稿日:2018-04-14 更新日:

ものまね四天王の一人として活躍し続ける

ものまねタレントのコロッケさんですが

今ではメジャーになったものまねを確立するまでに

数々の失敗をバネに乗り越えてきました

芸風のものまねは個性が強いために、

好きな人とそうでない人とがいるそうです

自分を貫いた様子や家族への思いがちょっと素敵だなと思いました

コロッケさんのデビューは?

https://media3.picsearch.com/is?KeT6oGpuH1ASS9apXbGTrkQPo5C0aaIP3_Bi4ohG8yU&height=120

熊本県の実家で過ごした学生時代は

姉とテレビのものまね番組などを見て楽しみました

ものまねタレントのコロッケさんは音楽が好きで

ショーパブなどを中心にものまねを

披露していたそうです

テレビで見たピーターさんが

ちあきなおみさんのものまねをしていたことに影響を受けて

いろいろな芸能人のものまねをして

周りの人を楽しませることが好きだったのだとか

地元の熊本県で人気者になり

東京で力をためしてみたいと思うようになっていきました

上京した時にラジオ局でタモリさんや所ジョージさん

赤塚不二夫さんにものまねを見てもらうチャンスがありましたが

所ジョージさんから

「君のものまねは似ているけれど面白くない」

などと言われたことが

今も忘れられないそうです

熊本県の地元では

コロッケさんがものまねをすると

皆が喜んでくれて笑ってくれるのに

3回目から「もういいよ」と言われていたことを

あきらかにしています

当時は「もういいよ」と言われる意味がわからなかったそうです

所ジョージさんやタモリさん、赤塚不二夫さん達に

「面白くない」と言われたことを分析して

なんとか認めてもらえるような

ものまねをしようと考えていました

それから地元の人々の優しさが身にしみて

当時は5~6人のレパートリーが少なかったので

力不足を痛烈に感じたことが

その後のものまねに対する情熱をかき立てたことを語っています

ある時、歌手の野口五郎さんが歌う

私鉄沿線のレコード(当時はCDがまだ出回っていませんでした)をかける時に

間違えて早送りの状態でかけてしまいました

早送りの状態のまま

ものまねをして歌ったらうけたことから

ブラッシュアップして

現在の野口五郎さんのものまねになったそうです

その後、もう一度上京すると

日本テレビの「お笑いスター誕生」という番組に出演して

6週勝ちぬいたことから

少しずつテレビに出てものまねを

披露するチャンスが来るようになっていきました

ものまねされている人々

コロッケさんのものまねは極端なデフォルメのせいから、「なぜ、本物とは別のものになってしまうのか?」と聞かれても、ものまねを考えていく中で、一部分を強調するために「結果、そうなってしまった」としか答えられないようです。

ものまねをされた人は戸惑いを隠せないようですね。

歌手の岩崎宏美さんは、「シンデレラハネムーン」という楽曲を、コンサートで歌うと、コロッケさんのものまねが強すぎて、お客様が笑ってしまうことから、長い期間、歌うことをためらい封印していたことをあきらかにしています。

しかし、この数年の間に「シンデレラハネムーン」を歌うようになしました。

コロッケさんのものまねでは、あごを上げて歌うところを、岩崎宏美さんは「あごを引いて歌う」ことで差別化をしているようです。

「シンデレラハネムーン」という楽曲は素敵な楽曲なので、岩崎宏美さんが歌うようになって私は嬉しかったです。

また、野口五郎さんが一番大切にしている楽曲の「私鉄沿線」は、兄が制作してくれたという思い出があることから、複雑に思う気持ちが隠せないようです。

しかし、コロッケさんのものまねには一目置いていることを述べていることから、許していることを感じます。

コロッケさんにとっても、ものまねを考え抜いて売れるきっかけとなった野口五郎さんの「私鉄沿線」は思い入れが強いことから、大切にするあまり、ついデフォルメをやり過ぎてしまう傾向にあるようですね。

また、美川憲一さんは、コロッケさんのことを「努力する人」と言い、「天才!なるべくしてなった人で、出会うべくして出会った人」と述べています。

波長が合わないと難しいが、コロッケさんにものまねをしてもらったことが、「共に高め合い、芸能界を生きる戦友」とたたえています。

自分が芸能界を休んでいる時でも、コロッケさんにものまねをしてもらっていたことから、ファンが離れずにいてくれたことや、復帰しやすかったことをあかしている芸能人の声が多くあったことがわかりました。

こんな話を聞くと、コロッケさんの芸風の好きな人と嫌いな人があったとしても、なんだか許せちゃう気がしました。

ものまね四天王って何?

1985年、フジテレビの「ものまね王座決定戦」に出演すると、コロッケさんのものまねに人気が出るようになり、周囲からも高く評価されるようになっていきました。

『ものまね四天王とは?』

1990年頃にはじまった、フジテレビの「ものまね王座決定戦」という人気番組で、ものまねをメジャーにして注目を浴びた4人の人物のことです。

『ものまね四天王』

  • 清水アキラさん
  • ビジーフォー(グッチ裕三さんとモト冬樹さん)
  • 栗田貫一さん
  • コロッケさん

しかし、長い間、下積み時代を続けてきたコロッケさんは、自分の人気が信じられなかったことを語っています。

「ものまね王座決定戦」が放送された翌日に電車に乗ってみると、若い人たちの話題に「昨日のものまねに出ていたコロッケ、面白かった」ということが耳に入ってきた時に、自分を信じて頑張ってきたものまねと、その人気が嬉しかったことを述べています。

周りの人からは「うけているからこれでいいんだよ」と言われて高く評価されるようになったが、コロッケさんは「違うよ、新しいことを作らなければいけない」と思ったと語っています。

売れなかった下積みの時代に、コロッケさんのものまねの芸風はなかなか受け入れられなかったようです。

個性が強く、当時は男性がメイクをしたり、女言葉を使うと本物のゲイと誤解されたりして、共演者から距離を置かれるなどするようなことが多くあったそうです。

どんなに人気が出てても、自分におごることがなかったことを振り返って話すことに、ちょっといい話だなと共感しました。

どんなに人気が出ても流されずに、客観的に自分をみることを忘れないようにしていたようです。

しかし、ものまねに対する情熱がこだわりとなったことから、テレビを制作している人々の間に、ものまねに対する見解の違いが出るようになったことから、だんだんとテレビから声が、かからなくなっていったことをあきらかにしています。

コロッケさんにとって家族とは?

ものまねタレントとして人気が出ると母親は心配して「あおいくま」という教えを授けたそうです。

  • 「あ」あせるな
  • 「お」おこるな
  • 「い」いばるな
  • 「く」くさるな
  • 「ま」まけるな

母の教えの「負けるな」は、自分に負けるなという意味ですが、コロッケさんは当時はその意味がわからず、人に負けるなと頑張ってきたと述べています。

しかし「ものまね王座決定戦」などで、勝ち抜いていく中で、人に勝った先に何か虚しさが残ったことから、母が言う「自分に負けるな」という意味がわかって、「あおいくま」をすべて自分に置き換えて考えるようになったそうです。

今でも仲の良い姉は、コロッケさんの人物を。どんなに苦しくても辛いことがあっても人に見せないし、家族を支えるという強い思いがある優しい人だと話しています。

ものまねタレントとして表現することに情熱をかけ、高い評価をうけても流されることなく、頑固に貫くことでテレビから遠くなり家族を支えるためにどのように活動していくのかを考え抜いた姿を、テレビで人々を楽しく見ている私達は知るチャンスが少ないですよね。

2018年に58歳を迎えたコロッケさんのものまねに、いぶし銀がかかった芸を見られることを楽しみにしていきたいと思います。

コロッケさんのプロフィール

名前 コロッケ

本名 瀧川 広志(たきがわ ひろし)

生年月日 1960年3月13日

出身地 熊本県

身長170㎝

職業 ものまねタレント

所属 ファインステージ

最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

りおさ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りおさ

りおさーチ

こんにちは りおさです。 サイト名「SALON DE RIOSA」はりおさの趣味の部屋です。普段はアトリエで物を作っています。ブログは子供の頃からプロフィールを収集することが好きだったので始めました。周囲にリサーチしていると「りおさの時間を短くしてリオサーチ」と呼ばれるようになったのが始まりです。 いろいろな世代の人が年齢や性別を気にせずに会話が弾んだら楽しいとおもったことがはじまりでした。 このサイトを訪れたあなたにとって、お気に入りのカフェにいるような、気軽な雰囲気でリラックスした時間を過ごしてほしいという思いを込めました。

-芸人・コメディアン

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.